2012年4月30日月曜日

海外のビートルズトリビュートバンド

前回、アメリカのビートルズトリビュートプロジェクト「RAIN」について紹介しましたが、
世界には他にも多数のビートルズトリビュートバンドがいます。
その中で日本にいて知ることができるものはやはりプロのバンドが中心になります。

ここでYouTubeを漁って出てきた素晴らしいバンドをいくつかご紹介します。
なお、頻繁にメンバーチェンジがあるようなので現在のメンバーとは違っているかもしれません。

・The Fab Four

現在世界最高峰と思われます。ルックス、演奏、歌、どれもクオリティが高いです。
ポール役の凄さが目立ちますが
ジョン役の演奏への貢献度が高いことも特長で、
キーボードやパーカッションを器用にこなして中期の楽曲の再現に余念がありません。
サンプラーを積極的に活用しているところも参考になります。




 ・The Cavern Beats
演奏のコピー度はそれほどでは無いですがここまで歌を勢いよく骨太に聴かせるバンドは
なかなか見当たりません。
ポール役は顔立ちやMCの話しぶりから察するに南米の人かもしれません。
甲虫楽団YouTubeチャンネルの視聴者はメキシコ、アルゼンチン、ブラジルなど南米の人が
ヨーロッパの人より多く、南米でのビートルズ人気がうかがえます。




・The Return

若々しくてまとまりのある演奏が好印象です。
何よりリンゴの再現性が高いです。




・The Fab Faux

ウィル・リーを中心としたスタジオミュージシャンによるバンドです。
役コピーをせず、ルックスに無頓着で
楽曲ごとに最適な編成で臨むという姿勢は甲虫楽団と同様で共感できます。

基本的なスタンスは原曲どおりに演奏することなのでしょうが、
細かいフレーズをコピーすることにはこだわっていないようです。
とはいえ完コピ信者も黙らせるほど歌も演奏もとにかくうまい。
オーケストラを惜しみも無く起用するのもプロミュージシャンならではでしょう。






他にも
1964 tribute、American English、Fab5、Just Beatles
などなど興味深いバンドが多いです。YouTubeで映像を見ることができます。

海外では「コピーバンド」という言い方はしないようなので
copyでは無くtributeやcoverという言葉で検索すると出てきます。


海外のいろいろなバンドを見て思ったのは
演奏の完成度は日本のアマチュアビートルズコピーバンドも負けていませんが
歌の力強さの差は歴然だということです。
体格やネイティブ言語の特性の違いもあるのでしょうかね。

0 件のコメント:

コメントを投稿