2012年9月25日火曜日

「How Do You Do It」ビートルズが聴いたデモバージョンがラジオ放送される

以前の投稿で話題にしたビートルズのデビュー曲候補「How Do You Do It」をバリー・メイソンが歌ったデモバージョンがイギリスBBCラジオ番組「On the Beat」2012年9月22日の回で放送されました。
BBC Radio Merseyside - On the Beat
http://www.bbc.co.uk/programmes/p001d7sj

同回のゲストはジェリー&ザ・ペースメイカーズのボーカル、ジェリー・マースデンでした。同バンドはビートルズがお蔵入りさせた「How Do You Do It?」(同バンドバージョンはクエスチョンマークがつく)をデビューシングルとして1963年に発売し、全英シングルチャート1位を獲得しています。
今回放送されたのはいわゆる仮歌というもので本来のアーティストがレコーディングの参考にするために用意された音源と思われます。これをビートルズが聴いてアレンジした結果が「Anthology 1」に収録されているわけです。

聴いてみるとビートルズバージョンと歌い回し、アレンジ、歌詞が異なります。番組内でジェリー・マースデンも認めていたようにジェリー&ザ・ペースメイカーズはビートルズバージョンを参考にしたそうで、今回放送されたデモバージョンは聴いたことが無かったとのことです。
確かにジェリー&ザ・ペースメイカーズバージョンは明らかにビートルズバージョンに近いです。

デモバージョンを聴くや否やジェリー・マースデンは「ジョンが好きになれなかったのも無理は無い」と酷評しました。
でもそれをビートルズのセンスで全英1位取れるだけのクオリティに昇華させたわけですから、ビートルズの才能の一端を語るエピソードと言えそうです。


なお、以前の投稿ではビートルズバージョンのドラムがリンゴっぽく無いので仮歌をまるごとコピーしたのでなければリンゴ以外の人が叩いているのではないか?という説を唱えましたが、今回の音源はそれを支持する事実だと思っています。それともリンゴはセッションドラマーとしても一流で曲が要求するフレーズを的確に用意できるということなのでしょうか。その場合、ビートルズの曲ではないからビートルズっぽくならないという説明ができることになります。

0 件のコメント:

コメントを投稿