2012年10月26日金曜日

ビートルズ関係者と巡る「The Cruise For Beatles Fans 2013」来春出航

ビートルズ関係者によるショーが目玉のクルーズ「The Cruise For Beatles Fans 2013」の詳細が発表されました。

The Cruise For Beatles Fans 2013
http://www.musicinmocean.com/new/BTC/btcmain.htm


5,400名収容できる豪華客船で2013年3月3日にフロリダを出発し、1週間かけてカリブ海を巡って戻ってくる航程です。

来年で4回目となる同クルーズ、今年までは「The Beatles Tribute Cruise」という名称でした。名称変更はアップル・コア社からの要請らしいです(公式イベントと誤解されるから?)。
今年は2月に催行され、ローレンス・ジュバー(Wingsのギタリスト)、トニー・ブラムウェル(アップル・レコードの元CEO)がゲストでした。

来年のゲストは以下です。
  • マーク・ハドソン:リンゴ・スターの元プロデューサー。2012年も参加
  • ビリー・J・クレイマー:マージービート歌手。Lennon-McCartneyから楽曲提供される(「Bad to Me」など)
  • ジョーイ・モーランド:バッドフィンガーのメンバー。ポール・マッカートニーから楽曲提供される(「Come and Get It」)
  • Revolution:ビートルズトリビュートバンド
司会は毎年おなじみのジョー・ジョンソン。全米で放送されているビートルズ専門ラジオ番組「Beatles Brunch」のホストです。ポールやリンゴにインタビューした実績があります。

登壇する人すべてがビートルズのメンバーと仕事の関係があります。ゲストそれぞれの演奏に加えて質疑応答のコーナーもあるようなので、ビートルズについていろいろ聞けそうです。ビートルズからどのように楽曲提供を受けたのか(口伝?)、演奏についてどのような指示があったのか興味があります。
その他、クイズ大会(トリビアやイントロ当て)、写真撮影、サイン会、即売会、カラオケなどが予定されています。

肝心の料金は1459米ドルから。現在予約受付中です。

このクルーズのゲスト(過去含む)と、先日紹介したドキュメンタリー作品「Beatles Stories」の出演者が随分被っている気がします。共にアメリカ発なので人脈が同じなのでしょうか。それともビートルズ関係者として積極的に商売している人が限られているということなのかもしれません。


以下は2012年の様子です。

Beatles Tribute Cruise 2012
http://www.facebook.com/media/set/?set=a.126586347423003.32355.120746974673607





このイベントにインスパイアされたのか、日本でも2011年9月に世界的な日本人ビートルズトリビュートバンドThe Parrotsによるショーが見られる横浜出航の1泊クルーズが開催されました。食事つきで4万円弱からだったようです。

0 件のコメント:

コメントを投稿