2012年11月20日火曜日

「レイン」~ビートルズに捧ぐ~ 今日から名古屋公演 ダブルキャストの詳細

2012年11月16日の日本公演初日(レポート&セットリストはこちら)から4度の大阪公演を終え、11月20日と21日は名古屋で公演を行います。当日券は開演(19時)の一時間前より会場で販売されます。

大阪でPR会見を開いた「レインサポーター」のサンプラザ中野くんは名古屋に移動してラジオ番組に出演するなど引き続きプロモーション活動を展開しているようです。
http://zip-fm.co.jp/program/breezy_saturday/PhotoDetail.asp?ProgramCode=breezy_saturday

もう一人のレインサポーター、加賀美セイラは先週のVTR出演に引き続き今朝(2012年11月19日深夜)のフジテレビ「プレミアの巣窟」にスタジオ出演してPRしました。

加賀美セイラさんがゲスト★『プレミアの巣窟』今晩のOA情報★
http://blog.fujitv.co.jp/evenderful/E20121119003.html

日本公演の直前に行われていたカナダ公演に参加し、終演後にキャストにインタビューする様子が放送されました。加賀美セイラは父親がカナダ人でトロント大学出身だそうです。「カナダ公演にて英語でインタビュー」というミッションから彼女が選ばれたのかもしれません。

レイン日本公演の会場で販売されているプログラム(パンフレット)により、今回の日本公演はポール・マッカートニー担当が「IAN BERTSCH」(Ian B.Garcia)と「ROBERT RUFFING」(Mac Ruffing)」のダブルキャストであることが明らかになりました(前者がプログラムの表記、後者が英語サイトの表記)。ポール役は喉を酷使するからでしょうか。
いずれも英語サイト(http://www.raintribute.com/the-band/) では二軍扱いなので、レインの象徴的な存在として常に前面に出ていたJoey Curatolo(ジョーイ・キュラトロ)が来日しなかったのは残念です。彼の歌には物まねにとどまらない本物感があります。日本公演の公式サイト、チラシ、CM、すべてポール役はJoey Curatoloなのですが実際に見に行った人は彼と違うことに気付いているのでしょうか。
なお、前述のカナダでのインタビューでは「ROBERT RUFFING」(Mac Ruffing)が応えていました。他のキャストは来日メンバーとは違うようでした。

名古屋公演の主催者に問い合わせたところ、名古屋公演では両日とも「IAN BERTSCH」(Ian B.Garcia)がポール役だそうです。

名古屋公演行かれた方、セットリストが大阪公演初日(レポート&セットリストはこちら)と同じかこの記事へのコメントで教えていただければ幸いです。

0 件のコメント:

コメントを投稿