2013年8月20日火曜日

「LET IT BE」ブロードウェイ公演 チケット売れ行き不振で打ち切り

2013年7月24日から本格的に始まったばかりのビートルズトリビュートショー「LET IT BE」ブロードウェイ公演は不入りのため、当初2013年12月29日までだった興行期間を切り上げて2013年9月1日に終了することが決まりました。結局9回のプレビュー公演と46回の本公演で終わることになります。複数のメディアが報じており、主催者もFacebookで事実を認めました
今月一杯で見納め
書き入れ時のホリデーシーズンを待たずにブロードウェイに見切りをつけ、世界展開にリソースを振り向けるということのようです。具体的には北米、イギリス、モスクワ、日本(2014年3月)、モナコでの公演が予定されており、早速今月ドイツ3都市(ライプツィヒ、ケルン、フランクフルト)で公演を行うそうです。

たまたまブロードウェイ進出が失敗しただけで引き続きロンドン常設公演は続きますし、資産は世界ツアーに引き継がれるので、今回の事にモチベーションを下げず日本公演を成功させてほしいものです。クオリティへの疑念は免れませんが…。

一方、ブロードウェイから退場することになるので「RAIN - A Tribute to the Beatles-」との関係が改善することを期待したいですが(以前の投稿参照)、RAINの代理人によれば今回の打ち切りは訴訟には影響しないと語っているそうです。

LET IT BE打ち切りの噂は先週から出ており、ブロードウェイSt. James Theatreでの次の演目は既に決まっているようです。
http://www.nypost.com/p/entertainment/theater/those_lazy_days_of_summer_cXLEa6RMnfbXk3iWeK2NnL

0 件のコメント:

コメントを投稿