2013年10月23日水曜日

AERA 10/28号ポール・マッカートニー インタビュー「どの曲のどこを書いたなんて覚えていない」

朝日新聞出版の週刊誌「AERA (アエラ)」 2013年 10/28号(10月21日発売)に「ジョンが蘇ってきた気分」という2ページのポール・マッカートニーへのインタビュー記事が掲載されています。
日本人のインタビュアーによる日本独自のインタビュー内容でした。10月になって公開された他のインタビューや映像と同じ日・同じ場所で行われたようです。今回の記事の題名はアルバム「NEW」収録曲「Early Days」についてのひとことから引用したものです。
エリザベス女王在位60周年コンサート(2012年6月)での女王とのエピソードから始まったインタビューでは以下のような発言が印象に残りました。
  • ジャイルズ・マーティンは新ジョージ・マーティン
  • 音楽作りはグループ作業で全員が平等なので、誰が何をやったか、どの曲のどこを書いたなんて覚えていない
  • 若いプロデューサーと仕事を始める前には相手が委縮しないよう、自分が尊大にならないよう「ゼロから始めよう、思ったことははっきり言おう」と約束する
  • 今回の日本ツアーは新曲をファンにお披露目する意味がある
  • 相撲を生で見たい。京都に行きたい。
 大相撲九州場所(2013年11月10日~24日)にポールが来場するのは確実のようです。1993年にも亡妻リンダと九州場所を観戦しています。福岡公演の前後2日ずつが空いている今回の来日スケジュールは九州場所が基準になっているのかもしれません。

0 件のコメント:

コメントを投稿