2013年10月14日月曜日

「NEW」発売&2013年日本ツアー追加公演発表 ポール・マッカートニーからのメッセージ

ポール・マッカートニーのニューアルバム「NEW」が2013年10月14日に発売されました。同日アウト・ゼアー ジャパン・ツアー追加公演が11月11日京セラドームで実施されることが発表されました


「NEW」発売当日の都内のCDショップでは早朝販売を実施したり、インストアイベントを開催するなどしていました。以下はタワーレコード渋谷店で行われたイベントの様子です。

佐野、ポールへ熱烈エール(テレ朝ニュース)

佐野元春、P・マッカトニーは「ロマンチックな人」(オリコン)

佐野元春、ポールは「ロマンチック人」(日刊スポーツ)

ポールが「オッス」佐野元春が明かす(日刊スポーツ)

佐野元春、ポールの魅力を熱弁(デイリースポーツ)

佐野元春が初めて他のアーティストのトークイベントへ(dwango.jp)

佐野元春、ポール・マッカートニーと会食の思い出告白(サンケイスポーツ)

佐野元春、ポールとの爆笑思い出 監獄で覚えてた「オッス!」(スポーツ報知)
※記事に『「NEW」からの2曲を世界に先駆けて日本で初演奏することを明かし』とあるがポールが「2曲」と明言したのか真偽不明

ポール最新アルバム『NEW』発売記念イベントに佐野元春登場「1989年にポールと会った」 (Billboard Japan)

佐野元春ポール・マッカートニーとの秘話明かす(東京スポーツ)

ポールが「押忍」という挨拶を1980年の日本の拘置所で学んだと佐野元春さんもポール本人から聞いたそうです。

InterFMやFMヨコハマでは終日ポール・マッカートニー特集を実施しています。
InterFMでは午前5時ちょうどにポールからのメッセージが流されました。
Hello Tokyo!
Paul McCartney, sending my best regards. Let's get out there.
I hope you'll enjoy my new album, it's called "NEW".
And I'm very much looking forward to coming to Japan.
And I want to see you at my "Out There" tour.
Let's rock!
いつも通りの「『NEW』よろしく」「日本楽しみ」「公演で会いましょう」「レッツロック!」ですが、「東京」と名指しにしているのは珍しいです。「福岡」バージョンもあるようなので各地向けに収録したのでしょう。

「NEW」については別の記事にまとめています。→ http://blog.kouchu.info/2013/08/Paul-NEW.html

以下は2013年10月3日にロンドンで収録されたインタビューの映像です。
この映像に含まれていないインタビューもあったようで以下で一部確認できます。
【インタビュー】ポール・マッカートニー、最新アルバム『NEW』インタビュー 2013年10月3日@ロンドン
http://www.barks.jp/news/?id=1000095313

それ以外に地上波テレビやラジオで放送されたポールの同インタビューでの発言内容は以下のようなものです。
  • ビートルズはリバプールの小さなバンドだったが成功を夢見て頑張った。実際その後成功して「Please Please Me」をリリースした頃には宇宙の王様になったような気分だった。
  • 将来の事はあれこれ考えず自分の直感に頼るだけ。作曲、レコーディング、ライブをして家族と過ごす。それだけで十分。
  • 日本公演のセットリストはツアー中断前から少し変わる。新曲もいくつか追加する。
  • ツアーで新曲を披露するのは日本が初めてになる。
地上波テレビ番組では情報伝達が間に合わなかったのか追加公演についてはどれも触れていないようでした。

湯川れい子さんは本日、FMヨコハマの番組やTwitterで新情報をいくつか明かしました。
  • ポールの日本での宿泊先下見に来たスタッフは部屋に新奇なものがあるかどうかを選考基準にしていた。ポールは新しもの好きなのだろう
  • 日本公演がテレビ番組になるかもしれない。放送は来年
  • 絶対に間一日置かないと歌わない、 と言っていたのに11月11日を追加公演にしたのは不可解(11日と12日が二日連続公演になる)
  • ポールは大相撲九州場所に行きたがっている※ビデオメッセージでポール本人も発言
追加公演は日本ツアー初日となっていた11月12日の前日に設定されました。これにより11月12日は初日としての特別性を失うとともに、前日の疲れが懸念される公演となってしまいました。流通しているチケットの相場にも影響すると思われます。
追加公演の先行抽選受付は既に始まっていますが以降のチケット販売スケジュールは不明です。ポール・マッカートニー公式サイトによれば10月26日10時から一般発売だそうです。ところがチケットぴあでは10月27日10時と明記しています。
ザ・ビートルズ・クラブは追加公演のチケット販売に参入しないことを表明しています。それだけ当日まで時間が無いということです。
となれば後はポール・マッカートニー公式サイトでの販売はあるか、VIPパッケージの販売はあるかが関心事になります。ポール・マッカートニー公式サイトの「upcoming tour dates」には既に11/11公演について掲載されていますが、チケット販売は開始されていません。

チケット入手方法は以下にまとめています。
http://blog.kouchu.info/2013/07/Paul2013.html

6 件のコメント:

  1. 詳細なるレポートありがとうございます。
    とても参考になります。
    11月20日はナンシーの誕生日だという噂は本当でしょうか?
    だとしたら11月21日公演では「BIRTHDAY」を演るのでは・・・。

    返信削除
    返信
    1. コメントありがとうございます。

      11月20日は確かにナンシーの誕生日のようです。
      Birthdayは期待大ですね。

      削除
    2. 昨日は「Listen to What the Man Said」の替りに「JET」を演奏していました。明日の最終日もセットリストの変更&追加があると良いですね。

      削除
    3. コメントありがとうございます。

      日本では今回のツアーが初披露となる「Listen to What the Man Said」を楽しみにしていた人は複雑な心境かもしれませんね。

      これで明日の最終公演がどうなるか俄然楽しみになりました。

      削除
    4. 良く考えると、1曲目の「エイトデイズ・ア・ウィーク」と2曲目「セイブ・アス」の間にはなんと50年の間があるのですね・・・。
      何ともスゴイ人です。本日は運よく前の方の席が取れたので、じっくり味わいたいと思います。

      削除
    5. 詳細なるレポートありがとうございます。
      今回は運よくアリーナ前方の席を確保できました。
      開演10分前くらいに辺りがざわつき、何とキャロライン大使がすぐ前を通り、VIP席に案内されていました。
      アンコール直前で帰られてしまいましたが・・・。
      ポールに再会できることを楽しみにしたいと思います。

      削除