2013年12月16日月曜日

レビュー:大人のロック!特別編集 ザ・ビートルズ サウンド革命の全貌

「大人のロック!特別編集 ザ・ビートルズ サウンド革命の全貌」(日経BPムック)が2013年12月16日に発売されました。

以下で目次が閲覧できます。
http://ec.nikkeibp.co.jp/item/contents/mokuji/m_225560.pdf

本書は先月発売された『オン・エア/ライヴ!アット・ザ・BBC Vol.2』の徹底検証から始まります。まだ発売からちょうど一か月後のため、製品内容自体の検証はあまりなされていないようです。BBCラジオでの演奏件数が多いことに注目して様々な観点から集計し、その結果から当時の様子やビートルズの意図をくみ取ろうとしています。
本題の「サウンド革命」はまずWho(誰が)に注目し、ビートルズのメンバー、スタッフ、そしてオノ・ヨーコまで、レコード制作に携わった人々がビートルズのサウンドに与えた影響をエピソードを交えて論じています。個々のエピソードは見慣れたものが多いですが、主旨に沿ってコンパクトにまとめています。ここまでは論文調の文章が目立ちます。
次にWhere(どこで)に注目し、ビートルズがレコーディングを行ったスタジオをビートルズとの関わり合いやスタジオの特徴を交えて紹介しています。アビーロードの第1スタジオ~第3スタジオはもちろん、デビュー前に使用したスタジオからBBCラジオ放送用の収録を行ったスタジオまで網羅する徹底ぶりです。このような観点の編集はあまり目にしたことがありません。
最後にHow(どうやって)です。書中ではWhat(何)と題名づけられたパートですが、実際は具体的なレコーディング手法について細かく説明しています。名著「ザ・ビートルズ全曲バイブル」を彷彿とさせるわかりやすいイラストに加え、スタジオの見取り図まで掲載されており脱帽です。「ザ・ビートルズ全曲バイブル」を楽しんで読んだ方にはおすすめです。
以降は「ザ・ビートルズ・ソングの謎」(ビートルズの曲やジャケットの登場人物)、「ザ・ビートルズ ソロ・ソング対決」(ビートルズ解散後の各メンバーの活動を比較)などの研究記事が掲載されています。これらは他の「大人のロック!」ブランドの本で掲載されたものの再録のようです。それ以外にも随所にコラムや対談記事もあり、コストパフォーマンスが高い一冊です。
前半は既視感のある内容でしたが、レコーディングに踏み込んでいくに従いしり上がりに面白くなっていきます。先日発売された大型本「アビイ・ロード・スタジオ ---世界一のスタジオ、音楽革命の聖地」も影響しているかもしれません。

 

0 件のコメント:

コメントを投稿