2014年4月2日水曜日

ポール・マッカートニー2014年再来日公演「オフィシャル最速先行」受付終了 今後のチケット販売

ポール・マッカートニー2014年5月日本公演発表時から受付を開始していた「オフィシャル最速先行」チケット抽選販売が終了しました。今後のチケット販売について考察します。
最新確定情報は別の投稿をご覧ください。↓
http://blog.kouchu.info/2014/03/Paul2014.html
2013年日本公演でのポール

プレイガイド

一般発売の4月19日までまだ日がありますので、今後何度か先行販売が実施されると思います。チケットぴあ以外のプレイガイドでもいずれ販売が案内されるでしょう。

ラジオ番組

主催や後援に名を連ねているラジオ局の番組内で先行販売が実施されます。4月3日以降、東京や大阪のラジオ番組で複数回実施されますので要注目です。

ポール・マッカートニー公式サイト

2013年日本公演では、事前に大まかな座席位置が指定可能&余計な手数料がかからないことで話題となったポール・マッカートニー公式サイト経由での販売は、今のところ動きはありません。
http://www.paulmccartney.com/live/27468-out-there
上記ページの日本公演の行に「PRE-SALE TICKETS」や「GET TICKETS」と表示される日が来ることを待つことにしましょう。
もし実施されるとしても日本側主催者は積極的に案内しないでしょうから、こまめな情報収集が必要です。
追記:2014年4月17日10時よりこのシステムで販売開始される旨、その開始時刻にポール・マッカートニーのSNSで告知されました。日本側ツアー公式サイトには掲載されていません。

VIPパッケージ

サウンドチェック(リハーサル)見学や、コンサート本編での前方の席を確約する「VIPパッケージ」を主催するSLO VIP Servicesにはページが用意されています。
https://slotix.com/tours/paul-mccartney/out-there-in-asia/
追記:2014年4月8日早朝 上記ページに日本公演のVIPパッケージ販売日時について掲載されました。

2014年の他国のVIPパッケージを見ると国や座席位置によって1300~2400米ドルの範囲で販売されています。2013年の8万円/9万円のほぼ倍額となります。2013年日本公演のVIPチケットには無かったケータリングサービスが含まれているせいもあると思います。
今回のVIPパッケージのラインナップはFront Row Package、Hot Sound Package、国によってはさらにPremium Hot Sound Packageがあります。Front Row Packageが2013年の9万円VIP相当、Hot Sound Packageが8万円VIP相当となります。 Hot Sound Packageは8万円VIPより対象座席位置が拡大されており、さらに拡大したい場合にPremium Hot Sound Packageを設定しているようです。
2013年日本公演でのVIPパッケージ商品構成については→こちら、実際のVIPパッケージの様子は→こちらをご覧ください。

実施される場合は日本側主催者から案内されるはずですので日本ツアー公式サイトをこまめに確認することをお勧めします。
追記:2014年4月8日夜に日本ツアー公式サイトにVIPパッケージの販売予告が掲載されました。


今回の日本公演の位置づけ

前述のSLO VIP Servicesのページに「Out There in ASIA」とありますので元々日本以外のアジアの国での公演が前提となっていると思います。韓国公演やその先のアジア公演の行き掛けの駄賃で日本に寄ったと考えるのが妥当でしょう。2013年東京公演最終日で日本側主催者が仕込んだサイリウムのサプライズが半年での再来日の一つのきっかけと考えるのは過大評価だと思います。
東京公演最終日のサイリウム
これまでのところポール本人からそのような発言があったとは確認されていません。スタッフの所感として「ポールがサイリウムに感動していたのは明らか」という記述がポール・マッカートニー公式サイトのブログに掲載されたことはありました(詳しくは→こちら)。
この点を冷静に評価して来るべき再来日公演に備えなければなりませんが、印象が悪い国に頻繁に来たいはずもないのでその点日本のファンは誇りに感じて良いと思っています。

0 件のコメント:

コメントを投稿