2014年9月27日土曜日

レビュー:書籍「ポール・マッカートニー・イクイップメント・ストーリーズ」

ポール・マッカートニーの使用楽器をデビュー前から現在に至るまで分析した書籍「PAUL McCARTNEY EQUIPMENT STORIES」(シンコー・ミュージック・ムック)が2014年9月26日に発売されました。
シンコー・ミュージック・ムック ポール・マッカートニー・イクイップメント・ストーリーズ

2010年に発売された「ザ・ビートルズ・イクイップメント・ストーリーズ」の姉妹本で、同じスタッフ/編集方針/ページ規模/価格帯です。
The BEATLES EQUIPMENT STORIES
今回取り上げられている楽器は以下です。前書「ザ・ビートルズ・イクイップメント・ストーリーズ」に登場していない楽器を★で示します。

ZENITH MODEL 17
HOFNER CLUB 40
EGMOND SOLID 7 ※楽器写真をよりポール使用器に近いもの(本物?)に差し替え
HOFNER 500/1(Cavern) ※前書:白黒→本書:カラー
HOFNER 500/1(1963) ※前書:白黒→本書:カラー&1ページ増量
RICKENBACKER 4001S(Fireglow)★ ※カラー写真
RICKENBACKER 4001S(Magical Painted) ※前書:白黒→本書:カラー
RICKENBACKER 4001S(Stripped Natural)★ ※カラー写真
EPIPHONE E230TD CASINO ※前書:白黒→本書:カラー(本物に差し替え)&1ページ増量
EPIPHONE F79 TEXAN
MARTIN D-28 ※前書ではジョン・レノンへの言及も多かったが再構成
GIBSON J-180 EVERY BROTHERS MODEL★
OVATION CUSTOM LEGEND 1619 6 String★
OVATION CUSTOM LEGEND 1658 12 String★
KAY JAZZ SPECIAL★
YAMAHA BB-1200★
WAL 5 String★
GIBSON LES PAUL(1960)★
GIBSON LES PAUL(Rosie Brooks Painted)★

他にもポールが使用した楽器はありますが、写真が使用できないなどの理由で網羅できなかったそうです。逆に言えば掲載されている楽器については写真がふんだんに使用されており、書籍「Beatles gear」にも掲載されたポール本人所有器の高精細な写真が何点か使用されています。

出版元の紹介ページにも書籍中にも明言されていますが、「ザ・ビートルズ・イクイップメント・ストーリーズ」に掲載された楽器についての文章は基本的に今回も同じです(改めて推敲されていますが)。一方、大事な楽器については写真をカラーに刷新したり記事を増やしたり配慮しています。リッケンバッカーのベース4001については塗装の変遷を追って3パターン取り上げています(グレコのコピーモデルPMB-800までも掲載!)。

それでも 前書より掲載されている楽器数が少ないのでさまざまな記事でページ数を稼いでいます。まずは楽器を持った新旧ポールのカラー写真が10点ほど。2014年5月来日時のケース入りヘフナーベースを持った写真もあります。
楽器解説以外で最もページ数を割いている(24ページ)のはビートルズ時代~現在のポールのアルバム解説です。書籍の主旨に従って楽器に重点を置いて欲しかったところですが、ビートルズ解散後はとくに情報が少ないのか全体的には普通の解説にとどまっています。
また、前書と同様日本の著名人のインタビューが掲載されています。皆ポールに対する知識と思い入れがたっぷりです。ポールの楽器について研究者でも意見が分かれている事項(曲ごとの使用楽器等)についてそれぞれ自信を持って持論を展開しているのが面白いです。
ポールの2013年来日公演での使用楽器や、演奏内容のスタジオ版との違いを分析した記事には舌を巻きました。ギターやベースの細かいフィンガリングにも触れているので楽譜を掲載してほしかったです。

というように様々な記事が掲載されているので「ザ・ビートルズ・イクイップメント・ストーリーズ」を持っている方も、ポールの楽器に興味があるようでしたら満足できる書籍だと思います。

2014年9月23日火曜日

ダーニ・ハリスン The Fab Fauxと「Savoy Truffle」演奏

右はウィル・リー
ジョージ・ハリスンの息子ダーニ・ハリスン(日本ではダニーと表記する場合もあり)がビートルズのトリビュートバンドThe Fab Fauxのステージに飛び入り出演し、父親作の「Savoy Truffle」を演奏しました。

2014年9月20日カリフォルニアValley Performing Arts Centerでのことでした。ビートルズトリビュートバンドとしては感無量の瞬間だったと思います。
当日の写真はこちらに多く掲載されています。↓
THE FAB FAUX & DHANI HARRISON, the next generation.....

ビートルズの子供たちの中で最も親に顔が似ていることで有名なダーニは、音楽業界に身を置くビートルズの子供たちの中で最も屈託なく父親へのトリビュート活動に勤しんでいます。
ハリスン一家
ジョージの公式トリビュートショーがあれば必ずと言っていいほど顔を出します。直近は2014年9月24日のテレビ番組「CONAN」です。ジョージ作のLet It Downを演奏しました。

The Fab FauxのJimmy Vivinoはコナン・オブライエンのテレビ番組で長くハウスバンドを率いており、今回の番組でも「Friends」の一員としてダーニと共演しています(隣でスライドギターを演奏)。以前から二人は親交があるようで、The Fab Fauxでの共演が実現したのはこの縁なのだと思います。


追記:2014年9月28日のライブイベント「George Fest: A Night to Celebrate the Music of George Harrison」でもダーニはSavoy Truffleを演奏しました。このイベントにもJimmy Vivinoが参加しています。


また、ダーニはジョージ死後のジョージ関連商品の制作には深く関わっています。日本では2014年10月15日に発売されるボックスセット『The Apple Years 1968-75』も同様です。

ジョージ・ハリスン:アップル・イヤーズ1968〜75発売決定! (ユニバーサル・ミュージック)

まだ父親のトリビュートを生業にするには若すぎるかもしれませんが、いつか日本でも同様のことをしてほしいものです。

2014年9月20日土曜日

ポール・マッカートニー NEW - コレクターズ・エディション CD+DVD 2014年10月29日発売

2013年11月に発売されたポール・マッカートニーの最新アルバム「NEW」にボーナスCDとDVDを加えたコレクターズ・エディションが2014年10月29日(他国では10月28日)に発売されます。日本盤のみSHM-CD仕様です。

10/29『NEW - コレクターズ・エディション』発売決定!

NEWの特別版としてはすでに日本で「NEW – 2014ジャパン・ツアー・エディション」が2014年5月に発売されていますが(詳しくは→こちら)そちらに収録されていた2013年日本公演ライブ映像(2曲)や「ア・ランデヴー・ウィズ・ポール・マッカートニー」は今回含まれていないので今回のものを買えばNEW関連の作品が網羅できるというわけではありません。

音源としてはNEW通常盤には収録漏れとなった未発表曲"Hell To Pay"、"Demons Dance"、そして2013年東京ドームで演奏されたNEW収録曲のライブ音源が4曲全て含まれていることに注目です。 「NEW – 2014ジャパン・ツアー・エディション」に東京ドームライブ映像が収録されている2曲については今回と音源が同じようなので全てスカパーで放送されたものと同じ2013年11月21日公演の音源なのだと思われます。

映像はこれまで英米のテレビで放送されたものや、ネット配信されていたもの、ポール・マッカートニーYouTubeチャンネルで公開されたものをまとめたもののようです。「プロモ・ツアー」(米英での新作プロモ・ツアーでのパフォーマンス映像)がどの程度のボリュームなのか気がかりです(DVDの総収録時間は1時間58分)。

以下に該当すると思われる映像(全てが今回収録されるとは限りません)と関連する当ブログの記事を紹介します。

・サムシング・ニュー
※上記はテレビ放送された際のCMです。

・NEWインタビュー

・ iHeartRadio ミュージック・フェスティヴァル (2013/9/21)

・ ABC「ジミー・キンメル・ライブ!」 (2013/9/23)

ポール・マッカートニー ハリウッド路上ライブ1時間 スタジオインタビュー10分 

・ NBC「レイト・ナイト・ウィズ・ジミー・ファロン」 (2013/10/7)

ポール・マッカートニー 米テレビ番組「Late Night with Jimmy Fallon」出演 「『自撮り』は自分が発明した」 

・ ニューヨーク、タイムズスクエア (2013/10/10)

ポール・マッカートニー タイムズスクエアでゲリラライブ「Queenie Eye」ライブ初披露

・ ロンドン、ザ・シャード (2013/10/15)
※Bang & Olufsenのインタビュー中の演奏シーンが収録されると思われます。

・ BBCマイダ・ヴェール・スタジオ (2013/10/16)

・ BBC 「ザ・グレアム・ノートン・ショウ」 (2013/10/17)

・ ロンドン、コベントガーデン&HMVオックスフォード通り店(2013/10/18)
※上記は観客が撮影したものです。

・ クイーニー・アイ
・ セイヴ・アス
・ アプリシエイト
・ アーリー・デイズ
・ メイキング・オブ・クイーニー・アイ
・ メイキング・オブ・アプリシエイト
※さすがに上記映像とは思えないので未発表の映像が収録されるかもしれません。

今回の映像集がNEWの制作/プロモーション活動の集大成となっていることがわかります。「NEW」は2013年日本公演と切っても切れないので、思い出の品になると思います。

2014年9月14日日曜日

レビュー:月刊ザ・ビートルズ臨時増刊号『ポール・マッカートニー OUT THERE! 2014 ~幻の日本公演~』

2014年のポール・マッカートニーの活動(8月分まで)を総括する書籍「月刊ザ・ビートルズ臨時増刊号『ポール・マッカートニー OUT THERE! 2014 ~幻の日本公演~』 」がザ・ビートルズ・クラブ(BCC)から発売されました。2014年9月16日発売となっていますが、予約者には9月13日から届き始めました。
月刊ザ・ビートルズ臨時増刊号『ポール・マッカートニー OUT THERE! 2014 ~幻の日本公演~』 
 
A5版136ページの書籍で、32ページのカラーページを含みます。カラー写真は珍しいものはあまりありませんがどれも高精細です。
一般の書店には並ばないようで、「Beatles official shop Let It Be」 から通販で入手するのが確実です。

まずはなんと言っても2014年5月のポール日本滞在についての記事に注目です。来日から離日まで時系列で記しています。現時点でもっとも正確かつ豊富な情報と言えるでしょう。事実はおおむね当時の日本のマスメディアの報道通りだったようですが、誤報は着実に指摘しています。文中にさらっと新事実が織り交ぜられており目が離せません。

日本から去ったあとのザ・ビートルズ・クラブによるポールへのインタビュー記事も必見ですが、内容は2014年7月にRolling Stone(ローリングストーン)の電話インタビューとして公開されたもの(詳しくは→こちら)とほとんど同じです。Rolling Stoneに掲載されたインタビューはそもそもザ・ビートルズ・クラブが行ったものなのでしょうか。あるいはザ・ビートルズ・クラブが実施したインタビューはごく短いもので、Rolling Stone版で水増ししたのかも?今回の書籍にはRolling Stone版に含まれない日本向けのやりとりがいくつか掲載されていますが、ポールは幻の日本公演について多くを語らなかったため日本公演のセットリストは謎のままです(直前に決めるつもりだった?)。

書籍の大部分は2014年の「Out There」ツアー全公演(8月分まで)のライブレポートが占めます。セットリスト(公演によってはサウンドチェックについても)と当日のポールや観客の様子が克明に記されています。ポールの体調は来日前から悪く、復帰後も完調には至っていないという評価のようです。

他にはポールのプロモーションビデオ直近の3作品についての詳しい解説、ポール来日時の様々な人からのレポート、日本公演中止後に寄せられたポールへのメッセージ(60件以上)が掲載されています。

2014年5月の狂騒の渦中にいたすべての人におすすめできる書籍です。

2014年9月12日金曜日

大人のロック! 2014[秋]号「ザ・ビートルズ 日本デビュー50年」 MONO LP BOXの記事も

日経BP社の音楽誌「大人のロック!」2014年秋号(2014年9月11日発売)にビートルズの特集記事が20ページにわたって掲載されています。
大人のロック! Vol.35 2014[秋]号 創刊10周年記念特別号
http://ent.nikkeibp.co.jp/ent/rock/

ビートルズ日本デビュー50周年にちなんだ記事と、2014年9月10日に発売された「MONO LP BOX」についての記事で構成されます。

前者は「検証」と銘打って事実を積み重ねた記事が多く読み応えがあります。ところどころビートルズの珍しい写真が掲載されていました。とくに以下の2つの記事がおすすめです。

映画『ハード・デイズ・ナイト』新時代装備完了!

2014年8月20日に発売されたBlu-ray版「A Hard Day's Night」の映像と音声の再構築作業について詳しく解説しています。最善の素材と最良の技術から様々な創意工夫によって作り上げられたことがわかります。

カバーの概念を変えたビートルズ

ビートルズ曲の日本でのカバー/コピーについて歴史を紐解いています。こういった切り口はあまり目にしたことが無く、このムーブメントの末席にいる者としては感慨深かったです。ビートルズが現役だったころの日本語によるカバーから始まり、THE BAD BOYSの出現、六本木のビートルズ系ライブハウスの移り変わり、Dear BEATLESなどメジャーミュージシャンによるビートルズ曲の演奏活動、そして「イエローサブマリン音頭」。次回はアマチュアや海外のトリビュートバンドの来日の歴史も取り上げてほしいです。

後半の「MONO LP BOX」の記事はモノラル音源の位置づけの説明から始まり、日本でのモノラル盤発売の歴史、今回の製品の製造工程(2009年音源との違い)、2014年7月末に日本で開催されたマスコミ向け試聴会の様子まで丁寧に語られています。

2014年9月8日月曜日

レポート:ザ・ビートルズ『MONO LP BOX』試聴会

日本で2014年9月10日に発売されるザ・ビートルズ『MONO LP BOX』(くわしくは→こちら)発売直前に、そのアナログLP盤を試聴するイベントが開催されました。参加者に当選したので甲虫楽団のリズム隊(ベース:のべ、ドラム:まみこ☆)で行って来ました。
会場となったショールーム一階の展示
  MONO LP BOX試聴会
■日時:2014年9月8日(月)開場18:30 開演19:00 (終演20:30)
■会場:Gibson Brands Showroom TOKYO
■内容:ザ・ビートルズ『MONO LP BOX』に収録されるアナログLPの一部分を試聴。ピーター・バラカンさんによるトーク。
■主催:ユニバーサルミュージックジャパン

■ターンテーブル:LUXMAN PD-171 AL
■管球式フォノアンプ:Phasemation EA1000
■カートリッジ:Phasemation PP-mono
■スピーカー:TANNOY Canterbury (1本のみ使用)
■アンプ:ONKYO P-3000R ONKYO M-5000R(ステレオ用の機材だがモノラル再生用に調整)

「今回の発売を記念してGibson Brands Showroom TOKYOではビートルズ・ジャックを実施中!MONO LP BOX、そしてポール・マッカートニーのハイレゾ音源などもご試聴いただけるほか、ビートルズ関連のGibson、Epiphoneブランドギターも特別展示されています。」

試聴会当日の様子はWebメディアで報道されています。 
Musicman-NETMUSIC NATIONmFoundDAILY MUSICユニバーサルミュージック

会場はギブソン、ティアック、オンキヨー3社のコラボレーションによる世界初の一般向けショールーム「Gibson Brands Showroom TOKYO」2階のイベント・展示スペースでした。このショールーム自体2014年7月にオープンしたばかりなので、内装はとても綺麗でした。会場には60名程度の座席が用意されほぼ満席でした。客層は老若男女でしたが女性の方が多かったように思います。
Gibson Brands Showroom TOKYO
 今回の商品に対する製作秘話を明かすというよりは純粋に聴いて楽しむという主旨でした。冒頭で再生機材を紹介し、プロモーション映像を流した後はピーター・バラカンさんが自身の思い出を交え曲の解説を入れながら進行しました。バラカンさんの第一声は「今日は楽しいぞ~」。バラカンさん始めスタッフが率先して頭や足を揺らして聴き入っていました。

流れたのは以下の映像の日本語字幕版
 選曲は最初の数曲を除き基本的に参加者からのリクエストでした。今回再生されたのは以下です。

I Saw Her Standing There
Twist and Shout
Money
Not A Second Time
A Hard Day's Night
Paperback Writer
Rain ※バラカンさんのリクエスト
Yes It Is ※バラカンさんのリクエスト
In My Life
Nowhere Man ※バラカンさんのリクエスト
All My Loving
Birthday
Lucy In The Sky With Diamonds
Flying
I Am The Walrus ※まみこ☆ のリクエスト バラカンさんいわく「良いリクエストをありがとう」
Tomorrow Never Knows
You've Got To Hide Your Love Away
I Don't Want To Spoil The Party
Rock 'n' Roll Music
I'm Down

僕はワゴンセールの500円カセットテープでビートルズを聴き始め、その後オリジナルアルバムを1987年バージョンのCD で集めたので 初期4枚はかろうじてモノラルだったものの(現行CDの標準は全てステレオ)、他のモノラルやそもそもアナログレコードでビートルズに親しんだことがあり ません。さらに総額300万円以上はするであろう(追記:翌日のラジオ番組「Barakan Morning」によればスピーカー=150万円、それ以外=250万円とのこと)今回ほど高級なシステムで音楽を聴いたことがほとんど無いので過去の製品との比較はできないのですが、以下のような感想でした(前から4列目、中央から2人分ずれた位置での印象)。
  • ダイナミックレンジは狭く、ときに中高音が耳についた(とくに初期)
  • 1966年ごろまでの曲はベースがあまり聴こえない(I Saw Her Standing Thereは奇跡的にベースがよく聴こえる)
  • リードボーカルが大きい(コーラスは小さく聴こえる)
  • ボーカルのエコーが最後までよくわかる
  • ドラムの音が生々しい
  • 演奏のテンションが高く聴こえる
以上をふまえて全体としては「ジョン・レノンの声はモノによく似合う。ビートルズ現役時代のビートルズはジョンの声に支えられていた」と今回初めて感じました。

同行したまみこ☆いわく「コピーバンドのボーカル担当はモノ、演奏担当はステレオを聴くべき」とのことで、同じような印象だったようです。
まみこ☆のブログ記事はこちら→ザ・ビートルズ『MONO LP BOX』発売記念試聴会


2014年9月4日木曜日

INTERNATIONAL BEATLEWEEK 2014にThe Fab Faux 9年ぶり出演

ビートルズ発祥の地リバープールで開催される毎年恒例の「International Beatleweek」 は2014年8月20日~26日の全日程を終了しました。期間中リバプールのそこかしこでビートルズが演奏されるこのイベント。日本からも3バンドが参加 しています。今年はウィル・リー率いる「The Fab Faux」が9年ぶりに出演しました。この出演を機にThe Fab FauxはBEATLE WEEKの殿堂入りを果たしました。


他の出演バンドでは「Them Beatles」が、ビートルズのメンバーの解散後の曲を解散後のいでたちの四人が一緒に演奏するという夢のあるステージを展開しました。


期間中は演奏以外にも様々なイベント(講演、観光ツアー、オークション、フリーマーケット、展示、上映、・・・)が開催され、ビートルズゆかりの人が大勢公式あるいは非公式に訪れたようです。ビートルズ研究の大家MARK LEWISOHN、映画「愛しのフリーダ」でおなじみのFREDA KELLY、ビートルズが作った会社アップルの重役だったTONY BRAMWELL、ビートルズの前身バンドThe QuarrymenのメンバーLEN GARRY、ビートルズ最初のマネージャーと称されるALLAN WILLIAMS、Wings最後のドラマーSTEVE HOLLY、Wings Over Americaにも帯同したサックス奏者HOWIE CASEY、ポール・マッカートニーの広報を15年務めたGEOFF BAKER、リンゴ・スターのレコーディングを10年間プロデュースしたMARK HUDSON、ジョン・レノンの異父妹JULIA BAIRD、・・・。
当然、RINGER STARも出演しています。この1週間前はアメリカのイベントに出演したばかりです。リンゴ本人より忙しいかもしれません。

来年の同イベントに日本代表として出場するバンドを以下で2014年8月30日~9月15日まで募集中です。
http://scousehouse.net/