2017年3月26日日曜日

The Fab Faux ビートルズのアルバム『Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band』全曲演奏

ビートルズのアルバム『Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band』は今年で発売50周年を迎えます。ビートルズの最高傑作と称されることの多い本作だけに今年は国内外で様々なイベントや商品が企画されています(近日中に別記事で整理します)。
50周年記念イベントとしてまずまっさきに思いつくのはアルバムの曲順通り全曲を演奏するライブです。ビートルズがライブ活動から離れた後、当時のスタジオ技術とアイデアの粋を凝縮して制作されただけにそれをどうやってライブで再現するかに挑戦しがいがあります。
我々甲虫楽団も今年7月15日に東京・赤坂グラフィティにて同アルバム全曲演奏ライブを行ないます。詳細は順次甲虫楽団公式サイトでお知らせします。みなさまのご来場をお待ちしております。

海外でも同主旨のライブが多く企画されています。3月18日にアメリカ・ニュージャージー州モントクレアのウェルモントシアターでThe Fab Fauxが『Sgt. Pepper 50th Anniversary Celebration』と題したコンサートを開催しました。
The Fab Fauxはニューヨークを拠点とする一線級のプロミュージシャンによるビートルズトリビュートバンドです。ビートルズ好きが高じて半ば趣味でやっていると考えるとわかりやすいです。トリビュートバンドという言葉から想像されるような役割分担や外見のコピーはせず音の忠実再現を重視するコンセプトは我々甲虫楽団と同じで、勝手にライバル視させてもらっています。
ドラムとフロントの4人がThe Fab Faux
 さてさてどんな感じになっているでしょうか・・・。以下で全曲ご覧いただけます。












感想まとめ
  • バイオリン&チェロ("The Crème Tangerine Strings")、ホーンセクション("The Hogshead Horns")を従えていてうらやましい。その他、クラリネット、シタール、バスハーモニカ、ハープ(竪琴)まで登場しているのはさすがプロ。
  • タブラは演奏できないのかボンゴとシンセパッドで代用している(これは甲虫楽団も同じ)
  • サンプラーを多用している(甲虫楽団も同じ)。ビートルズ本人の音も使用しているようだ。効果音だけでなく音楽的なフレーズもサンプラーで出しているのが意外(生演奏とリズムがずれる恐れがある)
  • 細かな効果音や話し声まで再現しようとしているが、最後の「A Day in the Life」終了後の「インナー・グルーヴ」を本物の音源そのままを流すのはいかがなものか。せっかくのオチなのに。
  • ベースのウィル・リーは本来指弾きなのか、ピックで弾く場合も弦を下から上に弾くのが特徴的。ときどきピックでは追いつかないのか指を併用することもある。フレーズのコピー度はそれほど高くない。弾きながら歌うと間違えることがある。
  • 左利きのギタリスト(ベースは弾かない)フランク・アニェッロは一見地味だがサウンドの再現性は彼にかかっている。メンバーの中では彼の歌が一番好き。
  • ドラムのリッチ・パガーノはリンゴ・スター的ではないが、リードボーカルもとれる彼ならではの歌を引き立てる良いドラムだと思う。
  • ジャック・ペトラゼリ(向かって左)のハイトーンなシャウトはThe Fab Fauxの売りの一つ。演奏面では意外とマニアックなことをやっている。
  • ジミー・ビビーノ(向かって右)はThe Fab Fauxの精神的支柱と思われるが演奏面では存在感が消えることが多い。曲によってやる気に差がある?
今後も他のバンドによる『Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band』全曲演奏映像が入手できたら紹介していきます。

甲虫楽団からのお知らせ

我々甲虫楽団も「Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band」リリース50周年を記念してアルバム全曲通しライブを開催します。こちらも本日正式発表です。既存のステレオ盤を基準にすると思います・・・。

甲虫楽団Presents【祝Sgt.Pepper'sリリース50周年 完全再現ライブ】
日付:2017年7月15日(土)
開場:18:15
開演:19:00 ※アルバム全曲/その他の曲の2ステージ構成。間に休憩を挟みます
終演:21:30予定
場所:赤坂「GRAFFITI(グラフィティ)」 東京メトロ 赤坂見附駅 徒歩1分
料金:当日2500円(+1ドリンク別) 前売2200円(+1ドリンク別)

詳細は甲虫楽団公式サイトの→お知らせをご覧ください。
ご来場お待ちしております。

2017年3月19日日曜日

チャック・ベリー死去 ビートルズに与えた影響

ロックンロールの創始者の一人として知られるミュージシャンのチャック・ベリーが2017年3月18日に亡くなりました。90歳でした。
ジョン・レノンとチャック・ベリー
 エルヴィス・プレスリーと並んでビートルズのメンバーに大きな影響を与えました。とくにジョン・レノンは彼に心酔していたように感じます。ジョンはすぐに誰にでも心酔してしまうところがあるようですが、チャック・ベリーに対する評価の高さは常に変わらなかったようです。1972年にテレビ番組で共演した際には「ロックンロールに別名を与えるとすれば『チャック・ベリー』だ」と彼を称えています。

ジョンにとってエルヴィスは畏怖の対象だったと思いますが、チャック・ベリーには同志のような感情を抱いていたのではないでしょうか。リフを基準に曲を作り上げ、こだわりぬいた自作詞を弾き語るというスタイルが共通しています。
そのせいか、ジョンはビートルズ時代からソロ時代に至るまで気軽にチャック・ベリーの曲を取り上げています。気軽過ぎて盗用で訴えられて和解させられるほどです。ビートルズの「Come Together」はチャック・ベリーの「You Can't Catch Me」から歌詞やメロディーを拝借しているとされました。

和解の条件として、ジョンはアルバムにチャック・ベリーの曲を収めることになりました。たぶん著作権使用料がチャック・ベリー側に払われることを意図していたはずで、何の曲でも良かったと思うのですが、 問題の「You Can't Catch Me」を「Come Together」に寄せたアレンジで収録したのはジョンのギャグでしょうか。

 そういったもめごとはありましたが、ジョンとチャック・ベリー本人の関係は良好だったのでしょう、ジョンの死後はジョンの息子ジュリアンとステージ上で共演することもありました。

後者の映像は「ロックの殿堂」創設時のセレモニーのもので、チャック・ベリーは真っ先に殿堂入りしています。

ポール・マッカートニーもチャック・ベリーに影響を受けていると思いますが、ビートルズの中で「チャック・ベリー担当はジョン」 という認識があったのでしょうか、ジョンとは少し異なった一歩引いたアプローチでチャック・ベリーを自分に取り入れています。
チャック・ベリーとポール・マッカートニー
ポールはチャック・ベリーの歌詞を高く評価しています。
チャック・ベリーの「Back in the USA」から着想を得て「Back in the USSR」を作りましたし、「I Saw Her Standing There」の歌詞にはチャック・ベリーの「Little Queenie」からの影響を感じます。また、「I Saw Her Standing There」のベースのリフはチャック・ベリーの「I'm Talking About You」から引用したとポール本人も認めています。

このようにビートルズから親近感を持って愛されたチャック・ベリーの曲はビートルズによって数多く演奏されています。以下の15曲が確認されています。(★=ビートルズ版音源が公式発売済)

Roll Over Beethoven ★
Sweet Little Sixteen ★
Johnny B. Goode ★
Maybellene
Rock and Roll Music ★
Almost Grown
Carol ★
Little Queenie →ビートルズ版
Reelin' and Rockin'
Thirty Days
Vacation Time
Memphis, Tennessee ★
Too Much Monkey Business ★
I Got to Find my Baby ★
I'm Talking About You ★

9曲がビートルズ名義で公式発売されており、これはビートルズがカバーしたアーティストの中で最多です。
ビートルズ関係者はSNSで追悼コメントを発表しています。
追記:
チャック・ベリーの葬儀でポール・マッカートニーのメッセージ(SNSに掲載したものとは別)が読み上げられたようです。
キッスのジーン・シモンズ、チャック・ベリーの葬儀で感動的なスピーチを披露(NME)
Chuck Berry Laid to Rest at All-Star St. Louis Memorial (RollingStone)
 

2017年3月10日金曜日

2017年4月25日 ポール・マッカートニー 日本武道館公演 事前情報まとめ

甲虫楽団主催ライブイベント『甲虫の森 ~第四区~』
2017年5月6日 19:30開演 東京・下北沢Breath ゲスト:Red Berry
甲虫楽団はポール・マッカートニー来日記念ポール曲(ソロ時代含む)しばり
くわしくは→こちら
「ワン・オン・ワン ジャパン・ツアー2017」で来日するポール・マッカートニーが2017年4月25日に日本武道館公演を実施することを発表しました。ソロとしては2015年以来2回目です。ビートルズ日本公演49周年と51周年に同所で公演を行うことになります。50周年にぶつけてきたら2倍の値段でも売れたでしょうに…。
2015年4月28日 日本武道館終演後の様子
2017年3月10日午前4時に日本ツアー公式サイトで告知されその後新聞に掲載、日刊スポーツ号外配布、ワイドショーで紹介、ネットメディアで拡散、といういつもの段取りです。ポール本人のビデオメッセージもあります。ギター弾き語りまで披露しています。




Paul Set To Return To The Budokan(ポール・マッカートニー公式サイト)
ポール・マッカートニー ワン・オン・ワン ジャパン・ツアー2017 日本武道館公演決定!  (プレスリリース)
ポール・マッカートニー、4・25日本武道館公演再び「とても興奮しているよ!」 (オリコン)
ポール・マッカートニー、4・25武道館決定「興奮しているよ!」(サンケイスポーツ)
ポール・マッカートニー 4月またまた武道館にやってくる!(デイリースポーツ)
ポール・マッカートニー、東京ドームの前に4・25武道館ライブ(スポーツ報知)
ポール4・25武道館追加公演決定 2年ぶり3回目(中日スポーツ)
ポール・マッカートニー、4・25に3度目の武道館公演「すばらしい夜になる」(マイナビニュース)
ポール・マッカートニー、3度目の日本武道館公演が決定(BARKS)
ポール・マッカートニー、4/25に日本武道館での公演が決定(NME)
ポール・マッカートニー “聖地”での追加公演に「これで最後詐欺(笑)」(週刊文春)
緊急特番!ポール・マッカートニー日本武道館公演決定スペシャル!(InterFM897)
ポール・マッカートニーまた来日「閉店セールかよ」とファン辛辣(まいじつ)
P・マッカートニー 頻繁に来日公演を企画する背景と需要(NEWSポストセブン)
日本のみんな、パーティーしよう! ポール・マッカートニー公演、25日から(朝日新聞)
ポール・マッカートニー、来日直前・日本独占ロング・インタヴュー(NME Japan)
号外も発行されたもよう

武道館公演特設ページ(日本ツアー公式サイト)
開場 17:30→16:30 ※4月3日開場時間変更 / 開演 18:30 (予定)
SS席:100,000円(アリーナ及び1階南スタンド) 
S席:80,000円 A席:60,000円 B席:40,000円
C席:2,100円 ※25歳以下限定。ビートルズ武道館公演のA席と同料金
立見席:20,000円 ※公演当日に発表&販売
2017年日本武道館公演アリーナブロック

2015年日本武道館公演アリーナ座席表 スタンドは→こちら

<日本武道館公演 チケット販売>
※キョードーグループ各社での対面販売は実施されない(2014年/2015年は実施した)
※前売りチケットは全て「座席番号入り特別チケット引換券」
 4月24日(月)(4/3不実施発表) 25日(火)日本武道館にて「特別チケット」に引き換え
ザ・ビートルズ・クラブ  3/10 4:00~3/16 13:00 ※抽選 ※SS席、S席、A席のみ
最速先行抽選 3/10 4:00~3/20 23:59 ※抽選 ※C席なし
キョードー東京 3/10 4:00~3/20 23:59 ※抽選 ※C席のみ
いち早プレリザーブ(抽選) 3/16 11:00~3/21 11:00 ※C席なし
プレリザーブ2次(抽選) 3/21 11:00~3/27 11:00
プレリザーブ3次(抽選) 3/27 11:00~4/3 11:00
InterFM897リスナー向け予約受付 4/2 22:00~24:00
PAULMcCARTNEY.COM経由(通称"公式") 4/4 17:00~4/7 23時ごろ
先着先行販売 4/3 11:00~  キョードー東京(~4/7 18:00) チケットぴあ(~4/8 9:30) イープラス(~4/6 18:00) CNプレイガイド(~4/6 11:00) ローチケHMV(4/3 19:00~4/5 23:59)
一般発売 4/8 10:00~ キョードー東京(~4/21) チケットぴあ(~4/22) CNプレイガイド(~4/23) チケットJCB(~4/23) 
当日引換券 4/23~ チケットぴあ ローチケHMV  イープラス
当日券 4月25日15:30~発売開始「前売り価格と同額にて販売します。販売券種は窓口にてご確認ください。

ポール側発表文が東京ドーム公演が売り切れていることを前提にしているので、それに先立って日本ツアーの公式サイトを無理矢理「Sold Out!」表記にしたのでしょう。ポールに花を持たせようという配慮でしょうか。実際はまだ購入できるのに「Sold Out!」表記にするのは危険な気もしますが、これで話題になって残りのドーム公演の駆け込み需要が高まると思うので戦略としては有益だと思います。

多くの部分で2015年日本武道館公演を踏襲しているようなので2015年の情報が参考になると思います。当ブログの過去の記事をご覧ください。
ポール・マッカートニー2015年4月28日 日本武道館公演決定
ポール・マッカートニー2015年日本武道館公演チケット販売状況
レポート:ポール・マッカートニー日本武道館公演「Another Girl」世界初披露
詳細レポート(全5回)→ 1 2 3 4 5
ポール・マッカートニー 日本武道館公演 日本の報道まとめ 
ポール・マッカートニー 日本武道館公演 海外の報道まとめ
スカパー「ポール・マッカートニー OUT THERE in 日本武道館 2015」放送  

現在の関心事
  • 「公式」での販売有無(追記:4月3日に実施する旨発表
  • 他の席種の販売有無 例:注釈付きB席、D席(立見席)、参加席 などの値段が安いもの(追記:立見席2万円が当日発表&発売)
  • 公演時間はドーム公演より短縮されるか(追記:約2時間だったので短縮されたと思われる)
  • 日本武道館でしか演奏しない曲の有無(特別セットリスト)(追記:おそらくそう)
  • 日本武道館限定グッズ販売の有無(追記:Tシャツとリトグラフの発売決定
  • フリフラ(光るリストバンド)を観客に配布しての演出の有無(追記:無かった)

2017年3月4日土曜日

ポール・マッカートニー ワン・オン・ワンジャパン・ツアー2017 チケット販売 ここまでのあらすじ

甲虫楽団主催ライブイベント『甲虫の森 ~第四区~』
2017年5月6日 19:30開演 東京・下北沢Breath ゲスト:Red Berry
甲虫楽団はポール・マッカートニー来日記念ポール曲(ソロ時代含む)しばり
くわしくは→こちら
※続編(チケット販売全般振り返り)は→こちら

ポール・マッカートニー2017年東京ドーム公演のチケット一般発売が2017年2月25日10時に開始されました。販売開始当日は4月29日(土)公演の全席種と各日のB席は当初から在庫が無かったかごく少数だったようです。

また、同日は先行予約分の発券開始日でもありました。PaulMcCartney.com経由(通称「公式」)やチケットぴあの「プリセール2次」以外の先行販売は購入時に席番号がわからなかったので(プリセール2次は終了前日に席番号非表示になった)、発券して初めて座席位置を知ることになります。毎回評判の悪い先行販売ですが、アリーナが混じっていないことも無いようです。キョードー東京の先行販売は比較的アリーナ率が高いように感じましたが外側のブロックが多いようでした。
 一般発売開始10時当初のチケットぴあのWebサイトは購入確定前に座席番号を確認できませんでしたが、11時ごろには確認できるように変わっていました。現時点で購入確定前に座席番号をWebサイトで確認できるのはチケットぴあキョードー東京カンフェティのみのようです(追記:3月30日からチケットJCBも同対応)。
公演日は4月29日>4月30日>4月27日の順に人気が高く、4月29日分は早々に「予定枚数終了」になりました。「販売終了」ではなくあくまで「予定枚数終了」という言い方です。その後「予定」が変わって在庫が補充されては「予定枚数終了」を繰り返していました。この傾向は最後まで続くと思われるので思うような席が確保できていない方は引き続き情報収集されることをお勧めします。
3月1日には各プレイガイドの在庫が一斉に増えましたが(追記:3月9日にも各プレイガイドの在庫が一斉追加)、3月3日19時頃ツアー公式サイトに4月27日公演「A席・B席 Sold Out!」4月29日公演・4月30日公演「全席種 Sold Out!」と掲載されました。実際はまだ全日購入可能ですので何か新たな動きを示唆しているのかもしれません。
追記:日本武道館公演発表(3月10日午前4時)の布石でした

「公式」は1月時点から予告されていましたが、PaulMcCartney.comのブログで正式発表されたのは2月19日18時ごろのことです。22日にアクセスコード"PAUL1ON1JAPAN"発表、23日18時から販売開始されました。残席のあるアリーナ/スタンドのブロックを指定可能で、座席番号を提示されたうえで購入可否を選択できるという、日本人にとっては画期的なシステムでした。羨望のアリーナA~Bブロックの座席も指定可能でしたが最前中央のA9~A11ブロックは販売されませんでした。
「公式」販売画面(B席売り切れ時の様子)
販売開始当初は申し込み手続き前にアクセスコードの入力が必要でしたが、1~2時間後には不要になっていたようです。その後21時過ぎにはSNSで広く存在が告知されました。このように段階的に門戸を広げていくのはこれまでの「公式」と同様です。その後、一般発売開始前日の2月24日23:59分に販売を終了しました。スタンド席の在庫は完売しませんでした。
現在ポール・マッカートニー公式サイトのツアー一覧
http://www.paulmccartney.com/live/
から日本公演の「PRE-SALE TICKETS」(その後「GET TICKETS」に変更)をクリックしても日本のツアー公式サイトに転送されるだけでそこでチケットが買えるわけではありません。

「公式」が始まるまでは前述の http://www.paulmccartney.com/live/ には公演日ごとに2つの「PRE-SALE TICKETS COMING SOON」というボタンがありました。一つはVIPパッケージを意図していたと思われます。しかしVIPパッケージは前週に販売終了しており、「公式」開始後はボタンが「PRE-SALE TICKETS」1つになって、その先で「Please note,VIP Packages are sold out.」(「注意:VIPパッケージは売り切れました」)と表示されるのみでした。
VIPパッケージ発売は2月14日22時に発表されました。ザ・ビートルズ・クラブキョードー東京から申し込みが可能でいずれも抽選でした。前者の抽選結果が出てから後者の申し込みが可能で、後者の抽選結果が出てから「公式」に挑戦可能でした。熱心なファンに配慮した良いスケジュールだと思います。キョードー東京分は当選確定後に決済手続きをゼロから行うので結果的にキャンセルが可能ですが、キャンセル分の再販売は現時点では行われていません。


1月1日から最速先行抽選販売を開始して以降、先行抽選販売が4回行われ、2月からは各プレイガイドで先行先着販売も行われましたが、現時点まで完売とはなっていません。主催者側はこれまでの日本公演以上に宣伝に力を入れ(駅広告、「ポール・マッカートニー交通情報」)、主催/後援メディアにPR記事(例:「A/B席発売!」「一般発売!」)を書かせたり特別番組を放送させたりしていましたので、予定より売れ行きは芳しくないと思われます。とはいえ、行きたい人にチケットが行きわたるこの状況を肯定的に受け止めたいです。売る側はそうも言っていられないでしょうから今後も何か手を打ってくると思われます。プロモーションにポール本人を担ぎ出してくることは充分にあり得ます(追記:日本武道館公演発表時のビデオレターが一例)。一般発売直前に主催のうち一社の表記が「電通」から「電通ミュージック・アンド・エンタテインメント」変わったことが何かに影響するかもしれません。

現時点でのチケット関連の関心事は下記です。
  • VIPパッケージ再販売の有無
  • 追加公演の有無(追記:その後日本武道館公演が決定)
  • アリーナ良席の行方
  • 新たなチケット拡販戦略とそれにまつわるポールの動向
  • より安価な席種追加の有無 (例:「参加席」「体感席」)
引き続き注視していきます。

2017年3月2日木曜日

ムッシュかまやつさん死去 ビートルズとの関係

ミュージシャンのムッシュかまやつ(かまやつひろし)さんが2017年3月1日に亡くなりました。78歳でした。

ビートルズを語るムッシュ(2012年ごろ)
 ビートルズのアメリカ編集盤「MEET THE BEATLES」(1964年)に衝撃を受け、ザ・スパイダースにビートルズ要素を注入することで日本のグループサウンズブームのきっかけをつくりました。当初は積極的にビートルズの曲を演奏していたようで、ザ・スパイダースは当時日本最高のビートルズコピーバンドであったと言えるかもしれません。

かまやつさんが作曲したザ・スパイダースの代表曲「ノー・ノー・ボーイ」の歌いだしはビートルズの「Ticket To Ride」のサビから引用したそうです。
1966年のビートルズ来日公演の際にザ・スパイダースは前座のオファーを受けたものの断って客席からビートルズの演奏を見たというのは有名なエピソードです。なお、ビートルズ日本滞在時のホテルの部屋にザ・スパイダースのアルバムが運び込まれていたそうで、ビートルズも聴いたかもしれません。

 2006年のビートルズ来日40周年の際のコメント
https://www.j-wave.co.jp/beatles40th/rv/0606.htm
かまやつさんは49年後のポール・マッカートニー日本公演にも来場しています。

ザ・スパイダースはビートルズと同じ1970年に解散しました。その後1970年代後半にジョン・レノンはオノ・ヨーコと頻繁に来日するようになりましたが、定宿としていたホテルオークラでかまやつさんはジョンに遭遇したそうです。
ビートルズ現役時代最後の映画「Let It Be」が1980年代に日本でテレビ放送された際はかまやつさんがナレーションを加えていました。当時から「ビートルズと言えばかまやつひろし」 という存在だったのでしょう。

2001年のDream Power ジョン・レノン スーパー・ライヴの第一回に出演、2009年9月9日のビートルズのリマスター盤発売監禁イベントに出席するなど、ビートルズとの結びつきは晩年まで続きました。
くす玉を割るかまやつさん
かまやつさんがトリを務めるライブイベントに甲虫楽団も出演させていただいたことがあります。2012年2月12日のことです。甲虫楽団は早々に出演を終えたのでかまやつさんに演奏を見ていただくことはできませんでしたが、かまやつさんの演奏はメンバー一同拝見しました。エレキギター1本の弾き語りにも拘わらずそのグルーブと迫力に圧倒されました。イベント終了後の打ち上げでのきさくなお人柄も忘れられません。
2012年2月12日 ムッシュかまやつ
2012年2月12日 甲虫楽団