2017年5月12日金曜日

Rickenbackerのベース Limited Model 4001S Special Satin Mapleglo発売

ポール・マッカートニーが使用したリッケンバッカーのベースを意識した新製品「Limited Model 4001S Special Satin Mapleglo」の発売が2017年5月8日に発表されました。市場価格は税込428,000円です。同種のベースが発売されるのは2014年以来です。2014年版の当時の市場価格は税込399,900円でしたので3万円弱値上げしたイメージです。
Limited 4001S SPL Satin Mapleglo!! - News:リッケンバッカー日本版ウェブサイト:rickenbacker-jp.co
リッケンバッカーから、人気の4001Sが国内限定モデル「RICKENBACKER Limited Model 4001S Special Satin Mapleglo」として登場(GAKKIソムリエ)

ナチュラルカラー(明確な色を付けていない)をリッケンバッカーではメイプルグローと呼びますが、今回はさらにサテンの風合いということでサテンメイプルグロー略してSMGとしています。

2014年版は24本国内入荷ですが、今回は35本とのことです。2014年版との違いはリアピックアップが現行の4003モデルでも採用されているローカットコンデンサをオンオフ可能なVTC(ビンテージ・トーン・サーキット)、 ネックのヒール(ボディと合体している箇所の裏側の部分)の形状が四角い「スクエア・ネックヒール」(または単に「スクエアヒール」)の2点のようです。前者は最新技術の搭載、後者はビンテージの仕様により近づけた、という状況です。

2ピースネックだったり(本来は1ピース)、ヘッドの形状がこじんまりしているなどのポール使用器との仕様のズレがありますが、現行品では4001Sタイプの商品は存在しませんので選択肢に入ってきます。

2014年版の記事もご参照ください。
Rickenbacker ビートルズ使用器を意識したギター/ベースを24本ずつ限定発売


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]
Rickenbacker LTD 4001S SPECIAL (Satin Mapleglo)
価格:428000円(税込、送料無料) (2017/5/12時点)



2 件のコメント:

  1. ウイングスのロックショウが新しくリリースされて映像も音も格段に良くなったのを見て、リッケンバッカーとフェンダーでこんなに鳴りが違うんだと思った。
    「あれ?ポール弾いてんのかな?」って箇所が時々ある。弾いてるけど。
    昔、楽器屋の店員が「リッケンって鳴らすの難しいんだよね~」って言ってたのを思い出した。

    ビートルズの昔の曲解説でも「リッケンバッカー特有のガリガリした~」なんて書かれていた曲も、近年の研究で実はフェンダージャズベースだった事が判ったり。
    アビーロードはジャズベースじゃなかったっけ?

    ポールがリッケンバッカーを弾いてるところが見たかった。
    もう見れないって言い切っても良いでしょう。

    ※90年に来日した時ウォルのベースだったのにガッカリした記憶がある。それほど5弦のメリットが感じなかった...

    返信削除
  2. コメントありがとうございます。

    「リッケンバッカー特有のガリガリした~」はポール以降の使用アーティストのイメージの影響を受けているだけで、ポールがビートルズ時代にガリガリさせたことは無いと僕も思います。

    アビーロードは「ブラックナイロンを張ったジャズベース」という説が多かった気がしますが、ブラックナイロンといえばヘフナーということで、ゲットバックセッションの流れでアビーロードでもへフナーを多用しているのではないかと思っています。

    返信削除