2017年7月26日水曜日

TVアニメ『天使の3P!』に”へフナー”バイオリンベース登場

2017年7月10日から放送開始されたアニメ『天使の3P!』に”ヘフナー”のバイオリンベースが登場しています。
以前当ブログでも紹介したライトノベルのアニメ化です。小学生がビンテージ楽器を使って3P(スリーピース)バンドで活動するお話です。原作は小説ですので楽器がたまに挿絵で登場する程度でしたが、今回はアニメということで様々なアングルで動きまくります。

ベース担当の紅葉谷 希美が弾いているベースのメーカーは見るからにヘフナーですがヘフナーはヘフナーでも HofnerではなくHefnarです。
Hefnarロゴ(紅葉谷希美使用器)
ナットの溝の意味がわかっていない・・・そもそも弦が細い
Hofnerのロゴ(ポール・マッカートニー使用器)
ビンテージのバイオリンベースの最高峰といえばHofner 500/1のポール・マッカートニー使用器ですが、ライトノベルで描かれていたのはエスカッション(またはマウントリング:ピックアップをボディに固定する部品)が大振りでボディと平行にネジ頭が見える、ネックのバインディング(白い縁取り)があるなどポール使用器(1962年~1963年製仕様)とは異なる1965年製風の仕様でした。今回のアニメでもアップのシーンでは同じ仕様で描かれることがあります。
エスカッションのネジとネックバインディングに注目
とはいえ、全般的にはやはりポール・マッカートニー使用器の仕様を意識しているようなので、設定上はポール使用器とドンズバであり単に細部を描く際に使用している参考資料が間違っているだけなのでしょう。
エスカッションにネジ無し○ ピックアップのネジがプラス×
2連ペグ○
エスカッションの高さが二つとも同じ× ピックアップに映る弦の影を溝と勘違いしている…
ジャック位置×(ポール使用器はもっと左) コントロールパネルのスイッチが全部白○
寄りの絵だとエスカッションにネジを描いてしまう× コントロールパネルのセッティング〇
指板のRが小さい○ ヘッドにバインディングが無い× 0フレットが無い×
ストラップピンをつけている×(現代のポールはつけているが)
全体的にはよく描けていると思いますが、前述のエスカッションに加え、ヘッドにバインディングが無い、ピックガードの色が白すぎる、という点から廉価版のヘフナーに似てしまうのが残念です。

廉価版のIGNITION BASS
紅葉谷希美モデルを追及したい方、ポール使用器と同等のビンテージだと100万円超えてもおかしくありませんので現行品で最も近いHofner Vintage 62 World History Premium 3rd(新品で30万円前後)をお勧めします。

甲虫楽団からのお知らせ

我々甲虫楽団は「Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band」リリース50周年を記念してアルバム全曲通しライブを開催します。103名を動員して好評を博した7月のライブの再演です。
Hofnerのバイオリンベースと並んでポール・マッカートニーのトレードマークであるRickenbackerのベースが大活躍します。
 甲虫楽団Presents【祝Sgt.Pepper'sリリース50周年 完全再現ライブ(Reprise)】
日付:2017年9月17日(日)
開場:17:30
開演:18:30 ※アルバム全曲/その他の曲の2ステージ構成。間に休憩を挟みます
終演:21:00予定 ※その後BarTimeでメンバーとお客様で歓談~22:30
場所:湯島「ファビュラスギターズ」 東京メトロ千代田線「湯島駅」4番出口より徒歩2分
料金:2500円(1ドリンク込)

ファビュラスギターズさんにて予約受付中です。→http://fabulous-guitars.com/archives/4068
ご来場お待ちしております。


2017年7月22日土曜日

レビュー:『MUSIC LIFE サージェント・ペパー・エディション』2017年7月12日発売

MUSIC LIFE サージェント・ペパー・エディション<シンコー・ミュージック・ムック>が2017年7月12日に発売されました。2017年上半期の日本のビートルズ界を総括する決定版の内容です。
目次(クリックで拡大します)
MUSIC LIFE サージェント・ペパー・エディション<シンコー・ミュージック・ムック>

本書の前半は今年6月に50周年を迎えたビートルズのアルバム「Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band」の特集です。50年の歩みを節目(0、10、20周年、、、)の出来事やそれを報じるメディアを引用し、思い出補正を極力排除して整理しています。語り尽くされてきたレコーディング時のエピソードにほとんど触れていないのがかえって好印象です。
 その後50周年記念盤を徹底的に分析しています。ほぼ最上位エディションを持っている人向けの内容です。
 本書の後半は今年4月のポール・マッカートニー日本公演の特集です。感情論に走り過ぎることなく演奏そのもの(セットリスト、楽器、演奏の出来)に注目して全公演を横断的に分析しているのが特徴的です。

この二つのテーマについては今年すでにいくつか書籍が発売されていましたが、正直物足りなさを感じるものばかりでした。本書はあまり厚い本ではありませんが、内容は濃いです。 サージェント・ペパーズのスーパー・デラックス・エディションを持っていて今年のポール来日公演に2公演以上行った方は全員読むべき本だと思いました。

あまりほめ過ぎるのもバランスが良くないので最後にいくつか意見を述べておきます。
  • 表紙の写真の品質が低いです
  • 「ポールが日本公演でステージに客を上げるのは初めて」 という類の記述が何度かありましたが、2002年にも実施しているようです(僕もこのブログで指摘を受けました)
  • ポール日本公演来場者のインタビューはもう少しコンパクトにもっと多くの人を掲載したらよいと思いました

甲虫楽団からのお知らせ

我々甲虫楽団は「Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band」リリース50周年を記念してアルバム全曲通しライブを開催します。103名を動員して好評を博した7月のライブの再演です。
 甲虫楽団Presents【祝Sgt.Pepper'sリリース50周年 完全再現ライブ(Reprise)】
日付:2017年9月17日(日)
開場:17:30
開演:18:30 ※アルバム全曲/その他の曲の2ステージ構成。間に休憩を挟みます
終演:21:00予定 ※その後BarTimeでメンバーとお客様で歓談~22:30
場所:湯島「ファビュラスギターズ」 東京メトロ千代田線「湯島駅」4番出口より徒歩2分
料金:2500円(1ドリンク込)

ファビュラスギターズさんにて予約受付中です。→http://fabulous-guitars.com/archives/4068
ご来場お待ちしております。


2017年7月7日金曜日

「All You Need Is Love」発売50周年記念ベースTAB譜

2017年7月7日はリンゴ・スター77歳の誕生日で世界中盛り上がっていますが、ビートルズ15枚目のシングル「All You Need Is Love」」イギリス発売50周年でもあります。 同曲風のベースタブ譜を共有します。
http://www.kouchu.info/Bass32.pdf
1967年6月25日に放送された世界初の衛星中継テレビ番組「Our World」の中で公開レコーディングが行われました。ベースはこの時に一発勝負で録音されたので、フレーズ自体は無難なものになっていますが、そのぶん間を重視した非常に 真似しにくい演奏です。

甲虫楽団からのお知らせ

我々甲虫楽団は「Magical Mystery Tour」リリース50周年を記念してアルバム全曲通しライブを開催します。All You Need Is Loveも演奏します。

日時:2017年11月18日(土)18:15開場 19:00開演 21:30終演予定

内容:1stステージ『Sgt.Pepper's Lonely Hearts Club Band』全曲
   2ndステージ『Magical Mystery Tour』全曲+α
   ※終演後22:30の閉場までご飲食・ご歓談いただけます

場所:江古田「Live House Buddy(バディ)」
    西武池袋線江古田駅南口すぐ
http://www.buddy-tokyo.com/

料金:3000円(1ドリンク込み)
   学生1000円(ドリンク含まず。受付時に学生証を提示してください)
   ※予約不要・全席自由です。来場順にお好きな席にご着席いただけます。
   ※席数に余裕があるためご予約は受け付けておりませんが
    ご来場を予定されている方はお名前と人数を
    メンバーへまたは「応援メッセージ送信フォーム」(→ https://goo.gl/Vgs9oy )よりお知らせいただければ幸いです。
    来場者数見込みを把握したくご協力をお願いいたします。
   ※前売券の販売はありません。