2018年8月30日木曜日

「Hey Jude」発売50周年記念ベースタブ譜

2018年8月30日はビートルズ18枚目のシングル「Hey Jude」イギリス発売50周年です。同曲風ベースTAB譜を共有します。
http://www.kouchu.info/Bass35.pdf
説明無用の大名曲です。地球規模でいうとビートルズで最も有名な曲のような気がします。メロディや演奏はシンプルそのものでそれが普遍性につながっているのかもしれません。ポールもその点意図したようで、ジョージ・ハリスンが歌に呼応するメロディを弾きたがったのを制したらしいです。ベースも時々印象的なフレーズがあるものの全体的には抑え気味で音量も小さいです。
一人気を吐くのはリンゴ・スターのドラムです。2番の途中から異例の長さのフィルインで参加します。これはトイレに立っていたリンゴが演奏の途中から慌てて合流してタイミングが間延びしたためという説があります。その後も最後までアイデア豊かなフィルインを聞かせてくれます。
この曲はジョン・レノンの息子であるジュリアンに贈られた曲という見方が一般的です。ジュリアン本人もその自覚があるようで50周年を祝うコメントをツイートしました。※アメリカでは8月26日が発売日

2018年8月24日金曜日

ポール・マッカートニー出演「カープール・カラオケ」拡大版 米CBSで放送

米TV番組『The Late Late Show with James Corden』の名物コーナー「カープール・カラオケ」にポール・マッカートニーが出演した回の大反響を受けて、未公開映像を約20分追加した特別番組『Carpool Karaoke: When Corden Met McCartney Live from Liverpool』が2018年8月20日に米CBSで放送されました。
Carpool Karaoke: When Corden Met McCartney Live From Liverpool (CBS)
ポール・マッカートニー、カープール・カラオケが1時間のゴールデン特番として放送されることに(NME)

特番の告知コント。リバプール案内のお返しにジェームズ・コーデンが自身の番組の制作現場をポールに紹介する。ジェームズはご満悦だがポールにとっては退屈のようで・・・

6月の本放送についての当ブログの記事は→こちら
この特番ではカラオケ感はさらに薄まり、ポールのサプライズギグの模様を中心に、車中やビートルズスポットでのトークシーンをちりばめた構成になっています。本放送ではかぶせられていた歓声や拍手は無く、おだやかでしっとりとした作りです。

サプライズギグで演奏した下記の曲のうち★■の抜粋が放送されました。■は今回の特番で初めて公開された映像です。

A Hard Day's Night★
Ob-La-Di, Ob-La-Da★
Jet
Drive My Car■
Come On to Me■
I've Just Seen a Face
Love Me Do★
I've Got a Feeling
I Wanna Be Your Man■
Back in the U.S.S.R.★
Birthday■
Lady Madonna■
Hey Jude★

その他特番で追加されたシーン
・リバプールの今と昔 少年時代の過ごし方
・マッカートニーという名前(ジェームズ・コーデンの息子はMax McCartney Corden)
・ポールがリバプールに戻ったときの温かさ
・リバプール港のビートルズ像を見に行く二人
・ファン対応の心得
・コンデンスミルクが夢だった
・かつて壁をよじ登って自分の家の二階の部屋に入ったポール
・日本での逮捕
 →ポール・マッカートニー、日本の留置所で過ごした9日間について語る(NME)
・ビートルズ都市伝説  (ポール死亡説等)
・グラミー賞授賞式後のパーティーで門前払い
 →ポール・マッカートニーとベックら、グラミー賞のアフター・パーティで追い返される(NME)

来日公演のプロモーションで日本でも放映されることを期待します!

2018年8月17日金曜日

アレサ・フランクリン死去 ビートルズの曲のカバーまとめ

「ソウルの女王」アレサ・フランクリンが2018年8月16日に亡くなりました。76歳でした。奇しくも同日は「ロックンロールの王」エルヴィス・プレスリーの命日でもあります。
フランス盤シングル「Let It Be」のジャケット

ポール・マッカートニーとリンゴスターはSNSにコメントを出しました。ポールが掲載しているアレサ・フランクリンの写真は亡妻リンダ・マッカートニーが撮影したものです。
76歳といえばポールと同い年です。ポールとアレサ・フランクリンの関係については「Let It Be」が最も有名でしょう。ポールはビートルズが当時お蔵入りにしていた「Let It Be」をアレサ・フランクリンに歌ってくれるよう依頼したそうです。ビートルズ版はその後紆余曲折の末1970年3月にリリースされましたが、それより2か月早くアレサ・フランクリン版がリリースされています。

他にもビートルズ時代のポールの曲をカバーしています。ポールの曲はR&Bシンガーとの相性が良いようです。

「The Long and Winding Road」はビートルズ版同様、ビリー・プレストンがオルガンで参加しています。

「Eleanor Rigby」については歌詞を変えて「私はEleanor Rigby」と一人称で歌っています。この映像のライブではビリー・プレストンがオルガンで参加しています。

アレサ・フランクリンとビリー・プレストン


素晴らしい歌をありがとうございました。

2018年8月15日水曜日

ポール・マッカートニー2018年日本公演決定までの流れ

2018年8月8日に日本公演を発表するまでの今年のポール・マッカートニーの動きを整理します。

2018年前半のポールは鳴りを潜めていましたが、6月に入って急加速しました。

6月9日
ポールとジェームズ・コーデンがリバプールで撮影している様子が目撃される。
パブでのシークレットライブで新曲を演奏。
これは「Carpool Karaoke」の収録で「Come On To Me」を演奏したことが後に判明
セットリスト

6月10日
ポールのSNSに謎の画像が連投され始める。ニューアルバムかイベント出演かと噂される。
6月18日 ※ポールの誕生日
一連の謎の画像の締めくくりとして「Egypt Station」というロゴが明かされる。
以降投稿される画像はポールのレコーディング風景が中心となる。

6月19日
両A面シングル ‘I Don't Know’/‘Come On To Me’を翌日から配信することを発表


6月20日
ニューアルバム『Egypt Station』9月7日発売を発表
前後してラジオ番組や雑誌でインタビューに回答

Paul McCartney on new album 'Egypt Station' and collaborating with the next generation:
Paul McCartney’s Producer Greg Kurstin Breaks Down ‘Egypt Station’

6月21日
「Carpool Karaoke」放送
くわしくは→こちら

7月3日
新ツアー『FRESHEN UP』を発表。9月17日カナダ公演が初日。
その後イギリスやヨーロッパツアー日程を随時発表。

7月23日
ロンドンのアビーロードを訪れ横断歩道を歩くパフォーマンス。
Paul McCartneyさん(@paulmccartney)がシェアした投稿 -

その後ビートルズの多くの曲を録音した第2スタジオでライブを開催。
セットリスト
『Egypt Station』から4曲演奏

7月25日
LIPA(Liverpool Institute for Performing Arts)で『Casual Conversation』(「Come On To Me」の歌詞から引用)を開催
その後アコースティックライブを実施
セットリスト
ビートルズの「From Me To You」を1964年以来、ソロで初披露

7月26日
リバプールのキャヴァーン・クラブで緊急ライブ。チケットは同日午前から配布開始。

セットリスト
エディ・コクランの「Twenty Flight Rock」を2005年以来演奏

7月27日
LIPAの卒業式に出席


7月31日
ファンからの質問に答える映像を公開。
収録場所はアビーロード(7/23)、LIPA(7/25)、キャヴァーン・クラブ(7/26)と多彩。

『Abbey Road』のアルバムジャケットでポールだけ裸足なのは「単に暑かったから」。「ライブでの再現が難しいのは『Being For The Benefit Of Mr. Kite!』」。ことあるごとに名前があがるのでそうとう気に入っているようです。

8月8日
日本公演発表


怒涛のプロモーション活動でした。逐一日本のテレビでも紹介されていて、こんな細かなニュースまで日本で需要があるものなのかと驚いていましたが、今思うと日本公演への布石ということなのでしょう(露出を増やしてチケット売上に繋げる)。

今後も 「Fuh You」シングルカット(8/15)、「Carpool Karaoke」拡大版放送(8/20)、もちろん日本公演新情報(追加公演?VIP?)まだまだ話題は続きます。

「Carpool Karaoke」拡大版告知コント↓

2018年8月8日水曜日

ポール・マッカートニー2018年10月~11月来日公演チケット販売情報まとめ

※ポール・マッカートニー2018年日本公演関連の全投稿は→こちら
※この投稿の更新は2018年11月8日に終了しました。

ポール・マッカートニーが2018年10月~11月に来日公演を実施することを発表しました。2018年8月8日早朝に情報解禁となりました。
2017年4月30日東京ドーム公演での写真をツアーイメージ画像に採用
PAUL McCARTNEY FRESHEN UP JAPAN TOUR 2018
ポール・マッカートニー フレッシュン・アップ・ジャパン・ツアー2018
ポール・マッカートニー フレッシュン・ジャパンツアー2018(日本ツアー公式サイト)
『ポール・マッカートニー フレッシュン・アップ ジャパン・ツアー2018』開催決定!(プレスリリース)
Paul Announces Japan Dates(ポール・マッカートニー公式サイト)9月3日更新

■公演日程
2018年10月31日(水)、11月1日(木) 東京ドーム公演
2018年11月5日(月) 両国国技館公演 ※9月28日午前4時発表
2018年11月8日(木) ナゴヤドーム公演

■料金(全席指定・税込)
ドーム公演 S席:18,500円、A席 :16,500円、 B席:14,500円
東京ドーム座席配置(色付きは公式サイト経由でチケット販売した箇所)
ナゴヤドーム座席配置(色付きは公式サイト経由でチケット販売した箇所)
両国国技館公演 38,500円 (21歳以下限定2,100円席あり)

<ドーム公演 サウンドチェック参加券/VIPパッケージ>
 9月2日23時実施発表 9月3日7時半詳細発表
http://freshenup-japantour.jp/vip_jp.php
サウンドチェック参加券 67,000円
VIPパッケージ#1 93,500円
VIPパッケージ#2 83,500円

VIPパッケージ/サウンドチェック参加券の内容は、VIPパッケージ#2の本公演の席の説明文が「4列目〜9列目」から「3、4列目〜8列目」に変更された以外(ただし、実質的に存在する「前から数えて2番目〜7番目の列」である点は同じ)は料金や注意事項などすべて2017年と同じです。過去のVIPパッケージについては→http://blog.kouchu.info/search/label/VIPPackage

チケット一般販売>
ドーム公演 9/7 10:00~

両国国技館公演 10/12 10:00~


ドーム公演
8/8 4:00~8/14 23:59 「ポール・マッカートニー」最速プレリザーブ(チケットぴあ)※抽選
8/8 ~8/13 23:30 ~8/14 22:00(決済方法による)第1次チケットのファンクラブ先行受付(ザ・ビートルズ・クラブ既存会員限定)※振替/抽選発生せず申込者全員分確保
8/8 11:00~8/14 23:59 ポール・マッカートニー(東京・愛知)(ぴあカード会員限定)※抽選
8/15 18:00~8/18または8/19の22:00(決済方法による)「2回目のファンクラブのチケット先行受付」 ※1回目申込者も追加申し込み可能。非会員も入会と同時に申込み可能※振替/抽選発生せず申込者全員分確保
8/20 9:00~23:59 J-WAVE先行予約 ※東京公演  ※予定枚数終了せず
8/15 11:00~8/21 23:59 2次プレリザーブ(チケットぴあ) ※抽選
8/27 TOKYO FM ※東京公演
8/22 11:00~8/28 23:59 3次プレリザーブ(チケットぴあ) ※抽選
8/30  5:00~25:00 ZIP-FM ※名古屋公演
8/31 7:00~24:00 Radio NEO ※名古屋公演
9/1 18:00~ FM802 ※名古屋公演
8/30 10:00~9/2 23:59  CNプレイガイド 東京
8/30 10:00~9/3 18:00 イープラス 名古屋
8/30 10:00~9/3 21:00 Yahoo!チケット 名古屋
8/30 10:00~9/3 23:59 チケットぴあ 東京 名古屋
8/30 10:00~9/3 23:59 CNプレイガイド 名古屋 
8/30 10:00~9/3 23:59 ローソンチケット 東京 名古屋
8/30 10:00~9/3 23:59 キョードー東海 名古屋
8/30 10:00~9/3 23:59 楽天チケット 名古屋
9/3 10:00~18:00 @FM ※名古屋公演
9/3 11:00~9/5 10:00 キョードー東京 サウンドチェック参加券 VIPパッケージ#1 VIPパッケージ#2
9/3 12:00~9/5 10:00 ザ・ビートルズ・クラブ ※サウンドチェック参加券&VIPパッケージ
9/3 12:00~9/5 11:59 CNプレイガイド 東京 
8/30 10:00~9/5 18:00 イープラス 東京
8/28 19:00~9/4 22:00または~9/5の20:00(決済方法による)3回目の「ファンクラブのチケット先行受付」 ※9月1日「これが最後の最後のファンクラブ先行受付」であると明言
8/30 11:00~9/6 18:00 キョードー東京
9/6 7:00~23:00 InterFM897
9/5 10:00~9/7 10:00 PaulMcCartney.com先行販売 ※購入時に座席選択可能
8/22 10:00~9/30 23:00 チケットJCB
8/22~ チケットセディナ 東京
8/22~ ルクサ 東京 名古屋
8/28~ au WALLET Market 東京 名古屋
8/30~10/9 カンフェティ 東京
8/22~10/9 チケットセディナ 名古屋 
8/30~10/10 ベネフィット・ワン 名古屋
8/22 10:00~10/12 三菱UFJニコス チケットサービス
チケットぴあ 東京 名古屋 ※決済前に座席番号確認可能
CNプレイガイド 東京 名古屋
ローソンチケット 東京  名古屋
イープラス 東京 名古屋
キョードー東京
キョードー東海 ※決済前に座席番号確認可能 ※名古屋公演
中日新聞 ※名古屋公演
楽天チケット ※名古屋公演
Yahoo!チケット ※名古屋公演
フジテレビダイレクト  ※決済前に座席番号確認可能 ※東京公演
RECOfan渋谷BEAM店(9/17~) ※東京公演 ※店頭販売のみ
チケットぴあ 東京 ※当日引換券
ローソンチケット 東京 ※当日引換券
イープラス 東京 ※当日引換
キョードー東京 ※当日引換券
チケットぴあ 名古屋 ※決済前に座席番号確認可能
ローソンチケット 名古屋
イープラス 名古屋
キョードー東海 ※決済前に座席番号確認可能 ※名古屋公演
中日新聞 ※名古屋公演
Yahoo!チケット ※名古屋公演
RECOfan渋谷BEAM店(9/17~) ※東京公演 ※店頭販売のみ
10/31、11/1 15:30~ 東京ドーム当日券 ※S席のみ
チケットぴあ 名古屋 ※当日引換券
ローソンチケット 名古屋 ※当日引換券

両国国技館公演
9/28 4:00~10/3 23:59 チケットぴあ 最速プレリザーブ先行
9/28 4:00~10/2 10:30 ザ・ビートルズ・クラブ  抽選エントリー
10/9 9:00~12:00ごろ PaulMcCartney.com presale
10/5 18:00~10/9 23:59 チケットぴあ 2次プレリザーブ先行 ※注釈付
チケットぴあ
フジテレビダイレクト
11/2 10:00~U21席



チケット販売スケジュールについて把握できる限り公開カレンダーに追加していきます→ ポール・マッカートニー ジャパン・ツアー 2014-2018 チケット販売スケジュール
カレンダー右下の+ボタンをクリックするとご自身のGoogleカレンダーに表示されるので便利です。

すっかり日本公演がルーティンに組み込まれたようです。ニューアルバム『Egypt Station』、ニューツアー「FRESHEN UP」 が発表されましたので日本公演は予想されましたが、2年連続の来日とは思いも寄りませんでした(公演中止を挟んだ2013年~2015年は3年連続来日でしたが)。
今回はポール・マッカートニー初の名古屋公演となりました。 ポール&名古屋というと1980年の幻のウイングス愛知県体育館公演(ポール逮捕で中止)を思い出す方も多いと思います。
チケット料金は2017年公演よりそれぞれ500円値上げされています。2013年公演と比べると2000円上がっています。

2013年以降のツアー日程をおさらいしておきます。

■2013年
11/11(月)京セラドーム ※追加公演
11/12(火)京セラドーム
 
 
11/15(金)ヤフオク!ドーム 
 
 
11/18(月)東京ドーム 
11/19(火)東京ドーム 
 
11/21(木)東京ドーム

■2014年
5/17() 国立競技場 ※中止
5/18() 国立競技場 ※中止
5/19(月) 国立競技場 ※振替・中止
 
5/21(水) 日本武道館 ※追加公演・中止
 
 
5/24() ヤンマースタジアム長居 ※中止

■2015年
4/21(火)京セラドーム 
 
4/23(木)東京ドーム
 
4/25()東京ドーム
 
4/27(月)東京ドーム
4/28(火)日本武道館 ※追加公演

■2017年
4/25(火) 日本武道館 ※追加公演
 
4/27(木) 東京ドーム
 
4/29() 東京ドーム
4/30() 東京ドーム

■2018年
10/31(水) 東京ドーム
11/1(木) 東京ドーム
 
 
 
11/5(月)両国国技館 ※追加公演 9月28日午前4時発表
 
 
11/8(木)ナゴヤドーム

2018年ツアー発表時点での予定がスカスカなのでなんらかのイベントの開催は必至でしょう。これまでの5年間の日本公演でポールが公演の間を開けるのは最大でも2日間で都市を移動する場合だけでした。
追記:9月1日11時頃配信のザ・ビートルズ・クラブからのチケット売り込みメールに「東京・名古屋以外での公演は予定されていません。お申込みのタイミングを逃してしまった方は、お早めに!」 という記述あり。果たしてこれの意味するところは・・・?
追記:9月7日10時に大阪や福岡での公演無しと明言されました
追記:9月28日4時に両国国技館公演が発表されました。

11/3は我々甲虫楽団ホワイトアルバム50周年記念全曲演奏ライブ@東京・江古田なのでポールの公式イベントが被るのはなんとか避けたいところです・・・

過去の公演の記事は以下からまとめてご覧いただけます。
2013年
2014年
2015年
2017年