2018年8月15日水曜日

ポール・マッカートニー2018年日本公演決定までの流れ

2018年8月8日に日本公演を発表するまでの今年のポール・マッカートニーの動きを整理します。

2018年前半のポールは鳴りを潜めていましたが、6月に入って急加速しました。

6月9日
ポールとジェームズ・コーデンがリバプールで撮影している様子が目撃される。
パブでのシークレットライブで新曲を演奏。
これは「Carpool Karaoke」の収録で「Come On To Me」を演奏したことが後に判明
セットリスト

6月10日
ポールのSNSに謎の画像が連投され始める。ニューアルバムかイベント出演かと噂される。
6月18日 ※ポールの誕生日
一連の謎の画像の締めくくりとして「Egypt Station」というロゴが明かされる。
以降投稿される画像はポールのレコーディング風景が中心となる。

6月19日
両A面シングル ‘I Don't Know’/‘Come On To Me’を翌日から配信することを発表


6月20日
ニューアルバム『Egypt Station』9月7日発売を発表
前後してラジオ番組や雑誌でインタビューに回答

Paul McCartney on new album 'Egypt Station' and collaborating with the next generation:
Paul McCartney’s Producer Greg Kurstin Breaks Down ‘Egypt Station’

6月21日
「Carpool Karaoke」放送
くわしくは→こちら

7月3日
新ツアー『FRESHEN UP』を発表。9月17日カナダ公演が初日。
その後イギリスやヨーロッパツアー日程を随時発表。

7月23日
ロンドンのアビーロードを訪れ横断歩道を歩くパフォーマンス。
Paul McCartneyさん(@paulmccartney)がシェアした投稿 -

その後ビートルズの多くの曲を録音した第2スタジオでライブを開催。
セットリスト
『Egypt Station』から4曲演奏

7月25日
LIPA(Liverpool Institute for Performing Arts)で『Casual Conversation』(「Come On To Me」の歌詞から引用)を開催
その後アコースティックライブを実施
セットリスト
ビートルズの「From Me To You」を1964年以来、ソロで初披露

7月26日
リバプールのキャヴァーン・クラブで緊急ライブ。チケットは同日午前から配布開始。

セットリスト
エディ・コクランの「Twenty Flight Rock」を2005年以来演奏

7月27日
LIPAの卒業式に出席


7月31日
ファンからの質問に答える映像を公開。
収録場所はアビーロード(7/23)、LIPA(7/25)、キャヴァーン・クラブ(7/26)と多彩。

『Abbey Road』のアルバムジャケットでポールだけ裸足なのは「単に暑かったから」。「ライブでの再現が難しいのは『Being For The Benefit Of Mr. Kite!』」。ことあるごとに名前があがるのでそうとう気に入っているようです。

8月8日
日本公演発表


怒涛のプロモーション活動でした。逐一日本のテレビでも紹介されていて、こんな細かなニュースまで日本で需要があるものなのかと驚いていましたが、今思うと日本公演への布石ということなのでしょう(露出を増やしてチケット売上に繋げる)。

今後も 「Fuh You」シングルカット(8/15)、「Carpool Karaoke」拡大版放送(8/20)、もちろん日本公演新情報(追加公演?VIP?)まだまだ話題は続きます。

「Carpool Karaoke」拡大版告知コント↓

0 件のコメント:

コメントを投稿