2013年5月10日金曜日

“メディアリッチ劇場型コンサート”「LET IT BE」ブロードウェイ進出

「LET IT BE」2014年3月来日公演が決定しました。今後以下で追跡していきます。
http://blog.kouchu.info/search/label/LIB-Show
以前の投稿(1)(2)で紹介したミュージカル「LET IT BE」が今夏ニューヨークのブロードウェイで上演されることが決定しました。
このポール役はRAINの一員として来日したIan B. Garciaのようです。


2012年9月にロンドンのプリンス・オブ・ウェールズ・シアターで初演を迎えた「LET IT BE」は2013年に入って同じくロンドンのサヴォイ・シアターに場所を移し公演中です。
今回アメリカ用にキャスト&スタッフを新調し2013年7月16日~2013年12月29日の予定でブロードウェイのセント・ジェームズ・シアターで上演されます。その間ロンドンでも常設公演として継続します。

「LET IT BE」は2012年に日本公演を行なった「RAIN - A Tribute to The Beatles(レイン~ビートルズに捧ぐ)」と同じくAnnerin Productions(トリビュートショーのプロデュース会社)が関与しているようです。RAINとの違いは不明ですが、"state-of-the-art projection technology and 3-D sound"を売りにしているようなので、よりテクノロジーを進歩させた派手なステージなのかもしれません。

RAINも2010年~2011年にブロードウェイでショーを行いました。その際は200万ドルを売り上げたそうです。

2 件のコメント:

  1. ponion from Fukuoka2013年5月11日 21:15

    YouTubeで"Let It Be London"の映像を見ましたが、60年代回顧の映像がイギリス中心みたいな他はブロードウェイのRAINと構成が同じに見えました(実物はどちらも見ていないのであくまでYouTube上での比較ですが)。
    Created by (RAINの)Joey Curatoloとあり、道理で・・という感じですが、なぜまたアメリカに持っていくのでしょうか~
    ネットのレビューでは、「最高に楽しいショー」というのもあれば、「上手なミュージシャンがビートルズの曲を演奏しているだけのコンサート」「顔も声も似ていない」「前期の曲にライブの活気がない」と意見が分かれ、全体的には評価が今ひとつみたいでした。
    私が見た映像ではほとんどJohn役がMCをやっていて、Johnが低めの声で「みんな楽しんでる?」なんて言うのはちょっと違和感がありました。

    返信削除
  2. コメントありがとうございます。

    確かに同じ会社があえてRAINとは別のブランドを作ってアメリカで公演を行なう理由が不明です。アメリカ=RAIN、イギリス=LET IT BEと棲み分けているのかと思っていました。

    http://www.billboard-japan.com/d_news/detail/12203
    によると、より後期に重点を置いているようなのでその点がRAINと異なるのかもしれません(前期の曲が上手に演奏できないだけ??)。

    返信削除