2012年5月18日金曜日

リンゴ・スター映画「Let It Be」のリリースの可能性について語る


スティーブ・ルカサーやトッド・ラングレンを従えた「All Starr Band」ツアーを2012年6月から開始するリンゴ・スターがRolling Stone誌の独占インタビューに答えました。


Exclusive Q&A: Ringo Starr on his Upcoming Tour and the Elusive 'Let It Be' DVD

http://www.rollingstone.com/music/news/exclusive-q-a-ringo-starr-on-his-upcoming-tour-and-the-elusive-let-it-be-dvd-20120517

ビートルズ関連について語ったことは


  • All Starr Bandで「Octopus's Garden」を演奏しなかったのは「Yellow Submarine」より難しいから。
  • 今回のツアーでは「Don't Pass Me By」や「Matchbox」など、いままであまり演奏したことが無い曲を取り上げるもり。
  • 「With a Little Help From My Friends」は演奏する。自分が観客だったとしたら、演奏しなかったら騙されたと思うだろうから。
  • 自伝を著すつもりは無い。どうせ8年間(1962~1970年:ビートルズの活動期間)のことを知りたいのだろうが、そこに至るまで5巻は要する。
  • (ビートルズライブ映像のリリース構想を聞かれて)Hollywood BowlやShea Stadiumのライブ映像が公開されている。他に何を望む?San Francisco(Candlestick Park)での最後のライブは撮影していない。
  • 映画「Let It Be」のDVDはいつかリリースされるだろうが、今はそのことについて話し合っていない(But we're not talking about it right now.)。今は生きるのに精一杯。

ビートルズの映像作品のリリースについてリンゴはあまり関心が無いようで残念です。

インタビューの中で、リンゴはツアーが好きだから続けていると言っています。
ビートルズがツアーを止めた際のリンゴの意向についてあまり目にしたことがありませんが、リンゴはツアーをやりたかったのでしょうか。

0 件のコメント:

コメントを投稿