2014年8月8日金曜日

「Abbey Road」アルバムジャケット写真撮影45周年「Let It Be」が再現

2014年8月8日は実質的なビートルズ最後のアルバムとなった「Abbey Road」のジャケット写真を撮ってから45周年です。撮影当時と同じ時間帯である午前11時35分に、ビートルズトリビュートショー「Let It Be」のキャストが同じ横断歩道を渡って当時を再現しました。
ジョージ役は2014年日本公演に出演したPaul Mannion
横断歩道を渡る前には路上ミニライブを敢行

このイベントはロンドンでのビートルズ観光業界で活躍する(例:http://www.beatlesinlondon.com/)Richard Porter氏が企画したものです。ビートルズトリビュートショー「Let It Be」はイギリス各地のツアーを終えてロンドンでの公演を再開したところなので、宣伝も兼ねていると思います。演劇「Epstein - The Man Who Made The Beatles 」主役のブライアン・エプスタインを演じるAndrew Lancel も駆け付けました。
Richard Porter氏
Andrew Lancelとともに

その他の写真はこちら
45th anniversary the recreation of Beatles walk at Abbey road.

その他の映像はこちら
BEATLES ABBEY ROAD 45TH ANNIVERSARY

2 件のコメント:

  1. いつも貴重なビートルズ関連の情報等ありがとうございます。

    さて、もしかしたらもうご存じかもしれませんが、
    ワールド・エレファント・デーのためにポールがサインとメッセージを書き込んだ
    マーティンのD-28(左利き仕様)がオークションに出るようですね。

    そのオークションサイトは英語のみですが、下記アドレスから入れます。

    http://nature-africa.tumblr.com/post/94452137965/paul-mccartney-helps-saveelephants-signed-d-28

    まだまだ暑い日が続くようですが、お体にお気をつけてお過ごしください。

    返信削除
    返信
    1. コメントありがとうございます。知りませんでした。

      5万ドルで落札されたようですね。
      左利き用ギターなのは気が利いていますが
      “This Guitar Saves Elephants”の文字は個人的には余計かなと思いました。

      削除