2017年5月22日月曜日

The Fab Four ビートルズのアルバム『Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band』全曲演奏

現状おそらく世界一のビートルズトリビュートバンドThe Fab FourがアメリカAXS TVによるトリビュートバンドが出演するシリーズ番組"The World’s Greatest Tribute Bands"のトリとして2017年5月10日放送分に出演しました。The Fab Fourは今年発売50周年を迎えるビートルズのアルバム「Sgt. Pepper’s Lonely Hearts Club Band」全曲を演奏しました。ちなみにThe Fab Four2013年来日公演の際、我々甲虫楽団は前座を務めました。(当時の様子は→こちら
THE FAB FOUR PAYS TRIBUTE TO SGT. PEPPER’S LONELY HEARTS CLUB BANDS | MAY 10TH



以下で全曲視聴できます。


<感想>
  • リンゴ役が2013年も来日したErick Fidelではなく、Joe Bologna(おそらく)。The Fab Four公式サイトでは相変わらずErickの写真ばかりなので優先順位が下がったというわけではなさそう。テレビ用にルックス(リンゴ・スター度)を重視した?
  • 衣装は流石の再現度だがアナログ盤A面相当終了後に着替えて、最後の曲終了後に上着だけ再び羽織った。暑かった?
  • テレビ番組ということで声のエフェクトをしっかり曲ごとに作りこんでいて聴きごたえがある。
  • Within You Without Youで本物のインド楽器とインド人ミュージシャン(に見える)を連れて来たのは贅沢。なかなかアマチュアには真似できない。
  • ポール・マッカートニー役のArdy Sarrafのベースが4001S仕様ではなく、通常の4001仕様(=ポール使用器と異なる)。4001S仕様のサイケデリックペイントのベースも持っているはずだが・・・。
  • Ardy Sarrafは明らかに世界一のポール役だが歌とパフォーマンスに気を取られてベースの演奏がおろそかになることがある。Being for the Benefit of Mr. Kite!はベースに専念できるはずだがコピー度が低く残念(ポール本人が気に入っているフレーズなのに)。Lovely Ritaは弾きながらなのに中々のコピー度。ムラがある?
  • ジョージ・ハリスン役のGavin Pringはこのアルバムのギターソロを苦手にしているように見える。実際ポールが弾いている曲も多いので手についていない?とはいえ見た目だけ100点満点。サージェント・ペパーズの衣装を着た時が最もジョージに似ていると思う。
  • ジョン・レノン役のRon McNeilの声はエフェクトをかけるととてもジョンの雰囲気が出る。キーボードにギターに縦横無尽に楽器を扱う彼にとって今回の番組は最も活躍できる機会だろう。
  • Ron McNeilは自身の鍵盤演奏技術を超えたフレーズに果敢に挑戦するのが好印象。いつもより成功率が高かったように感じた。サンプリング音が流れている間、テンポと盛り上がりに合わせて演奏しているかのようにキーボード上空で激しく手を振るエアキーボードは彼の発明だと思う。
The Fab Fourは見た目のわかりやすさに加えてマニアらしいこだわりも垣間見え、全体としてビートルズへの経緯が感じられて好きです。様々な企画に果敢に取り組んでおり、引き続き今後も世界を驚かせてほしいです。一例↓オーケストラとのコラボレーション(4001S仕様のサイケデリックペイントのベースを使用)
我々甲虫楽団も「Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band」リリース50周年を記念してアルバム全曲通しライブを開催します。フレーズのコピー度ならThe Fab Fourに負けていないと自負しております!
 甲虫楽団Presents【祝Sgt.Pepper'sリリース50周年 完全再現ライブ】
日付:2017年7月15日(土)
開場:18:15
開演:19:00 ※アルバム全曲/その他の曲の2ステージ構成。間に休憩を挟みます
終演:21:30予定
場所:赤坂「GRAFFITI(グラフィティ)」 東京メトロ 赤坂見附駅 徒歩1分
料金:当日2500円(+1ドリンク別) 前売2200円(+1ドリンク別)


詳細は甲虫楽団公式サイトの→お知らせをご覧ください。
ご来場お待ちしております。