2016年7月23日土曜日

リンゴ・スター誕生日に大いに語る「明日にでもポールとツアーに出てやろうじゃないか」

リンゴ・スターは2016年7月7日に76歳の誕生日を迎えました。毎年リンゴは、世界中どこにいても同日現地時間正午にピース&ラブを思うことを呼びかけています。今年は例として日本も挙げています。
それどころか日本向けのメッセージも発信しました。今年来日が決まっているせいもあると思います。

リンゴ本人はその瞬間をロサンゼルスのキャピトル・レコード前で迎えるのが恒例となっています。このイベント「ピース&ラブ」は例年になく盛大に、各国メディアを招いて執り行われました。


 当日はNHKの独占インタビューにも応じています。
この模様は2016年7月13日『NHKニュース おはよう日本』 で放送されました。

 リンゴの発言内容(NHK訳)
  • 日本ではとても親切にされたのがいい思い出だ
  • 観光ではないから あちこち行かなかったけどね
  • 日本は私が住む世界の一部
  • 今も演奏活動を続けているので あちこち行くよ
  • 現地に行って エンターテイナーとしての役割を果たすんだ
  • ライブでは「ピース&ラブ」のジェスチャーを欠かさない みんなもしてくれるようになった
  • 「ピース&ラブ」が広がりつつあるんだ
  • バングラデシュやフロリダ パリでも テロが発生している
  • もはや安全な場所などない
  • 彼らがテロを行うなら 私は「ピース&ラブ」をやる
  • 私の夢は世界中に「ピース&ラブ」の ジェスチャーを広めることだ

 2008年にサインとファンレターへの決別宣言をしたリンゴ。↓
今回のイベントでも改めてそのように表明してます。↓

そんななかNHKはまんまとサイン入り色紙をゲットしました。この色紙はどこへ行ったのでしょう・・・。

このように今年はとくにサービス精神が旺盛です。イギリスのタブロイド紙Closerにはポール・マッカートニーとのツアー説まで語っています。
EXCLUSIVE: Ringo Starr on His Friendship With Paul McCartney — "I Would Tour With Him Tomorrow!"
ニュアンスとしては「明日にでもポールとツアーに出てやろうじゃないか!今自分のツアー中なのでやりくりしないとならないけどね(笑)」といった感じでしょうか。あくまで冗談でしょう。

この1年はテロなどのピース&ラブとは程遠い出来事が多く、リンゴは心を痛めていると思います。自分が立ち上がることでピース&ラブをより強固に広めようという思いが今回の一大キャンペーンに繋がったのではないでしょうか。