甲虫楽団公式Webサイト

甲虫楽団公式Webサイト→http://www.kouchu.info/

2014年11月19日水曜日

Rickenbacker ビートルズ使用器を意識したギター/ベースを24本ずつ限定発売

2014年11月21日~23日に東京ビッグサイトで開催される「2014楽器フェア」に合わせて、ビートルズ使用器を意識したリッケンバッカーのギターとベースが24本ずつ日本で発売されることが発表されました。
ジョン・レノンが一時期使用したギターと同じ型番を持つ1996とポール・マッカートニーがビートルズ中後期に使用したベースと同じ型番を持つ4001Sです。それぞれオープンプライスですが、税込399,900円が相場のようです。本家のWebサイトには掲載されていないので日本独自企画かもしれません。少なくとも4001Sはそのようです。

Limited Special Model !! - News:リッケンバッカー日本版ウェブサイト:rickenbacker-jp.com




 ジョンが1996を使用している写真がいくつか残されています。2本目のRickenbacker 325(黒いボディに白いピッグガード)修理中の一時的な代替器だったようで、その後リンゴ・スターに譲られたそうです。


基本的には325と同じなのですが、Rickenbacker製品のイギリスでの代理店Rose Morris(ローズ・モーリス)から発売されていたモデルなので若干の仕様とモデル名が本国とは異なっています。 
Rose Morrisの広告
1996の仕様を語る上で最も注目されるのはfホール(ボディに空いたf型の穴)の角度です。時計の短針の角度になぞらえて「1オクロック」と「2オクロック」に分類されます。ジョン使用器は傾きが大きい2オクロックで、今回発売される1996は角度が浅い1オクロックです。1960年代当時もこの2種類が存在して、より時代が進んだものが1オクロックのようですが、今あえてジョンと異なる仕様で出す意図は何なのでしょうか・・・。2006年頃に発売された1996 AFG(Amber Fireglo)の方がジョン使用器の再現度は高かったようです。
2006年頃に復刻された1996 AFG

4001Sはおなじみのポールが使用したベースですが、今回はビートルズ解散後のイメージが強いメイプルグロー(無着色)での登場です。とはいえ、仕様はビートルズ時代に則っています。
ポール使用器をイメージした製品はかつて4001C64(ビートルズ時代の仕様でファイヤーグロー)や4001C64S(ビートルズ解散後の仕様でメイプルグロー)が発売されていましたが、いずれもヘッドがリバースヘッド(左右反転)でした。
4001C64のリバースヘッド
この点に対する不満に応えて通常ヘッドの1999が2009年に限定発売されたことがありました。この1999というのもRose Morrisの型番です。この2009年版は当時の1999と同様、フィンガーレストがついていることが特徴でした(ポール使用器には無し)。
今回の4001Sも通常のヘッドですが、形がどうも悪いように思います。以下はポール使用器との比較画像です。
左:ポール使用器 右:新発売の4001S
写真ですので見る角度や縮尺が違う可能性がありますが、ネームプレートとヘッドの比率が明らかに両者で異なります。4001ベースのヘッドの形状や大きさは過去から現在に至るまで製品や個体によって大きく異なるので購入する際には注意が必要です。ネームプレートの上に隙間があるかないかがポイントになります。

今回発売される2製品はいずれも現行品が存在せず、とくにポール使用器をイメージしたベースはここ数年新品が製造されていなかったため、注目に値すると思います。

2014年11月20日追記
アメリカの楽器商Guitar Centerが2014年6月に同店限定の触れ込みで同機種と思われる楽器を発売していました。
Rickenbacker 1996 Special in Fireglo (P)
Rickenbacker 4001S Special (P)