2013年5月19日日曜日

ジョン・レノンとジョージ・ハリスンが弾いたギター 4200万円で落札される

ビートルズが「Magical Mystery Tour」を制作していたころにジョン・レノンとジョージ・ハリスンが弾いたギターがオークションに出品され408,000米ドル(約4,200万円)で落札されました。落札者は匿名のアメリカ人だそうです(追記:落札したのはNFLインディアナポリス・コルツのオーナーJim Irsayだそうです)。当初は200,000~300,000米ドルと予想されていました。
2013年の同ギター
1966年の写真。ボタンが少ないのでジョンに渡ったものとは別?
これは1966年にVOX社がプロトタイプとして製造したギター、通称「Kensington」でジョン・レノンに贈られました。ジョンが特注したという報道もありますがそうではなく、ビートルズに使ってもらってVOX社のギター事業に弾みをつけたかったんだと思います。1967年に「Hello Goodbye」用の撮影でジョンが、「I Am The Walrus」用の撮影でジョージが手にしている写真が残っています。
いずれも正式にリリースされた映像には登場していません。実際のレコーディングに使用されたとは考えにくく、見た目重視の試作品だったのだと思います。とはいえ、ビートルズのメンバー複数人が手にしたことが証明されているギターという意味では貴重です。
しかもこのギターはプロトタイプで2本しか製造されていないそうですし(書籍「Beatles Gear」に記載あり)、ボディの裏にジョン名義の碑が据えつけられていることから偽者である可能性は低いです。

その碑の内容は以下です。
"To Magic Alex/ Alexi thank you/ for been [sic] a friend/ 2-5-1967 John."
そう、これはジョンが悪名高き(?)「マジック・アレックス」にプレゼントしたギターなのです。この日付はギターが贈られた日ではなく、マジック・アレックスことヤニ・マルダス25歳の誕生日だそうです。
フランス通信社による図解(日本サイトに日本語版あり)
このギターは2013年5月18日にニューヨークのハードロックカフェで開催されたジュリアンズ・オークション(Julien's Auctions)主催の「Music Icons」に出品されました。
http://www.julienslive.com/view-auctions/catalog/id/93/lot/40198/


マジック・アレックスはこのギターを2004年にロンドンのオークションへ出品し、そのときは約200,000米ドルで落札されました。ジョンからの個人的な誕生日プレゼントを売りに出してしまうんですね・・・まさにマジックです。
2004年のオークションの様子
そのため今回は予想落札価格が200,000~300,000米ドルとされていたのでしょう。それが前回の約2倍の金額で落札されたので、9年間寝かすことで200,000米ドル(約2千万円)の利益を生み出したことになります(実際はオークションの手数料など引かれるでしょうが)。

今回の出品に先立ち、このギターは世界各国を巡っています。ジュリアンズオークションのMartin NolanとDarren Julienも同行したようです。行く先々の写真に写っています。

2013年4月2日 FM放送局「K-Earth 101」(アメリカ)
以下のページではこのギターの生音が聴けます。
http://kearth101.cbslocal.com/2013/04/02/juliens-auctions-brings-in-rock-memorabilia-from-music-icons-auction/


2013年4月16日~5月8日 Newbridge Silverware Museum(アイルランド)
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=505870492807414
ダブリンの博物館に展示
2013年5月9日~5月11日 The Stafford London Hotel(イギリス)
ロンドンのホテルでの展示
2013年5月13日~ ハードロックカフェ(アメリカ)
ニューヨークに到着
出品前の報道の様子です。

0 件のコメント:

コメントを投稿