2013年12月25日水曜日

リンゴ・スター「オン・エア - ライヴ・アット・ザ・BBC VOL.2」を語る

雑誌「Beatlefan」創刊35周年記念号となる第205号にリンゴ・スターのインタビュー記事が掲載されています。
http://www.beatlefan.com/headlines2.htm#currentissue

ここでリンゴは今年発売した写真集「Photograph」やアルバム「On Air: Live at the BBC Volume 2」について語っています。ポール・マッカートニーは今回のBBCアルバムについてプレスリリースやライナーノーツで語っていますが、リンゴがこのアルバムについてどう思っているかをあまり目にしません。

今回のインタビューでは以下のような発言をしているそうです。

"Those sessions were really immediate; there were no real overdubs of any sort. They'd tell us, 'We'd like you to be on this show and we'd like you to do 10 songs,' and we'd just say 'OK.' These are the numbers we were playing as we were touring anyway."
"People forget that The Beatles were still a cover band when we first started. We did a few of John and Paul's songs and then we only did songs by John and Paul and then we added songs from George, too. But that's not true, if you listen to the first Beatles album ["Please Please Me"], Paul and John did a couple of songs by other people and George did other people's songs as well, so you can see how we progressed into it just being The Beatles' songs and music."

発言内容自体は1994年のVol.1発売時とあまり変わらず、カバー曲を得意としていたライブバンドとしてのビートルズのありのままの姿と成長してく過程がこのアルバムに記録されているというニュアンスです。

なお、今号にはポール日本公演の様子についても掲載されているようです。

0 件のコメント:

コメントを投稿