2014年2月8日土曜日

ビートルズ訪米50周年 アメリカのテレビ番組で特集

2014年2月7日はビートルズがジョン・F・ケネディ空港に降り立ってからちょうど50年です。アメリカのテレビ番組「レイト・ショー・ウィズ・デイヴィッド・レターマン」はエド・サリヴァン・シアターで収録していることもあってか、今週は「The Beatles tribute week」と題して日替わりでゲストがビートルズの曲の演奏を披露しています。
期間中の2月4日はエド・サリヴァン・シアターでポール・マッカートニーとリンゴ・スターのインタビューが収録されました。この模様は「The Beatles: The Night That Changed America-A Grammy Salute」で2月9日に全米放送されます。インタビューやポールとリンゴの共演の様子が一部こちらから視聴できます。
The Beatles: The Night That Changed America - A GRAMMY Salute
2014年2月4日 エド・サリヴァン・シアターにて

「レイト・ショー・ウィズ・デイヴィッド・レターマン」で披露された演奏は下記です。

David Letterman - Broken Bells with Ringo Starr: "And I Love Her"


David Letterman - Sting: "Drive My Car"


David Letterman - Lenny Kravitz: "Get Back"


David Letterman - The Flaming Lips with Sean Lennon: "Lucy In The Sky With Diamonds"


最終日かつビートルズ訪米50周年の2月7日はポールとリンゴの出演が噂されていましたが、実際はLauryn HillがSomethingを披露しました。

2月7日については各メディアも報じています。
Ringo Starr reflects on The Beatles arrival and the last 50 years


Beatles fans mark 50 years on first US visit


Beatles Fans Remember Arrival at JFK Airport


NYC FAB 50 on CBS News


50 Years ago Today: The Beatles Conquer America


Beatles conquer United States: 50th anniversary

0 件のコメント:

コメントを投稿