2014年7月25日金曜日

5歳の少年 リンゴ・スターにビートルズナンバーを披露

2014年7月13日のRingo Starr & His All Starr Band サンノゼ公演の前に、5歳のKing Tobias少年がリンゴ・スターに会い、ビートルズの曲のギター演奏を披露しました。


リンゴのドラムセットに座った後、トッド・ラングレンに先導されリンゴに会った彼は、リクエストされたDon't Pass Me Byは出来なかったようで、BlackbirdとDay Tripperを弾いて見せています。リンゴもその2曲がビートルズの曲であることは認識しているようです。King Tobias少年は2歳からビートルズを聴き始め、4ヶ月前からビートルズの曲をギターで弾き始めたそうです。

リンゴに会う権利がついたコンサートチケットはこれまでも発売されてきたのでそれを入手したようですが、ここまでの好待遇は様々なストーリーがあってのことでしょう。King Tobias少年は三つ子の唯一の生き残りで、成長が危ぶまれていたそうです。母親はガンで闘病中であり、自分と息子にとってかけがえのない思い出をたくさん作りたいという気持ちが強いことから実現にこぎつけたのだと思います。

なんと、2014年8月14日に開催されるポール・マッカートニーのキャンドルスティック・パーク公演でポールに会えるチケットを持っているそうで、同じような光景が繰り広げられるか今から楽しみです。

2014年8月31日追記
無事ポールに会えてサインをもらったようです。現場の様子は今のところ伝わって来ていません。

追記:2016年に再びニュースで取り上げられました。
 

3 件のコメント:

  1. 最近、トリビュートバンドネタがさっぱりで寂しいですね。
    先日YouTubeを漁っていたところ、The Cavern BeatlesのOctopus's GardenのLive映像を見ました。
    トリビュートバンドがオクトパスガーデンを演奏しているのを初めて見ました。
    またそれが最高なんです。
    リンゴのドラム、ジョージのギター、ジョンとポールのコーラス。
    オクトパスガーデンをライヴ演奏で再現するとこんな御機嫌な曲だったんだって再発見です。
    最高です。

    返信削除
    返信
    1. コメントありがとうございます。

      昨日の「Let It Be」キャストによるアルバム「Abbey Road」ジャケット再現について投稿したのでよろしければご覧ください。

      The Cavern BeatlesのOctopus's Gardenの映像見ました。勢いがありますね。
      甲虫楽団のOctopus's Gardenもご紹介させてください。↓
      http://youtu.be/azuQQ-aevKs

      削除
  2. nobeさん、すみませんでした。
    甲虫楽団でもあったんですね!
    自分はベースギターの低音のブンブンって音が好きでnobeさんのベースカバーを良く見聞きしています。
    もっとベースギターの音を全面に出してブンブンさせて欲しいです。
    追伸、Let it beのリンゴデカ過ぎで違和感ありありですね(^^;;

    返信削除