2015年6月11日木曜日

レビュー:NHK BSプレミアム「ビートルズ旋風 初来日 熱狂の103時間」

NHK BSプレミアムで毎週放送されているドキュメンタリー番組「アナザーストーリーズ」。2015年6月10日放送分のテーマは「ビートルズ旋風 初来日 熱狂の103時間」でした。
再放送は6月16日(火) 午後11時45分です。
http://www4.nhk.or.jp/anotherstories/x/2015-06-10/10/20288/

追記:2016年6月4日にNHK総合で放送  2016年6月19日にBSプレミアムで再放送
http://www4.nhk.or.jp/anotherstories/x/2016-06-04/21/20779/1453006/ 
 

 『残された映像や決定的瞬間を捉えた写真を、最新ヴァーチャルで立体的に再構成、事件の“アナザーストーリー”に迫る、マルチアングルドキュメンタリー』と銘打ったこの番組、今回は「プロモーター」、「密着カメラマン」、「警備責任者」、「あの日の観客」という4つの視点から、「ビートルズ狂騒曲」、「警察と"呼び屋"の攻防戦」、「あの夏が変えた人生」という3つのストーリーを紡いでいます。
当時の日本側公式カメラマンだった浅井慎平さんが撮影地を巡るロードムービーを軸として、「呼び屋」共同企画(現・キョードー東京)担当者永島達司さん(故人)の秘書と警察側警備担当者の証言を対比(ときに対立)させながら、ビートルズ日本公演に居合わせた著名人が当時座った場所を示しながらビートルズに対する思いを語っています。

<登場した著名人>
  • 宇崎竜童(歌手・作曲家) ※ビートルズに感化され自身もプロミュージシャンに
  • 高嶋弘之(音楽事務所社長) ※日本側レコード会社ディレクター
  • 上田三根子(イラストレーター) ※ジョン・レノンにあこがれて美術の道へ
当時の日本の映像・新聞・雑誌記事など資料がふんだんに提示され、ビートルズ日本武道館公演の設営の様子など珍しい映像もありましたが、公演そのものについては静止画と音声だけだったのは残念でした。
ビートルズの動く映像は日本滞在時のもののみならず、1964年~1966年の印象的なシーンが随所に登場します。日本での記者会見の様子は必見です。

番組のしめくくりとして羽田空港のビートルズがまさに降り立った地点を浅井慎平さんが再訪しその変貌ぶりに驚くシーンから、2015年4月28日ポール・マッカートニー日本武道館公演当日の会場周辺の様子につないでいたのは見事でした。一瞬だけ映るポールはじめ、1966年ビートルズ日本公演に参加した人々を重点的に取り上げ、当時から現代にまで続くビートルズと日本の関係を描き出しています。
せっかくポール武道館公演を取り上げるのでしたら今回ポールを招聘したのもビートルズ武道館公演と同じキョードー東京だったこと、ポールと永島達司さんの密接な関係に触れれば良かったのにと思いました。

良い番組でした。見逃した方は再放送で見ることをお勧めします。
なんといっても来年はビートルズ日本武道館公演50周年ですから、これ以上の番組の制作を期待したいです。当時の観客が当時座った場所を座席表で明示しながら語る構成はサンプル数が多ければ多いほど魅力が増すので是非実施してほしいと思いました。

2 件のコメント:

  1. 来年は日本公演のオフィシャル版は出るかなぁ…
    今年、シェイスタジアムが出なければ、日本公演が出る可能性はないか?
    まだ半年あるので、シェイスタジアムのオフィシャル版に期待。

    返信削除
    返信
    1. コメントありがとうございます。

      来年出さなきゃいつ出すんだということですよね。
      期待したいです。

      削除