2019年4月12日金曜日

「Get Back」発売50周年記念ベースタブ譜

2019年4月11日はビートルズ19枚目のシングル「Get Back」イギリス発売50周年です。同曲風ベースTAB譜を共有します。
http://www.kouchu.info/Bass05.pdf
原点回帰をスローガンに行われた1969年1月のセッションのテーマソングとして後世に認識されている曲です。同セッションで取り上げた楽曲はデビュー前のように歌いながら演奏して完成させる前提ですのでベースラインがシンプルでアドリブ要素が強くなっています。
とくにポール・マッカートニーがボーカルを担当するこの曲はやりすぎなくらいシンプルで、3弦の開放弦と2~3弦の5フレットと7フレットだけでほぼ演奏できます。とはいえ、随所に登場する印象的なG→Dのコード変更に参加するのは1回だけ、「Get Back」と歌った直後のシンコペーションも最初のうちは参加しないなど、あえて他のメンバーとずらすという工夫は感じられます。

2 件のコメント:

  1. 左利きのリンゴならではのドラミング。
    右利きの人がリンゴの叩き方は真似するのは難しい。できない。

    返信削除
    返信
    1. コメントありがとうございます。

      リンゴはどうやってこのフレーズを思いついたんでしょうね。

      削除