The Fab Fourがアルバム『Abbey Road』50周年記念で全曲演奏

甲虫楽団ブログのThe Fab Fourに関する記事まとめは→こちら

現状世界一のビートルズトリビュートバンドと言えばThe Fab Four(ザ・ファブ・フォー)であることに異論は無いでしょう。2018年9月に創始者でジョン・レノン役を務めていたロン・マクニールが一軍を退き、とくにルックスで人気を集めていたThe Bootleg Beatlesのジョン役、アダム・ヘイスティングスが移籍しました。彼らが標榜する「The Ultimate Tribute」を突き詰めるためにロン・マクニール自ら決断したと想像しています。The Fab Fourの2013年来日公演で甲虫楽団は前座で出演しましたが、リハーサル中にコミュニケーションしたロンは物静かで職人気質に見えました。その時からはリンゴ・スター役もジョセフ・ボローニャに変わっています。これで益々見た目がビートルズに近づきました。

直近のThe Fab Fourのインタビュー記事でこの辺の事がわかります。
A Chat With Ardy Sarraf of The Fab Four(2019年4月)
4 questions for The Fab Four before they bring The Beatles music to MGM Springfield(2019年7月)
 
The Fab Fourは定番のセットリストに甘んじることなく、企画物に意欲的です。2013年来日公演では1966年ビートルズ日本公演の衣装やセットリストを再現してくれました。今年はビートルズのアルバム『Abbey Road』50周年ということで8月3日にカルフォルニアのパシフィック・アンフィシアターで全曲演奏ライブを開催しました(奇遇なことに2013年日本公演会場名も舞浜アンフィシアター)。
 ロン・マクニールも主にキーボードで出ずっぱりです。さらにもう一人ギタリストを加えて音に厚みを出しています。というかジョージ・ハリスン役のギャビン・プリングはギターソロを弾かなさすぎです・・・。

以下がその映像です(Come Togetherのみ別公演の映像)。












甲虫楽団からのお知らせ

ビートルズのアルバム『Let It Be』がイギリスで1970年5月8日、日本で6月5日に発売されてから50周年を迎えます。
ビートルズ日本公演50周年をきっかけに始まった甲虫楽団による50周年記念ライブは『Revolver』以降アルバム全曲通しライブを敢行し、遂に今年ゴールを迎えます(『Rubber Soul』は50周年外で全曲通し演奏済)。
1stステージで『Abbey Road』、2ndステージで『Let It Be』と、アルバム2枚を通し演奏いたしますのでぜひお越しいただけますようお願いいたします!

★★★やっちゃえ甲虫~遂にゴール!『Let It Be』リリース50周年記念全曲通しライブ。ついでに『Abbey Road』はおまけかメインか★★★
日時:2020年9月21日(月祝)18:15開場 19:00開演 21:30終演予定
内容:1stステージ『Abbey Road』全曲
   2ndステージ『Let It Be』全曲
   ※終演後22:30の閉場までご飲食・ご歓談いただけます
場所:江古田「Buddy(バディ)」
   西武池袋線江古田駅南口すぐ
https://www.buddy-tokyo.com/
料金:3000円(1ドリンク込み)
学生/未成年 1,000円(ドリンク含まず。受付時に学生証を提示してください)
※予約不要・全席自由です。来場順にお好きな席にご着席いただけます。
※前売券の販売はありません。
※サポータープログラム「甲虫拡団」(くわしくは→こちら)登録者様は本来の開場時間より前にご入場いただけます。

コメントを投稿

0 コメント