2019年10月17日木曜日

ビートルズのシングルレコード集『ザ・シングルス・コレクション』 11月22日 全世界同時発売

ビートルズのシングルレコードのボックスセット『ザ・シングルス・コレクション』が 11月22日 全世界同時発売されることが発表されました。


ザ・ビートルズ 『ザ・シングルス・コレクション』 11月22日 全世界同時発売決定!!
(ユニバーサル ミュージック ジャパン)
ザ・ビートルズ、最新リマスター音源で23枚収録完全限定盤7インチ・シングル・コレクション発売(プレスリリース)

ビートルズ現役時代に発売されたシングルに加え、解散後に発表された「フリー・アズ・ア・バード」(1995年)「リアル・ラヴ」(1996年)の両A面シングルを収録しています。
当時のイギリスはシングルレコードに専用のジャケットを持たないのが通例で、ビートルズについては「Strawberry Fields Forever / Penny Lane」と「Let It Be」のみが専用でした。
 

そのため、今回は世界各国のピクチャー・スリーヴを採用しており、日本からは「 レディ・マドンナ」が選出されています。
「Let It Be」はイギリス版を採用していますが、「Strawberry Fields Forever / Penny Lane」はなぜかオーストラリア版を採用しています。使用されている写真はイギリス版と同じに見えるので、単に波型のジャケットを再現したくなかっただけでしょうか?

商品説明に「オリジナルのモノラルおよびステレオのマスター・テープからマスタリング及びカッティング」とあるので少なくとも現役時代のシングルについてはデジタル工程は介在していないようです。
編集方針や発売時期の意図が不明な商品ですが通して聴くことでビートルズの成長や当時のリスナーの驚きを感じられるかもしれません。

0 件のコメント:

コメントを投稿