2020年5月9日土曜日

アルバム『Let It Be』発売50周年記念「Dig a Pony」ベースTAB譜

2020年5月8日はビートルズのラストアルバムと評される『Let It Be』が発売されてから50周年です。同アルバム収録曲「Dig a Pony」風のベースタブ譜を共有します。
1969年1月30日の通称ルーフトップ・コンサートで演奏された音源が使用されています。
ジョン・レノンの前にひざまずいて歌詞を見せています

ここ数年のような50周年に合わせての新音源リリースは無く、ビートルズ公式SNSに短い映像とメンバーの過去のコメントを併記して投稿した程度でした。
5月8日は『LET IT BE』発売から50周年!(ザ・ビートルズ日本公式サイト)

それもそのはず、今ビートルズ側は『Let It Be』の元となった1969年1月の演奏風景を再構成した2020年9月公開予定の新作映画『THE BEATLES: GET BACK』に注力しており、新音源のリリースもその映画に合わせてくると思われます。それだけ現代のビートルズ側にとってアルバムや映画の『Let It Be』は不本意だったということでしょう。


甲虫楽団からのお知らせ

ビートルズのアルバム『Let It Be』がイギリスで1970年5月8日、日本で6月5日に発売されてから50周年を迎えます。
ビートルズ日本公演50周年をきっかけに始まった甲虫楽団による50周年記念ライブは『Revolver』以降アルバム全曲通しライブを敢行し、遂に今年ゴールを迎えます(『Rubber Soul』は50周年外で全曲通し演奏済)。
1stステージで『Abbey Road』、2ndステージで『Let It Be』と、アルバム2枚を通し演奏いたしますのでぜひお越しいただけますようお願いいたします!

★★★やっちゃえ甲虫~遂にゴール!『Let It Be』リリース50周年記念全曲通しライブ。ついでに『Abbey Road』はおまけかメインか★★★
日時:2020年9月21日(月祝)18:15開場 19:00開演 21:30終演予定
内容:1stステージ『Abbey Road』全曲
   2ndステージ『Let It Be』全曲
   ※終演後22:30の閉場までご飲食・ご歓談いただけます
場所:江古田「Buddy(バディ)」
   西武池袋線江古田駅南口すぐ
https://www.buddy-tokyo.com/
料金:3000円(1ドリンク込み)
学生/未成年 1,000円(ドリンク含まず。受付時に学生証を提示してください)
※予約不要・全席自由です。来場順にお好きな席にご着席いただけます。
※前売券の販売はありません。
※サポータープログラム「甲虫拡団」(くわしくは→こちら)登録者様は本来の開場時間より前にご入場いただけます。


0 件のコメント:

コメントを投稿