2013年8月6日火曜日

The Fab Four「The Beatles At The Movies!」公演でビートルズ主演映画を再現

2013年3月に来日し舞浜アンフィシアターで公演を行ったThe Fab Fourが2013年8月3日アメリカ・カリフォルニアのPacific Amphitheatreで「The Beatles At The Movies!」公演を行い、ビートルズ主演映画を再現しました。
セットリストは以下です。

「A Hard Day's Night(ビートルズがやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ!)」より
A Hard Day's Night / I Should Have Known Better / If I Fell / I'm Happy Just to Dance with You / Tell Me Why / She Loves You
I  Should Have Known Better 後ろの女学生はパティ・ボイド役?
ポールの叔父さん?

「Help!(ヘルプ!4人はアイドル)」より
Help! / Ticket to Ride / You've Got to Hide Your Love Away / You're Going to Lose That Girl / The Night Before

「Magical Mystery Tour」より
Flying / Magical Mystery Tour / The Fool on the Hill / I Am the Walrus / Blue Jay Way / Your Mother Should Know
白いチェロも登場します

ポールの胸には黒いバラ


「Yellow Submarine」より
When I'm Sixty-Four / Hey Bulldog / All You Need Is Love / Yellow Submarine
アニメから抜け出してきた衣装
ブルー・ミーニーも駆け付けました



「Let It Be」より
Two of Us / One After 909 / Don't Let Me Down / I've Got a Feeling / The Long and Winding Road / Let It Be / Get Back
ルーフトップコンサートの再現というわけでは無いようです


アンコール
All Together Now

 是非同じ企画を日本でもやってもらいたいです。

以下は全編のダイジェストです。

 

3 件のコメント:

  1. いつも興味深い情報をありがとうございます!
    毎回楽しく拝見しております(^^)

    しかしThe Fab Four、いつもやってくれますね~!!
    ステージ観れた人が羨ましい限りです。
    本当に日本でも観たいものです。

    歌舞伎や落語のように、もし「ビートルズトリビュート」が
    一つの芸能分野として存在するとすれば、
    二代目ビートルズ襲名は彼らでよいと思います!!

    返信削除
    返信
    1. コメントありがとうございます。

      今回のThe Fab Fourの公演には驚きました。
      初めての演出や演奏曲があったのではないでしょうか。
      もう充分な名声を得ているにも関わらず進化を続ける彼らの姿勢には頭が下がります。

      「ビートルズトリビュート」は原典尊重という観点で既にクラシック音楽のごとく成立していると思います。文化として末長く定着してほしいです。

      削除
  2. いや、ちょっと違う気がするな、これわ。
    それなりに楽しんじゃったけど。
    結局猿真似から抜け出れんべ。クラシックみたいにはならないよ。


    返信削除