2013年9月8日日曜日

ビートルズベース(Hofner / Rickenbacker) 2013年日本における状況

ポール・マッカートニーがビートルズ時代に愛用したヘフナーとリッケンバッカーのベース。現在両ブランドとも山野楽器が日本における代理店を務めています。2013年2月に楽器事業ごと新星堂から引き継ぎました。そこから半年経って新体制の活動が活発化してきています。

2013年カタログ
7月29日にRickenbacker、8月5日にHofnerの日本語公式Webサイトがオープンしています。両サイトは作りが同じです。
http://www.rickenbacker-jp.com/
http://www.hofner.jp/
これに歩調を合わせカタログも一新されました。

カタログやWebサイトを見て気づくことは
Hofner
  • Vintage 62 World History Premium 3rdが既存のVintage 62に置き換わって通常商品になっている(限定解除)
  • HCT版のキャヴァン・モデルはラインナップされたがIGNITION版は扱われていない(以前の投稿参照)
  • 左利き用モデルがVintage 61(キャバーン・モデル)とIGNITION BASSしか存在しないと明言されている
Rickenbacker
  • ビートルズ系楽器は360/12C63(ジョージ・ハリスン1本目の12弦ギターをイメージ)と325C64(ジョン・レノン2本目のRickenbacker社ギターをイメージ)しか存在しない(ベースが存在しない)
  • 左利き用モデルがラインナップされていない
また、ヘフナーのベースは2013年8月あたりから新品価格が下がったように思います。現時点での相場は以下です。

V61 208,000円 (左利き用は+3万円)
V62 WHP3 248,000円
HCT500/1 CV 95,800円
HCT500/1 J 69,800円~89,800円(ケース:ソフト/ハード、弦:ラウンドワウンド/フラットワウンドによって変動)
IGNITION BASS 39,900円
Jubilee 398,000円 ※ユニオンジャック柄の限定製品

V61とV62 WHP3は新星堂時代より5万円ほど下がった印象です。HCT500/1はCVの登場により押し下げられたかっこうです。
なお、最近V62 WHP3の「中古品」が10万円台半ばで販売されることが多くなってきました。どれもピックガードは未装着でボディに少し傷がある程度なので、B級品の新品を放出しているだけではないかと邪推しています。

逆にRickenbackerは全般的に値上がりしたようです。たとえば325C64は数パーセント(2万円ほど)上がっています。

Rickenbackerのビートルズ風ベースの新品は生産されていないため、4001 V63、4001 C64、1999,
はたまた1960年代製を探して入手するしかありません。
4001V63の中古は20万円前後、4001 C64の新品は40万円前後が相場のようです。こちらはここ数年変わっていません。ちなみに僕が所有する4001はV63とC64の寄せ集めの中古のため、13万円でした。

Hofnerはビートルズ道を邁進する一方、Rickenbackerはビートルズファンへの対応に飽きたという印象です。経営がどの程度ビートルズに依存しているかの違いだと思います。こうなったらHofnerはとことんこだわったポール・マッカートニー使用器のレプリカを開発してほしいものです。

0 件のコメント:

コメントを投稿