2014年10月31日金曜日

ビートルズ高品質CD 2014年12月17日 日本限定発売

追記:2017年12月6日に再発売されます。「帯は日本初回盤LP帯を可能な限り復刻した“オリジナル巻き帯”と、1972~76年に発売されていた通称“Forever帯”の意匠を、タイトルを変更して再現した“Forever被せ帯”の“W復刻帯”」 とのことです。→リリース

追記:2015年ポール・マッカートニー来日公演を記念してアンコールプレスが決定しました。2015年4月15日頃から入荷するようです。

ビートルズの公式アルバム16作品が紙ジャケット仕様SHM-CDで2014年12月17日に発売されることが発表されました。日本限定企画&初回生産限定です。



ビートルズ初の高音質CDの発売が決定。さらにステレオ盤初の「紙ジャケ」でLPレコードのアートワークを復刻!(ユニバーサル・ミュージック)
ビートルズ16作品がジャケットと共に復刻(日刊スポーツ)
ビートルズからXマスプレゼント!12・17日本限定CD発売(サンケイスポーツ)

SHM-CD(Super High Material CD)はあくまで通常の音楽CDですが、盤の素材にこだわることでより忠実に原音の再現が可能であるとされます。今回はそれに加え通称「紙ジャケ」と呼ばれる、LPレコード時代の外装をミニチュアで再現した特別版として発売されます。2009年に発売されたCDボックスセット「The Beatles In Mono」(「ザ・ビートルズ MONO BOX」)で世界に名を轟かせた日本製の高品質な紙ジャケットが再び脚光を浴びる時が来ました。同ボックスセットに含まれなかった6作品「イエロー・サブマリン」「アビイ・ロード」「レット・イット・ビー」「パスト・マスターズ」「赤盤」「青盤」は初紙ジャケ化となります。

SHM-CDとは?(ユニバーサル・ミュージック「紙ジャケ最前線」)
紙ジャケの魅力(ユニバーサル・ミュージック「紙ジャケ最前線」)
 
現在ビートルズの作品の公式発売元となっているユニーバサル・ミュージック、その日本法人がSHM-CDの発起人であり(そのためほとんど日本でしか流通していません)、過去の名盤をSHM-CD&紙ジャケでリリースすることに熱心なので、その流れをくんでのことでしょう。 先週はジョン・レノンのソロ作品がSHM-CD&紙ジャケで2014年12月3日に発売されると発表されたばかりです。
12/3 名盤7タイトルがプラチナSHM,SHM-CD,SA-CD/紙ジャケットにてリリース!(ジョン・レノン レーベル公式サイト)

海外が今回のリリースをどう捉えるか興味あります。日本国外への輸出は禁止のようですがこれを機に世界的なSHM-CDの普及を狙っているのでしょうか。あるいはSHM-CDの最後のヒット作になるかもしれません。
いくら高品質とはいえ、音源自体は2009年に発売されたリマスター版と同じであり、CDの仕様上の音質を超えるものでは無いので、USBメモリ版のハイレゾ音源を持っていない方、あるいは紙ジャケや、往年の日本盤を彷彿とさせる「帯」を模したカバーに価値を見出す方にとっての商品だと思います。

11 件のコメント:

  1. いつもいつもの「後出しじゃんけん」商法にはうんざりします。EMI時代は、一度出したものは大事に出し続けたのに、ユニバーサルに身売りしてからは、「魂」を身売りしてしまったように思います。

    紙ジャケはモノボックスで持っているし「何を今さら」「どうして最初にしない」と思います。

    またSHM-CDが、どれだけ音質が違うのか???? これだってポールの日本版は毎回これを出していますが、私には違いが判りません!
    どなたか違いが判る方、ぜひ教えてください。

    過去のCD化で「音源統一」したのは、なんだったのでしょうか?

    返信削除
    返信
    1. 結局のところ、CDという媒体は切手収集(切手収集の趣味の方をとやかくいっているのではなく、音楽の流通の在り方としてはおかしいのではという意味です)と同じような売り方でしかできないとレコード会社が勘違いしているのが問題なのだと思います。かつてのアンソロジーのように、ビートルズ程のバンドになれば、デモ、リハーサルや没音源でさえも質が高く楽しめるところをレコード会社の方々には理解していただいて、そんな音楽そのものを流通していってほしいものですね。
       私もSHM-CDの音質の違いがわかりませんし、細かなリマスターの違いさえよくわかりません。同じ音源を使い回し、音楽雑誌でその細かな違いをさも大きな違いのように強調しての「商売」はやめてほしいものです。CDが出回り始めた当時あれほど非難されたアナログ盤を手のひらを返したように、今になって称賛しての「商売」も考えものです。
       こういう「商売」に納得できない者としてできるのは、買わないことだと思います。ポールの武道館のチケット価格の異常さに呆れたときも思ったのですが、もっと大切に、本当に必要なこと、物に、お金を使いたいと思う今日この頃です。

      削除
    2. 本当にその通りですね。
      ビートルズは人間、音楽家であって、CDそのものではないです。
      逆に言えば、今回のをやめても、再びそのマテリアルやミックスを一新して出続けるはず。
      今の09リマスターでも充分音はいいですし、この数年のうちにジャケットを変えただけで、音源は皆同じという商法にも嫌気がさしてます。
      外タレのコンサートチケットもどんどん高額になってきてますし、もはや貧乏人は音を楽しむ事すら出来なくなりつつあります。
      ボブディランが言ってましたね。
      「音楽なんて所詮何の価値もない」その通りですし、だからこそ万人平等に楽しめるのではないかと思いますね。
      ポールの武道館チケット、これこそ最たるものでしたね。
      あれは酷すぎた。
      極端な言い方をすれば、ビートルズは金持ちしか相手にしてないって事ですよ。
      だったら、もう音楽の教科書に載せないでほしいくらいです。
      レコード会社も音楽そのものを売るのなら分かりますが、変な付加価値みたいのをつけて、ばかな儲け方はもう辞めて欲しいです。

      削除
  2. モノの紙ジャケが余ったか?(笑)
    モノで減価償却できなかったんだ。きっと。

    返信削除
    返信
    1. コメントありがとうございます。

      しっかりステレオ盤のジャケットが再現されることを
      祈るばかりです。

      削除
    2. 確かに。モノの余りは使えんな。失礼。

      削除
  3. きっとハイレゾ音源もたいして違いないんだろうなぁ。聴いたことないですが・・・

    返信削除
    返信
    1. コメントありがとうございます。

      ハイレゾ音源は評判が良いようです。それなりの再生環境が必要だと思いますが。
      SHM-CDとハイレゾ音源を聴き比べたら違いはわかるだろうなと想像します。

      削除
  4. 高音質化にうちのハードが追いつかん。
    それよりRockBandのリミックス音源を正規にリリースして~
    ゲームに使用した曲は一部でも、どうせ「全曲」リミックスしてんだろォ
    これならボックスでも買う。

    返信削除
  5. 前回のジャパンボックスまでは、何とか頑張って揃えたが、今回のはもうウンザリだ。
    この前のリマスターの後、SHMが大量に出てきて、もしやビートルズも?なんて思ってたが、やっぱりな。
    そろそろこういう商法は止めて欲しい。
    ビートルズそのものの価値すら、安くさせる感がある。

    返信削除
  6. 日本限定がミソだなぁ。
    そのうち「海外から注文殺到」的なニュースが流れて、日本人は焦る。か?
    日本人をバカにするなぁ~!

    返信削除