2016年9月6日火曜日

まみこ☆渡英日記: International Beatleweek4日目 コンベンション、Bomb Shelter、Cavern Front

甲虫楽団のまみこ☆がInternational Beatleweek 2016日本代表バンド「THE HUKUSE」のドラマーとして渡英しました。日記を連載します。→1日目 2日目 3日目

■■■2016/8/28(Sun)4日目■■■
7時半起床。
夜中の雷雨がウソみたいに晴れている。

到着した日に言われていたことだが、
今日のアデルフィホテルの地下Bomb Shelterは、最初の12時からのライブの人がアコースティックなので、
THE HUKUSUKEは13時からのライブだけど、バンドとして最初のTHE HUKUSUKEが音出しのリハを11時からすることになった。
そのお知らせの紙。


よって10時からアデルフィホテルで行われるビートルズ・コンベンションを見るのが1時間しかない。
パティ・ボイドのサイン会はいつあるんだろう?

食パンを焼いて野菜、ハム、チーズを挟んだサンドイッチをサッと食べて、アデルフィホテルへ。

ここまで書くのを忘れていたが、このリストバンドが、出演者用のフリーパス。
今年はラメ入りキラキラバージョン。

このバンドがあれば、期間中 ライブハウスやBarには無料で入れる。
大きなホールでやっているのは有料の場合もあるが。

ところが、他のバンドを見たくても、ライブが終わったら宿泊先に楽器を置きに戻らないといけないので、見るヒマがない。
荷物置いて着替えて、さあまた出かけようという気には疲れているからならないよ〜
この日も次のライブは17時からだし。もっと若ければ大丈夫なんだろうけど、、、

公式パンフレット。8ポンド。73ページに載っています。


話を戻して。
ホテルのホールでは、世界中から集まった物販。
お金がいくらあっても足らないが、お金がない私は、さなえさんにお金を借りて頼まれていたTシャツを買った。
1992、1993年にこのイベントを見に来た時、ライブはひとつくらいしか見なくて、ずっとこのホールにいた。
それくらいひとつひとつ見ていてもあきないし、知らない海外ファンとお話するのも楽しい。



しかし、年齢層が高いわ!
若い人はほとんどいなかった。
ビートルズのファンじたいが高齢化しているので、日本でもそうだが、セッションやライブに来る人が年配者がほとんど。これは深刻になっていくだろう。

Bomb Shelterはココの地下とは言え、音出しをしに行かなければならない。
パティ・ボイドのサイン会も確か福助とかぶっていたような、、、永遠のモテ女と会いたがっていた、さなえさん、残念だったね。

Bomb Shelterはわかりずらい。ホテルのレストランのさらに下の階。
ここは今までと違って広く、キーボードが視野に入らなかった。
The Liverpool Guysのベース賀来さんと福助女性チーム

リハの写真

たまたま大阪からイギリスに遊びに来ていて、たまたまリバプールにいて、このイベントを知って、日本のバンドが出るのを知ったから見に来ました、という女性がいらっしゃいました。ありがたかったです。

寮に戻って、コインランドリーへ。
使い方を相談する、森山さんとてつぼうさん。



洗濯が終了するのを待っていたら、17時からのCavern Club Frontに間に合わないから、ほったっらかしで会場へ。

モナリサツインズと一緒に載ってる!
17:00〜 THE HUKUSUKE
20:00〜 Mona Lisa Twins


26日、リバプールに来て最初のステージがココだった。

Cavern Club Frontはビートルズが実際に使っていてところと(今は場所は)違うが、忠実に再現されていて、今回数あるハコの中でも一番格が上というか、重要度が高い、、と思っている。
それなのに26日、キーボードの音が出なくて自分達の演奏ができなかったから今日はリベンジ!
Kazさんも「リベンジしましょう!」と言っている。
楽屋にて

セッティング中


、、、、信じられないくらい大成功だった。
お客さんが良かったのかもしれないけど、日本では考えられないくらいの盛り上がり。
Kazさんが、ステージ上でハンディカメラでずっと撮り続けている。





この幸せそうな顔!


終わって後片付けをしようとしたら、Kazさんが「前に行って前!」と言うので、前に行ってお客さんと握手してきた。

今まで最高のライブ。この日はキーボードのさなえさんにとって、特別な日。
間違いなく弟さんはそばにいて一緒に盛り上げてくれたんだ!
命日にリバプールで、しかも最高のハコで演奏できるなんて神がかり。
やった〜〜〜


荷物をまとめて楽屋を出て帰ろうとしたら、たくさんの人に「ドラムよかったよ」と声をかけられた。英語で。
ツーショットも撮りまくり。

外に出ても撮られる。そういう写真を撮りたいのだがなかなか撮れず、さなえさんが1枚だけ撮るのに成功した。


終わって外に出てもまだまだ明るい。暗くなるのは20時頃から。
感激を胸に寮へ戻る。20時からのモナリサツインズは絶対に見るんだ!

フィッシュ&チップスを買いに。
すごく大きかった。


数時間前に感激の嵐をくれた同じステージでオーストリアのモナリサツインズを見る。
ギターとボーカルがモナとリサ、ベースとドラムがイケメンの男性。
めちゃくちゃ上手でアレンジがカッコイイ。


ビートルズだけでなく、キンクス、ホリーズ、モンキーズ、フーなどもやった。
終わって、リサにセットリストをもらったよ♪
右下に噛んだチューインガムが丸めてくちゃくちゃっとしてあった(笑)

ドラマーとツーショット


Frontのセキュリティーと。最初のピンボケ写真もナイスな感じ


ちなみに、入場料5ポンドなんだね〜
この時1ポンド138円で計算してるから、700円くらい。


エリナーリグビーの像の前を通って帰る


何を食べたか何時に出たか忘れた(笑)
0時をまわっていたことは確か。

読んでくださってありがとうございました。

0 件のコメント:

コメントを投稿