2018年9月25日火曜日

アルバム『The Beatles』50周年記念盤 2018年11月9日世界同時発売

ビートルズのアルバム『The Beatles』(通称ホワイトアルバム)の50周年記念盤が2018年11月9日世界同時発売されます。ビートルズ関連製品はジョン・レノンが好きな9にちなんだ日が発売日に設定されることが多いですが、今回はRevolution 9が収録されているアルバムということでなおさらでしょう。ポール・マッカートニー日本公演最終日(おそらく)の翌日発売とは奇遇です。ポールの置き土産と考えることもできそうです。
 『ザ・ビートルズ(ホワイト・アルバム)』 発売50周年を記念したスペシャル・エディション、発売決定!(プレスリリース)
THE BEATLES CELEBRATE ‘THE BEATLES’ (‘WHITE ALBUM’) WITH SPECIAL ANNIVERSARY RELEASES (The Beatles公式サイト)

数種類の商品が発売されます。最上位のスーパー・デラックス・エディションは6CD+1Blu-rayの7枚組です。

■スーパー・デラックス・エディション<6CD + 1ブルーレイ(音源のみ)収録 豪華本付ボックス・セット>
<輸入国内盤仕様/完全生産限定盤> UICY-78856 価格:19,500円+税

Disc 1&2 ステレオリミックス

Disc 3 “イーシャー・デモ”リミックスをリリース版の曲順に並び替えたもの+アルバム未収録曲
Back in the U.S.S.R.
Dear Prudence
Glass Onion
Ob-La-Di, Ob-La-Da
The Continuing Story of Bungalow Bill
While My Guitar Gently Weeps
Happiness is a Warm Gun
I'm So Tired
Blackbird
Piggies
Rocky Raccoon
Julia
Yer Blues
Mother Nature's Son
Everybody's Got Something to Hide Except Me and My Monkey
Sexy Sadie
Revolution
Honey Pie
Cry Baby Cry
Sour Milk Sea
Junk
Child of Nature
Circles
Mean Mr. Mustard
Polythene Pam
Not Guilty
What's the New Mary Jane

DISC4~6 セッション音源
 Revolution I (Take 18)
 A Beginning (Take 4) / Don't Pass Me By (Take 7)
 Blackbird (Take 28)
 Everybody's Got Something to Hide Except Me and My Monkey (Unnumbered rehearsal)
 Good Night (Unnumbered rehearsal)
 Good Night (Take 10 with a guitar part from Take 5)
 Good Night (Take 22)
Ob-La-Di, Ob-La-Da (Take 3)
 Revolution (Unnumbered rehearsal)
 Revolution (Take 14 - Instrumental backing track)
 Cry Baby Cry (Unnumbered rehearsal)
 Helter Skelter (First version - Take 2)
 Sexy Sadie (Take 3)
 While My Guitar Gently Weeps (Acoustic version - Take 2)
 Hey Jude (Take 1)
 St. Louis Blues (Studio jam)
 Not Guilty (Take 102)
 Mother Nature's Son (Take 15)
 Yer Blues (Take 5 with guide vocal)
 What's the New Mary Jane (Take 1)
 Rocky Raccoon (Take 8)
 Back in the U.S.S.R. (Take 5 - Instrumental backing track)
 Dear Prudence (Vocal, guitar & drums)
 Let It Be (Unnumbered rehearsal)
 While My Guitar Gently Weeps (Third version - Take 27)
 (You're so Square) Baby, I Don't Care (Studio jam)
 Helter Skelter (Second version - Take 17)
 Glass Onion (Take 10)
 I Will (Take 13)
 Blue Moon (Studio jam)
 I Will (Take 29)
 Step Inside Love (Studio jam)
 Los Paranoias (Studio jam)
 Can You Take Me Back? (Take 1)
 Birthday (Take 2 - Instrumental backing track)
 Piggies (Take 12 - Instrumental backing track)
 Happiness is a Warm Gun (Take 19)
 Honey Pie (Instrumental backing track)
 Savoy Truffle (Instrumental backing track)
 Martha My Dear (Without brass and strings)
 Long, Long, Long (Take 44)
 I'm so tired (Take 7)
 I'm so tired (Take 14)
 The Continuing Story of Bungalow Bill (Take 2)
 Why don't we do it in the road? (Take 5)
 Julia (Two rehearsals)
 The Inner Light (Take 6 - Instrumental backing track)
 Lady Madonna (Take 2 - Piano and drums)
 Lady Madonna (Backing vocals from take 3)
 Across the Universe (Take 6)

DISC 7 ハイレゾ音源(2018年ステレオリミックス/1968年モノミックス)、5.1chサラウンド・ミックス

*シリアル・ナンバー入り
*貴重な写真資料や膨大な文字資料等が掲載された164ページの豪華本付
*ポール・マッカートニー、ジャイルズ・マーティンによる書き下ろし序文付
*メンバーのポートレート写真4枚付
*ポスター付
*英文ライナー翻訳付/歌詞対訳付
*日本盤のみSHM-CD仕様

ジャイルズ・マーティンとサム・オケルが語る今回のリミックス
 「”The White Album”をリミックスする際、僕たちが心がけたのは、ザ・ビートルズがスタジオで奏でていたそのままのサウンドを届けることだ。」
昨年の『Sgt.Pepper's Lonely Hearts Club Band』50周年リミックスはオリジナルのモノミックスを音質の良いステレオリミックスに蘇らせるコンセプトだったようですが、今回はオリジナルのステレオミックスを参考にあまり音を良くし過ぎないように心掛けたとのことです。 『Sgt.Pepper's Lonely Hearts Club Band』に比べて元々シンプルなサウンドであったため、リミックスは難しい作業だったようです。曲ごとにばらつきがあった音質を均一化させるのがテーマの一つとなりました。音質の加工には当時のレコーディングで使用した機材を使って当時のスピリットの表現を心掛けたとのことです。
プロデューサー、ジェイルズ・マーティンが語る”ホワイト・アルバム”50周年記念盤(uDiscoverJP)
『ザ・ビートルズ(ホワイト・アルバム)』50周年記念盤の試聴会イベント@ロンドンBBCスタジオに出席してきました♪Rockin'on


「Back In The U.S.S.R.」の“2018 Mix”、“Take 5 / Instrumental Backing Track”、“Esher Demo”

キーGで録音して最後に1音上げて(結果キーはA)ボーカルを録音したことがわかります。


甲虫楽団からお知らせ

我々甲虫楽団はホワイトアルバム発売50周年を記念してアルバム収録曲すべてを曲順通りに演奏するライブを開催します。ポール・マッカートニー来日中の休日に同アルバム50周年をみなさまと祝いたいと思います。ご来場お待ちしております!

やっちゃえ甲虫~『The Beatles』(ホワイトアルバム)50周年記念全曲通しライブ
11月3日(土祝)18:15開場 19:00開演 21:30終演予定
1stステージ 『The Beatles』(ホワイトアルバム)1枚目(AB面)
休憩(キーボード担当seiichiによる、"そうだったのか!ビートルズ"トークショウあり)
2ndステージ 『The Beatles』(ホワイトアルバム)2枚目(CD面)
※終演後22:30の閉場までご飲食・ご歓談いただけます
料金:3,000円(1ドリンク込み)
   学生/未成年 1,000円(ドリンク含まず。受付時に学生証を提示してください)
会場:江古田「Live House Buddy(バディ)」
   西武池袋線江古田駅南口すぐ
http://www.buddy-tokyo.com/

くわしくは↓
http://www.kouchu.info/home/news/20181103info


4 件のコメント:

  1. 甲虫のべさん

    いつも素早い情報をありがとうございます。
    ホワイトは私の「棺桶レコード」なので親の薬代を始末してでも手に入れます。

    仕事の関係で10月にならないとはっきりしませんが、11/3の全曲通しライブ、行く方向で検討してます。
    Wild Honey Pie。みなさんと一緒に奇声を上げて歌うのを楽しみにしています。

    返信削除
    返信
    1. marrさんコメントありがとうございます。

      なんと!大阪からご来場ですか。
      実現された場合はぜひ会場でお声がけください。

      もちろんWild Honey Pieもやります。
      きっと楽しい夜になると思います。

      削除
  2. レットイットビーまでいったら、プリーズブリーズミーに戻るのか?
    ラバーソウルまでは2作品づつリリース?
    マジカルミステリーツアーはどうする?
    ライブ映像は?
    映画レットイットビーは東京オリンピックの年?

    最後はリミックス版CDのボックスセットか?

    長生きしなくちゃ。

    返信削除
    返信
    1. コメントありがとうございます。

      初期の作品はリミックスが難しそうですが、
      デジタル技術で音を分離できるようになってきているようなので
      今後に期待したいと思います。

      削除