展覧会『DOUBLE FANTASY – John & Yoko』ジョン・レノン80回目の誕生日に東京で開幕

「ジョン・レノンとオノ・ヨーコの物語を、二人が世界に発したメッセージや言葉、音楽&アート作品、貴重な私物を通して体感できる世界初の画期的な展覧会」がジョンの故郷であるリバプールから東京にやってきます。ジョンが80歳になるはずだった2020年10月9日開幕です。今年は展覧会の名前の由来となったアルバム『Double Fantasy』発売40周年でもあります。なお、この情報はビートルズ記念日(ビートルズが来日した日に由来)の6月29日に解禁となりました。
リバプール展のイメージ画像

DOUBLE FANTASY – John & Yoko 開催概要

【展覧会名】DOUBLE FANTASY - John & Yoko(読み:ダブル・ファンタジー ジョン・アンド・ヨーコ)
【会期】2020年10月9日(金) ~ 2021年1月11日(月祝) 予定
【場所】ソニーミュージック六本木ミュージアム(東京都港区六本木5-6-20)
【主催】株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメント / 株式会社ソニー・ミュージックレーベルズ
【メディア・パートナー】朝日新聞社
【チケット情報】8月末発売予定
【オフィシャル・サイト】doublefantasy.co.jp

DOUBLE FANTASY – John & Yokoリバプール展の様子

2018年~2019年にイギリス・リバプールで開催された同展の様子を共有します。展示品など東京展とどこまで同じかわかりませんが参考になります。
Double Fantasy (National Museums Liverpool)

リバプール展開幕に駆け付けたオノ・ヨーコ(2018年5月)
ベッド・インのパフォーマンスで使用したギター(ジョンにとって2本目のJ-160E)



会場となったNational Museums Liverpoolによる公式動画集↓


イマジンのジョンを感じられる展覧会

ジョンの死後も続くオノ・ヨーコのライフワークとなっている“IMAGINE PEACE(イマジン・ピース)”活動が根底にあるようで、白を基調にした世間がイメージする「イマジンのジョン」を強く感じる展覧会になっているようです。その分、ビートルズ色は薄目のようですが、楽器や装飾品など写真や映像で目にしてきた実物がそこにあるわけですから、充分見る価値あると思います。今は無きジョン・レノン・ミュージアム(2000年~2010年にさいたまスーパーアリーナにあった)に行きそびれた方にはお勧めです。

コメントを投稿

1 コメント

  1. 26日NHKラジオ「高橋源一郎の飛ぶ教室」という番組でヨーコの著書「グレープフルーツジュース」が解説されていました。自身の大学講義にも使ったそうです。
    感想を求められた小野アナが返事に困ってるのが印象的でした。

    返信削除