2012年9月12日水曜日

ドキュメンタリーDVD「Beatles Stories」2012年10月2日発売(邦題:「ビートルズと私」)

※本作品は「ビートルズと私」という邦題で2013年に映画館上映されます。詳しくはこちら 
※購入後のレビューはこちら

シンガーソングライターのセス・スワースキーが監督を務める2011年制作のドキュメンタリー映画「Beatles Stories」が2012年10月2日に海外でDVD発売されます。

2013年12月14日追記
2014年3月19日に日本語版のBlu-rayとDVDが発売されることになりました。


本作はセス自らカメラ片手にビートルズ関係者を訪問してビートルズとの思い出についてインタビューするという内容です。2004年ごろから録りためたものを1本の映画にまとめました。今回の発売に伴い未公開映像が追加されているそうです。

出演者はそうそうたる顔ぶれです。音楽関係で目につく人だけでも
トニー・ブラムウェル(ビートルズのロードマネージャー、アップル・レコード元CEO)
アイリス・コールドウェル(リンゴ・スターの昔のバンドのリーダー、ローリーの妹)
ロッド・デイビス(ビートルズの前身バンド、クオリーメンのメンバー)
ジャッキー・デシャノン(ミュージシャン)
ジャック・ダグラス(音楽プロデューサー)
アート・ガーファンクル(サイモン&ガーファンクル)
マーク・ハドソン(音楽プロデューサー)
スティーブ・キプナー(作曲家・プロデューサー)
ジョン・クーランダー(ビートルズのレコーディングエンジニア)
デニー・レイン(ウィングス)
ジョージ・マーティン(ビートルズのプロデューサー)
ジョーイ・モーランド(バッドフィンガー)
グラハム・ナッシュ(ホリーズ、CS&N)
リック・ニールセン(チープ・トリック)
ピーター・ヌーン(ハーマンズ・ハーミッツ)
ジャック・オリバー(アップルレコード元社長)
スモーキー・ロビンソン(ミュージシャン)
ノーマン・スミス(ビートルズのレコーディングエンジニア)
クラウス・フォアマン(ミュージシャン、画家)
ブライアン・ウィルソン(ビーチボーイズ)
音楽関係以外にも多くの人がインタビューに応えています。セスはメジャーリーグベースボールに造詣が深く本も出版しており、その繋がりかスポーツ関係者も多いです。バーニー・ウィリアムス(ニューヨークヤンキースの元選手でミュージシャンとしても有名)も登場しています。また、俳優の出演も多くその中には今年亡くなったビクター・スピネッティ(ビートルズの映画に複数出演)も含まれます。さらに対象はビートルズの女性関係にまで及び、メイ・パン(ジョン・レノンの愛人と言われている)へのインタビューは目玉の一つでしょう。

以下がプロモーション映像です。ミュージシャンの監督だけあってBGMの使い方が素敵です。


Beatles Stories UK Promo from Seth Swirsky on Vimeo.

今月に入って、本作のグラハム・ナッシュへのインタビュー部分が一部公開されました。1967年6月25日にビートルズが「All You Need Is Love」を世界に向けて衛星生放送したテレビ番組「Our World」出演時について語っています。その場にはミック・ジャガー、エリック・クラプトン、キース・リチャーズ、キース・ムーンが居たそうです。 

0 件のコメント:

コメントを投稿