2018年9月18日火曜日

ポール・マッカートニー「Freshen Up Tour」初日 9月17日公演セットリスト考察

ポール・マッカートニーの新ツアー「Freshen Up Tour」が2018年9月17日カナダのケベック・シティー、ビデオトロン・センターで初日を迎えました。以下ネタバレを含みます。
Egypt Stationマークつき駅員風(?)ジャケットで登場
ポール・マッカートニー、最新ワールド・ツアー「フレッシュン・アップ・ツアー」がスタート!現地レポート!(POPSCENE)














 9月7日のニューヨーク、グランド・セントラル駅でのシークレット・ギグ で全世界を心配させたポールの声のコンディションですが、今日はだいぶ持ち直しているようです。適度にツアーをこなせば安定してくると思います。
今日のセットリストは同シークレット・ギグに準じていました。同ギグは新ツアーの公開リハーサルであったと考えることができそうです。

Freshen Up Tour Paul McCartney at Centre Vidéotron, Quebec City, QC, Canada
青字:グランド・セントラル駅では演奏しなかった曲 15曲
太字:2017年日本公演では演奏しなかった曲 7曲
★:ツアー初披露曲 4曲

A Hard Day’s Night
Hi, Hi, Hi
Can’t Buy Me Love
Letting Go
Who Cares ★
Come On to Me
Let Me Roll It
I’ve Got a Feeling
Let ‘Em In
Nineteen Hundred and Eighty-Five
Maybe I’m Amazed
I’ve Just Seen a Face
In Spite of All the Danger

From Me to You
My Valentine
Michelle
Love Me Do
Blackbird
Here Today
Queenie Eye

Lady Madonna
FourFiveSeconds
Eleanor Rigby
Fuh You
Being for the Benefit of Mr. Kite!
Something
Ob-La-Di, Ob-La-Da
Band on the Run
Back in the U.S.S.R.
Let It Be
Live and Let Die
Hey Jude


Yesterday
I Saw Her Standing There
Sgt. Pepper’s Lonely Hearts Club Band (Reprise)
Helter Skelter
Golden Slumbers
Carry That Weight
The End

前日の投稿で日本公演セットリストを妄想しましたが、今回のセットリストとの相違は8曲となりました。
→ ポール・マッカートニー2018年日本公演セットリスト妄想
なかなかの正解率ですが、外れて残念な曲ばかりなので日本公演でのマイナーチェンジを期待したいところです。

今回のセットリスト感想
  • ツアーのタイトル曲であるはずの1曲目がまさかの前ツアーから変更無し!・・・だが、今回のカナダツアー最終日から日本ツアー初日まで1か月以上ある、2年続けて同会場(東京ドーム)でのライブということで日本で初披露の1曲目があり得る!と前向きに考えたい
  • 新曲Back in Brazilはプロモーションビデオも公開されたし、歌詞に日本語が登場しているので日本公演では演奏されると信じたい。今後ブラジル公演が実現した場合は演奏しないわけにはいかないので練習はしているはず
  • 一連の小規模ギグでは披露していた新曲Confidanteを演奏しないのは意外。曲調的にはサウンドチェック要員か?(前作『New』のOn My Way To Workのように)
  • Let Me Roll It、Maybe I’m Amazed、Here Today、Something、Band on the Run、Live and Let Die、Hey Judeはツアー本番でしか演奏しないポリシーのようだ(Hey Judeのみ特に要請されれば単独でやり得る)
  • ホーンセクション(金管楽器隊)が今ツアーの目玉となり得る。日本公演でも実現することを期待。ウイングスファンにとっては嬉しい演出だと思う。 もっとホーンセクションが登場する曲を増やしてほしい(Got to Get You into My Lifeなど)
  •  My Valentineはどうしてもやりたいらしく、一方飽きられていることもわかってかアレンジ(編曲)を変えてきた。ポールとしてはめずらしい対応だと思う
  • アコースティック曲(ポールがアコースティックギターを弾く静かめの曲)の比率が増えている。これは2017年日本公演を見て個人的に推奨していた流れなので嬉しい
  • ホワイトアルバム50周年を意識してか、同アルバム収録曲は最大限すくい取っているがせっかくの50周年なのでレア曲が欲しい
  • 5年前の曲Queenie Eyeが残留。ポールがその気ならこっちもOUT!でこぶしを振り上げるしかない 
  • Being for the Benefit of Mr. Kite!を止めるだけでもフレッシュン・アップ感が増したと思う
とにかく、無事初日を迎えたことを喜びたいです。カナダツアー終了後に再び日本公演セットリスト妄想をしてみたいと思います。

6 件のコメント:

  1. ここまで同じだとちょっと疑問。誰かが言ってあげなきゃいけない。
    ジョンが生きてればなぁ。ガツンと言ってやってくれ。

    返信削除
    返信
    1. コメントありがとうございます。

      日本公演からマイナーチェンジすると期待したいです。

      削除
  2. アルバム全米一位になった事だし、もっとニューアルバムで勝負して欲しい!
    ホーンセッションは今回唯一の楽しみです。
    日本公演迄に調整&サプライズを期待しましょう!

    返信削除
    返信
    1. コメントありがとうございます。

      Back in Brazil期待しています。

      削除
  3. 遂に「次はホワイトアルバムだぞ」っていう動画がUPされましたね。

    返信削除
    返信
    1. コメントありがとうございます。

      いよいよです!

      削除