2019年2月9日土曜日

ルーフトップ・コンサート50周年 世界各地の屋上の様子

ビートルズ最後のライブと言われている「ルーフトップ・コンサート」50周年記念日となった2019年1月30日の大きなニュースといえば、ちょうど50年前に撮影されていた素材を使用したビートルズの新作映画の制作発表でしたが(詳しくは→こちら)、この日は世界各地の屋上でビートルズが演奏されていました。

韓国


スペイン



イタリア



ドイツ



チェコ



ハンガリー


メキシコ



ブラジル


チリ



アメリカは各地で繰り広げられました。
ニューヨーク



カリフォルニア



テキサス


オクラホマ


アラバマ


メイン


もちろん本国イギリスでも。

リバプール


ロンドン


そしてビートルズが50年前に演奏したサヴィル・ロウ3番地の旧アップル・コアビル前にはどこからともなく人が集まってビートルズの歌を歌いました。



ポール・マッカートニーやリンゴ・スターの登場を期待する人もいましたが現れなかったようです。

30周年記念の時はトリビュートバンドの「The Bootleg Beatles」が現地の屋上に上って演奏しました。

40周年記念の時はビートルズのルーフトップ・コンサートに突入した警察官が再び現地を訪れました。


現在ビルはアバクロンビー&フィッチが使用しています。中に入ることもできます。



2 件のコメント:

  1. 80年代だったか、サザンオールスターズとジューシーフルーツが道路挟んで向かい合ったビルの屋上で同時にライブをやったんだっけな?

    向かい合ったビルじゃなかったかな?そんな都合よく同じくらいの高さのビルはないか(笑)

    サザンは何かの抗議的なゲリラライブだったのかな?記憶が定かでない。

    ビルの屋上ライブ=ビートルズだよな。世界的に。
    誰がやっても「ビートルズのマネ」ってなっちゃう。(笑)


    返信削除
    返信
    1. コメントありがとうございます。

      確かに屋上ライブ=ビートルズというイメージはこの後もずっと続くのでしょうね。

      削除