2019年8月27日火曜日

The Fab Fourがアルバム『Abbey Road』50周年記念で全曲演奏

現状世界一のビートルズトリビュートバンドと言えばThe Fab Four(ザ・ファブ・フォー)であることに異論は無いでしょう。2018年9月に創始者でジョン・レノン役を務めていたロン・マクニールが一軍を退き、とくにルックスで人気を集めていたThe Bootleg Beatlesのジョン役、アダム・ヘイスティングスが移籍しました。彼らが標榜する「The Ultimate Tribute」を突き詰めるためにロン・マクニール自ら決断したと想像しています。The Fab Fourの2013年来日公演で甲虫楽団は前座で出演しましたが、リハーサル中にコミュニケーションしたロンは物静かで職人気質に見えました。その時からはリンゴ・スター役もジョセフ・ボローニャに変わっています。これで益々見た目がビートルズに近づきました。

直近のThe Fab Fourのインタビュー記事でこの辺の事がわかります。
A Chat With Ardy Sarraf of The Fab Four(2019年4月)
4 questions for The Fab Four before they bring The Beatles music to MGM Springfield(2019年7月)
 
The Fab Fourは定番のセットリストに甘んじることなく、企画物に意欲的です。2013年来日公演では1966年ビートルズ日本公演の衣装やセットリストを再現してくれました。今年はビートルズのアルバム『Abbey Road』50周年ということで8月3日にカルフォルニアのパシフィック・アンフィシアターで全曲演奏ライブを開催しました(奇遇なことに2013年日本公演会場名も舞浜アンフィシアター)。
 ロン・マクニールも主にキーボードで出ずっぱりです。さらにもう一人ギタリストを加えて音に厚みを出しています。というかジョージ・ハリスン役のギャビン・プリングはギターソロを弾かなさすぎです・・・。

以下がその映像です(Come Togetherのみ別公演の映像)。












甲虫楽団からお知らせ

甲虫楽団は2019年12月15日 横浜・伊勢佐木倶楽部 CROSS STREETにてアルバム『Abbey Road』全曲演奏ライブを開催します。ついでに同じく50周年のアルバム『Yellow Submarine』のA面も演奏します。

メンバー一同、あの音、あの歌、あのメロディをできるだけ忠実に、漏らさず再現できるよう練習に励んでおりますので、ぜひお越しいただけますようよろしくお願いします!

-------------------------------------------------------------------
日時:2019年12月15日(日)19:15開演予定
場所:「伊勢佐木倶楽部 CROSS STREET(クロスストリート)」
   神奈川県横浜市中区伊勢佐木町4-123
http://www.isezakicho.or.jp/~ueda/cs/access.html
料金:2000円
※前売り料金はございません。
※ご予約は受け付けていません。
※全席自由席です。
------------------------------------------------------------------

2019年8月10日土曜日

『Abbey Road』アルバムジャケット写真撮影50周年 世界中からファン集結

2019年8月8日はビートルズのアルバム『Abbey Road』のジャケット写真が撮影されて50周年でした。世界中から3500人とも言われるファンが集結しました。おそらくこの50年で最も多くの人が集まったと思われます。ビートルズはこの日を『Abbey Road』50周年記念盤の発売発表日に選びました。
1969年8月8日
2019年8月8日ビートルズトリビュートバンド『Fab Gear』が当時を再現
2014年8月8日
2009年8月8日









50周年を記念してアビーロードスタジオはこの横断歩道を渡る写真を広く募集しています。

2019年8月8日木曜日

アルバム『Abbey Road』50周年記念盤 2019年9月27日世界同時発売

ビートルズの実質的なラストアルバム『Abbey Road』の50周年記念盤が2019年9月27日世界同時発売されます。イギリスでの発売50周年の翌日です。

『アビイ・ロード』50周年記念エディション発売決定!(ザ・ビートルズ公式サイト)
The BEATLES - Abbey Road Anniversary Editions(英語特設サイト 8月8日 18時開設)
6種類の商品が発売されます。

スーパー・デラックス・エディション
<3CD + 1ブルーレイ(音源のみ)収録、豪華本付ボックス・セット>
<輸入国内盤仕様/完全生産盤> UICY-79050 価格:12,800円+税
4枚ディスク入り限定盤ボックス・セット(3CD+1ブルーレイ[音源のみ]) 100ページの豪華ブックレット付

2CDエディション
<期間限定盤> UICY-79051/2 価格:3,600円+税
デジパック仕様 40ページのブックレット付

1CDエディション
UICY-15850 価格:2,600円+税
英文ライナー翻訳付/歌詞対訳付 SHM-CD仕様

3LPデラックス・エディション
<直輸入盤仕様/完全生産限定盤> UIJY-75137/9 価格:11,000円+税
3枚のLP入り限定盤ボックス・セット 4枚のインサート付

1LP
<直輸入盤仕様/完全生産限定盤> UIJY-75140 価格:4,000円+税
 英文ライナー翻訳付/歌詞対訳付

1LPカラー
<直輸入盤仕様/完全生産限定盤> UIJY-75143 価格:4,600円+税
限定盤ピクチャーディスク仕様 英文ライナー翻訳付/歌詞対訳付

最上位製品の4枚組の残り3枚の内容は下記です。
CD2: Sessions
  1. I Want You (She’s So Heavy) (Trident Recording Session & Reduction Mix)
  2. Goodbye (Home Demo)
  3. Something (Studio Demo)
  4. The Ballad Of John And Yoko (Take 7)
  5. Old Brown Shoe (Take 2)
  6. Oh! Darling (Take 4)
  7. Octopus’s Garden (Take 9)
  8. You Never Give Me Your Money (Take 36)
  9. Her Majesty (Takes 1–3)
  10. Golden Slumbers/Carry That Weight (Takes 1–3 / Medley)
  11. Here Comes The Sun (Take 9)
  12. Maxwell’s Silver Hammer (Take 12)

CD3: Sessions
  1. Come Together (Take 5)
  2. The End (Take 3)
  3. Come And Get It (Studio Demo)
  4. Sun King (Take 20)
  5. Mean Mr Mustard (Take 20)
  6. Polythene Pam (Take 27)
  7. She Came In Through The Bathroom Window (Take 27)
  8. Because (Take 1 – Instrumental)
  9. The Long One (Trial Edit & Mix – 30 July 1969)
(Medley: You Never Give Me Your Money, Sun King, Mean Mr Mustard, Her Majesty, Polythene Pam, She Came In Through The Bathroom Window, Golden Slumbers, Carry That Weight, The End)
  1. Something (Take 39 – Instrumental – Strings Only)
  2. Golden Slumbers/Carry That Weight (Take 17 – Instrumental – Strings & Brass Only)

BLU-RAY: Abbey Road
Audio Features:
- Dolby Atmos
- 96kHz/24 bit DTS-HD Master Audio 5.1
- 96kHz/24 bit High Res Stereo (2019 Stereo Mix)

2017年『Sgt.Pepper's Lonely Hearts Club Band』、2018年『The Beatles(ホワイト・アルバム)』と毎年50周年記念盤が発売されていましたので、今年は『Abbey Road』の発売が予想されていました。ビートルズ側もその既定路線を認識してか、数日かけてのまどろっこしいティーザー広告などはせず、ビートルズが同作のアルバムジャケットを撮影した8月8日の50年後に大々的に発表されました。日本時間22時のことでした。

発売50周年当日は前夜祭ということなのかアビーロードスタジオでパーティーが開催されるとリンゴ・スターが7月7日の時点で語っています。

今回はこんな感じでリンゴがポロポロと情報を漏らしていました。以下の日本での事前報道もリンゴの発言が元です。
アビイ・ロード再発売へ ビートルズ、50周年記念(日本経済新聞)

甲虫楽団からお知らせ


祝ビートルズのアルバム『Abbey Road』リリース50周年!

我々「甲虫楽団」は、10月5日に同作全曲通しライブを行いました。
お客様約90名!満員御礼でメンバー一同感謝しております!!
まだまだ至らない点が多々ありましたが、一度では終われない!終わりたくない!
2019年最後は、久しぶりの横浜、ゆず所縁の伊勢佐木町にて、
アビーロードアンコールライブをもって締めたいと思います!
時期的にあのクリスマスソングも入れようかなー、、、と思ってます。
みなさまぜひまたお越しくださいませ!

--------------------------------------------------------------------
Abbey Roadリリース50周年記念アンコールライブ(イエサブもやるよ)

日時:2019年12月15日(日)18時45分開場 19:15開演 21:15終演予定
場所:横浜伊勢佐木町「Cross Street(クロスストリート)」
   JR関内駅北口から徒歩12分、京急日ノ出町または黄金町より徒歩7分
http://www.isezakicho.or.jp/~ueda/cs/
料金:2000円
※飲食物の販売はありません。お持ち込みは自由ですが、スナック類などカスの落ち易い食べ物はご遠慮ください。ゴミは各自お持ち帰りいただけますよう、ご協力お願いいたします。
※前売料金/学生料金はありません。
※ご予約は受け付けておりません。
※全席自由席です。50席ご用意しています。それを超えた場合はお立見になります。椅子や座布団を持ち込んでお座りいただくこともできます。
※甲虫楽団サポータプログラム「甲虫拡団」にご登録いただくと本来の開場時間より前にご入場いただけます。
 甲虫拡団については→こちら 
--------------------------------------------------------------------