2019年6月17日月曜日

舞台『BACKBEAT』ファンのためのビートルズ鑑賞ガイド その2「映像・書籍」編

舞台『BACKBEAT』を通じてビートルズに興味を持たれた方に向けたビートルズ鑑賞ガイド第二弾、「映像・書籍」編です。

第一弾「音源」編は→こちら
『BACKBEAT』東京公演のレポートやセットリストは別投稿をご覧ください。→こちら

映像

ビートルズファンの中でも映画版『BACKBEAT』(1994年)は有名です。スチュワート・サトクリフ役のイケメンぶりと、影武者バンドの豪華さが話題になりました。舞台版と異なり役者は演奏していません。

同じようにデビュー前のビートルズが題材の作品として『ノーウェアボーイ ひとりぼっちのあいつ』(2009年)も人気です。こちらはちょうど『BACKBEAT』より前の時代が対象で、ジョン・レノンとポール・マッカートニーの出会いなどが描かれています。『BACKBEAT』でジョンの複雑なキャラクターに興味を持った方にお勧めです。

ビートルズ本人が出演する映画としてはビートルズがツアーで世界を熱狂の渦に巻き込んだ時期を題材にしたドキュメンタリー映画『EIGHT DAYS A WEEK -The Touring Years』(2016年)がお勧めです。最近の作品ということで映像も音も綺麗にお化粧されており(白黒の映像をカラーに着色するなど)、現代の感覚でもとっつきやすい作品になっています。舞台版『BACKBEAT』にもたびたび登場した「To the top, Johnny!」のフレーズやタバコの灰をメンバーの頭に落とすシーンなどがあるので、舞台版『BACKBEAT』の出演者やスタッフはこの作品を見たと思います。この映画の冒頭ではビートルズ本人がハンブルクについて振り返っており『BACKBEAT』から地続きで世界の頂点に上り詰めた経過が感じ取れます。

アイドル時代のビートルズを語る上では初主演映画『A Hard Day's Night』(1964年)は欠かせません。この作品ではビートルズは本人役で出演しており(「ビートルズ」と名乗るシーンはありませんが)彼らが当時どのように世界から見えていたか、どのように世界に見せたかったのかがわかる作品です。劇中ではとことんアイドルらしく振舞っていますが、ローテンションでシニカルなセリフも多く、舞台版『BACKBEAT』の熱いビートルズ像に慣れた方は面食らうかもしれません。公開50周年の2014年に音と映像をブラッシュアップしたバージョンが発売されました。

もっと手っ取り早く「動くビートルズ」の魅力を満喫したければ、シングルヒット集『ザ・ビートルズ1』の2015年リミックス版+ミュージックビデオ集の商品が良いです。ミュージックビデオの開祖とされるビートルズの独特なセンスが感じられます。どうせなら50曲分の映像が入っている最上位商品『ザ・ビートルズ 1+ ~デラックス・エディション~』にしてしまいましょう!

ハンブルク時代のビートルズをとらえた映像は残っていないようですが、前回の「音源」編で紹介したBeatles Anthology の映像版ではスチュアート・サトクリフについてポール・マッカートニーやジョージ・ハリスンが語っています。Beatles Anthology の映像版はビートルズのメンバーの誕生からビートルズの解散までを描いたDVD5枚組の公式ドキュメンタリーですのでビートルズにある程度興味を持った方は必ず通ることになると思います。

なお、『スチュアート・サトクリフ - 5人目のビートルズ』というドキュメンタリー作品がありますが、入手困難なようです。

書籍

ビートルズの書籍は多すぎて把握しきれませんが、『BACKBEAT』という切り口ではアストリッドのインタビューで構成された『ビートルズが愛した女』が最適だと思います。これは日本人ノンフィクション作家が映画『BACKBEAT』をきっかけにアストリッドにコンタクトを取ったことからできた本で、きっと満足いく内容でしょう(すみません、読んだことありません)。1995年に刊行されて以来、何度か書名や出版社を変えて発売されているようです。
1995年発売時の装丁
その他のビートルズの伝記ものには必ずと言っていいほど『BACKBEAT』の頃の記述がありますが、ビートルズ関連は21世紀になってからも情報のアップデートが止まらないのでできるだけ最近のものを選ぶことをお勧めします。究極的には『ザ・ビートルズ史』(2013年)がありますが、上下巻で1600ページを超えるボリュームで、ビートルズファンでも読破した人はあまりいないと思います。しかも、これでもまだデビュー年の1962年まででまだまだ続きが発売される予定です・・・

概要をつまみ食いするという主旨では『ビートルズ・ストーリー Vol.7 1962 』(2016年)はいかがでしょうか。以下のような興味深い見出しが並びます(すみません、読んだことありません)。
  • ブライアン・エプスタインとジョージ・マーティン
  • 1961年のビートルズ 概論&アルバム解説/ハンブルク/主要ライヴ
  • 5人目のビートルズ:スチュ・サトクリフ、ピート・ベスト、トニー・シェリダン他
  • 映画『バック・ビート』
前述のBeatles Anthologyには書籍版もあります。こちらは1冊の大振りな百科事典のような体裁です。迷ったらこれを選ぶのもアリです。


第二弾はここまで。第三弾にして完結編は当ブログの真骨頂、「演奏」編です。

2019年6月9日日曜日

舞台『BACKBEAT』ファンのためのビートルズ鑑賞ガイド その1「音源」編

舞台『BACKBEAT』を通じてビートルズに興味を持たれた方も多いようで、ビートルズファンの一人として嬉しく思います。そんな『BACKBEAT』ファンの皆様に向けて、僭越ながらビートルズ鑑賞ガイドを書かせていただきます。まずは第一弾、「音源」編です。

『BACKBEAT』のレポートやセットリストは別投稿をご覧ください。→こちら

オリジナルアルバム

ビートルズが世界を席巻したのはマネージャーのブライアン・エプスタインやプロデューサーのジョージ・マーティン(二者とも『BACKBEAT』に登場)といった大人達と出会って洗練されてからのことなので、まずはデビュー後のアルバムを聴いていただきたいところです。とはいえ『BACKBEAT』の頃は他人の曲をカバーするのが常でしたから、デビュー後のアルバムで『BACKBEAT』登場曲を網羅することはできません。その中でも初期の4作品+その時期のアルバム未収録作品を収めた編集盤はデビュー前から演奏していたカバー曲も収録されており、『BACKBEAT』の頃の雰囲気が感じられます。

各アルバムに収録されている『BACKBEAT』登場曲を列挙します。アルバム名からビートルズ公式サイトの説明ページにリンクしています。
  • Please Please Me』(1963年) 「Please Please Me」「P.S. I Love You」「Twist and Shout」
  • With The Beatles』(1963年) 「Please Mister Postman」「You Really Got a Hold on Me」「Money (That's What I Want)」
  • A Hard Day’s Night』(1964年) ※ジョンの才能が爆発したアルバムなので全曲書下ろし
  • Beatles For Sale』(1964年) 「Rock and Roll Music」
  • Past Masters』(1988年/2009年)「Long Tall Sally」「Bad Boy」「Slow Down」
どれもビートルズの本気の演奏が聴けます。
マニアックなことを言わせていただくと、当時のレコードはモノラル(スピーカー1つで聴く)が主流で、ビートルズもモノラルバージョンに注力して制作していました。ところが現代はステレオが主流であるため、今普通に入手できるビートルズのアルバムは当時片手間に制作されたステレオバージョンです。前述の4作品は是非モノラルバージョンを聴いていただきたいところですが、現状モノラルバージョンを聴くためにはCD13枚組『The Beatles In Mono(ザ・ビートルズ・モノ・ボックス)』を入手する必要があります。
デビューアルバムからの4作品はお勧めです

公式編集盤

『BACKBEAT』収録曲にこだわらず、デビューしたてのビートルズの魅力を気軽に体験したいようでしたら、公式ベストアルバムの『The Beatles / 1962-1966』(1973年 通称『赤盤』)が良いと思います。『BACKBEAT』登場曲は「Please Please Me」のみです。
ちなみに1967年~解散までの曲を収めた『The Beatles / 1967-1970』(1973年 通称『青盤』)もあります。
赤盤と青盤のセット商品もありました
もっと『BACKBEAT』を強く感じたい!ということでしたら、本来マニア向けにはなりますが『The Beatles Anthology 1』(1995年)がお勧めです。デビュー前の音源も多く、『BACKBEAT』登場曲は「That'll Be the Day」「My Bonnie」「Ain't She Sweet 」「The Sheik of Araby」「Please Please Me」「Money (That's What I Want)」「You Really Got a Hold On Me」「Twist and Shout」「Long Tall Sally」と実に9曲にも上ります。デビュー後の音源もライブが多くむき出しのビートルズが感じられます。ピート・ベストやスチュワート・サトクリフの演奏が聴けるのもポイントです。ただ、ビートルズ現役時代に発表されなかった音源ばかりなので、このアルバムだけでビートルズを判断することはお勧めできません。
Anthology 1のジャケット。ピートの顔の部分が破れて下からリンゴが見えている…
なおAnthologyは1から3まであり、ジャケットデザインはクラウス・フォアマン(アストリッドの元カレとして『BACKBEAT』にも登場)です。というより、ビートルズが1966年に発売した『Revolver』のジャケットデザインをしたことで当時から有名です。さらにはベーシストとしてビートルズ解散後のジョン・レノンのアルバムに参加しています。音楽活動を辞めたスチュワート・サトクリフからベースを買い取ったらしく、ベーシストになることを選んだのは彼への対抗意識でしょうか??
Antholgy 1~3はひとつながりの絵になるようデザインされている
『Revolver』(1966年)のジャケットもクラウスの作品
 さらに、ビートルズ初期の勢いがあるライブ演奏をもっと聴きたいということでしたら、1962年~1965年のBBCラジオ(イギリス)出演時のスタジオライブをまとめた『Live at the BBC』(1994年)『On Air-Live at the BBC Volume 2 』(2013年)というものもあります。前述の初期アルバムに収録されている『BACKBEAT』登場曲のほとんどがライブ音源で聴けます。『BACKBEAT』で始めに演奏された「Johnny B Goode」のビートルズ版が収録されているのは『Live at the BBC』だけです。
Live at the BBCの2作品をセットにした商品"THE COLLECTION"もあります

非公式音源

「まだだ、まだもっと『BACKBEAT』に近づきたいんだ!」という方にはビートルズ側からの公式発売ではありませんが、1962年1月1日にデッカ・レコードのスタジオで演奏した通称「デッカ・オーディション」(Decca auditon)の音源(一部は前述のAnthology 1に収録)、1962年12月のハンブルク「スタークラブ」(Star Club)でのライブを客席から録音した音源がAmazon等で入手できます。「ハンブルクのライブ音源」というとまさに『BACKBEAT』を彷彿とさせますが、この時ビートルズは「Love Me Do」でデビュー済みでドラムはリンゴ・スターに代わっています。「デッカ・オーディション」のドラムはピート・ベストです。

第一弾はここまで。第二弾は「映像・書籍」編の予定です。

2019年6月3日月曜日

レポート:『BACKBEAT』2019年5月31日 東京芸術劇場 プレイハウス

メジャーデビュー前のビートルズを描いた映画『BACKBEAT』の舞台版を見てきました。以下、ネタバレ満載です。

舞台版『BACKBEAT』は原作となる映画版の監督イアン・ソフトリー自身が手掛けた作品で、今回初めて日本語化されました。

『BACKBEAT(バックビート)』
https://www.backbeat-stage.jp/
戸塚祥太、加藤和樹らが“令和のビートルズ”に 舞台『BACKBEAT』開幕 初日公演を前に意気込み(exciteニュース)
戸塚祥太、辰巳雄大、加藤和樹ら“ビートルズ”仲が深まり和気あいあい!舞台「BACKBEAT」へ「ロックで駆け抜けたい」と意気込みも (Edge Line)
戸塚祥太×加藤和樹が“5人目のビートルズ”×ジョン・レノンの友情を描く、舞台『BACKBEAT』(exciteニュース)

<公演日程>
2019年5月25日(土)~6月9日(日) 東京都 東京芸術劇場 プレイハウス
2019年6月12日(水)~16日(日) 兵庫県 兵庫県立芸術文化センター 阪急中ホール
2019年6月19日(水) 愛知県 刈谷市総合文化センター 大ホール
2019年6月22日(土)・23日(日) 神奈川県 やまと芸術文化ホール メインホール

<キャスト>
スチュアート・サトクリフ:戸塚祥太(A.B.C-Z)
ジョン・レノン:加藤和樹
ジョージ・ハリスン:辰巳雄大(ふぉ~ゆ~)
ポール・マッカートニー:JUON(FUZZY CONTROL)
ピート・ベスト:上口耕平
アストリッド・キルヒヘル:夏子
ベルト・ケンプフェルト ほか:鍛治直人
トップテンクラブMC ほか:田村良太
クラウス・フォアマン / リンゴ・スター:西川大貴
レーパーバーンの店員 ほか:工藤広夢
ブライアン・エプスタイン ほか:鈴木壮麻
ブルーノ・コシュミダー ほか:尾藤イサオ

今作はミュージカルではありませんが、ステージ上での生演奏が売りです。となれば普段からビートルズの曲を好んで演奏している身としては黙っていられません。
・・・と意気込んで行ったものの、正直僕自身いわゆる「ハンブルク時代」のビートルズには疎く『BACKBEAT』映画版も見たことが無いので、 演奏に重点を置いたレポートになります。

満員感にあふれた会場は9割方女性客に見えました。第一幕の終わりに食い気味で拍手したり、カーテンコールの2回目はスタンディングオベーションするなど統率がとれていたのでリピーターが多いのかもしれません。
舞台は戸塚祥太さん(スチュアート・サトクリフ役)による鬼気迫るパントマイムから始まります。普段からダンスで身体表現を鍛えているジャニーズ事務所のタレントを起用するのは単に人気を重視しているわけでは無いと感じました。その後ビートルズのメンバーによるダンスシーンがあったので、さらにその思いを強くしました。
そして突然ビートルズ本人の「That'll be the Day」(当時はThe Quarry Men名義)の音源が流れて驚きました。以降ビートルズ本人の音源が流れることはありません。 その他劇の冒頭では「Come On Everybody」(エディ・コクラン)「Be-Bop-A-Lula」(ジーン・ヴィンセント)などがオリジナル音源で流れました。Be-Bop-A-Lulaは劇中でも何度かセリフとして登場します。
ストーリーやセリフは原作に忠実ということなのか、かなりマニアックな内容を含んでいます。おそらく出演者本人も由来を理解していないであろう、ストーリーの進行上不要に見える言い回しや所作も多いです(例:スチュが客席に背中を向けて演奏)。実在の固有名詞が何の説明も無く次から次へと登場します(例:ロリー・ストーム&ザ・ハリケーンズ リンゴ・スターが加入していたバンド)。僕もすべて気づけたか自信がありません。本作はあくまでもジョンとスチュの友情や葛藤に焦点を当てた内容ですが、ジョージの年齢詐称による強制送還、ブライアン・エプスタインとの出会い、ジョージ・マーティンの意向を受けたピートの解雇とリンゴの加入など、ビートルズ史における重要イベントはしっかり盛り込まれています。

以下、劇中で出演者により演奏/歌唱された曲を登場順に列挙します(セットリスト)。
 曲名の次にメインボーカルを記しました。
★:レノン=マッカートニーの曲
■:ビートルズが演奏した音源が存在しないと思われる曲

Johnny B. Goode (日本語バージョン) ジョン ※スチュのベースと歌のみ
Johnny B. Goode ジョン
Good Golly, Miss Molly■ ジョン
Blue Moon of Kentucky■ ポール ※ジョン&スチュ不在
The Sheik of Araby ジョージ ※ジョン&スチュ不在
How Much is That Doggie in the Window■ ピート ※ジョン&スチュ不在
Twenty Flight Rock ジョン
Long Tall Sally ポール
Hound Dog■ 尾藤イサオ ※カラオケ歌唱
You've Really Got a Hold on Me ジョン ※スチュ途中で抜ける
A Taste of Honey ポール ※ギター弾き語り
Rock and Roll Music ジョン
My Bonnie トニー・シェリダン ※スチュ不参加(ポールがベース)
Ain't She Sweet ジョン ※カラオケ歌唱
Twist And Shout ジョン ※ポールのギターと歌のみ ビートルズのアレンジ力を示す演出
Money ジョン ※スチュ&ジョン途中で抜ける
Slow Down ジョン ※事前録音
Bad Boy ジョン→ジョージ→ポール ※スチュ&ジョン途中で抜ける
Love Me Tender■ スチュ
Please Please Me★ ポール ※ポールのギターと歌のみ レノン=マッカートニーによる曲作りの演出
Please Mr. Postman ジョン ※ベース途中からポール→スチュに交代 以降の曲スチュは不参加
P.S. I Love You★ ポール
Love Me Tender■ ジョン ※独唱
Twist And Shout ジョン ※この曲のみドラムがリンゴ

使用/歌唱されている曲でプレイリストを作りました。→Spotify   →YouTube
それぞれ引用元は一部異なります。

舞台後方にバンドセットが設置してあり、必要に応じて前に引き出して演奏します。演奏の途中で静かになって他の場所でのシーンが盛り込まれるなどBGMとしての演出も多かったです。
ポール役のJUONさんは本作のために左利きに矯正して演奏しており、不慣れな感じはありましたが高レベルな歌や演奏の表現力でバンドを引っ張っていました。ジョン役の加藤和樹さんは「Ain't She Sweet」が最も雰囲気が出ていました。スチュ役の戸塚祥太さんは「ベースが下手」(ポールに追い出された)設定を壊すほどの安定感のある演奏でした。ピート役の上口耕平さんは歌とダンスが上手くてびっくりしました(ピート役として見ていたので)。ジョージ役の辰巳雄大さんはギター初心者にもかかわらずソロまで弾いていたのは素晴らしい集中力だと思いました。

観ていて気になった点としてはまず楽器や衣装の時代考証です。再現性より舞台映えを意識したのだと思います。また、ビートルズのメンバーのキャラクターが一律「ハイティーンのやんちゃ坊主」で、舞台表現ということでハイテンションで声を張り上げることも相まって描き分けができていないと感じました。終盤、ジョンやポールは内面描写が増えて個性が際立っていったので序盤のキャラごちゃ混ぜ感は意図的だったのかもしれません。


とはいえ全体的には想像以上に楽しめました。企画~キャスティング~稽古~本番とこの舞台をなんとか成功させようと真摯に取り組んでいる様子が伝わってくるようでした。唯一の主要女性出演者の夏子さんはアストリッドの気高いイメージを裏切りませんでした。尾藤イサオさんは当時の雰囲気を知るだけあって説得力ある歌と演技でした。他の出演者も一人何役もこなしながら歌や演奏にも参加しており、多彩でした。リンゴ役の西川大貴さんは右手のシンバルのたたき方がリンゴっぽかったです。

ビートルズファンをニヤリとさせるマニアックさを含みながらも、演奏ありダンスあり裸ありと飽きさせません。史実がそもそも劇的ですから終盤は涙を誘います。生演奏に興味があるビートルズファンにお勧めできる舞台です。逆にこの舞台をきっかけにビートルズ曲の生演奏に興味を持つ人が増えれば良いなと思います。

甲虫楽団からのお知らせ


令和初の6/29「ビートルズ記念日」(ビートルズが羽田空港に降り立った日に由来)
に甲虫楽団のワンマンライブを開催します。
-------------------------------------------------------------------
日時:6月29日(土) 13:00開場、13:30開演、16:00終演予定
場所:Live House Johnny Angel(ジョニーエンジェル)
   JR総武線 小岩駅 南口から徒歩30秒
http://johnnyangel.jp/

チャージ:一般1800円/学生1000円 ※後精算となります
※ドリンク別、別途ポップコーン代300円要
-------------------------------------------------------------------
ご予約はジョニーエンジェル様へ直接お問い合わせお願いいたします。

約4年ぶりの出演となる小岩ジョニーエンジェルでのワンマンライブです。
ホワイトアルバムに続き、現在イエローサブマリンとアビーロードの仕込みに入ってますので、それぞれの良いとこどりでお送りしようと思います。
そしてそして、「ビートルズ記念日」にちなんで久しぶりに日本武道館公演ナンバーからも数曲お送りする予定です。「BACKBEAT」で演奏された曲もあります!