2020年3月31日火曜日

志村けんさん死去 ビートルズとの関係

2020年3月29日に志村けんさんが亡くなりました。70歳でした。
2019年11月にフライデーされた志村さん
上記写真で志村さんが着ていたCOMME des GARCONSのTシャツ
志村さんは中学時代からビートルズにハマりバンド活動も始め高校2年生のときにビートルズ日本公演を見ています。高校の同級生が入手したチケットを「お前が行くより俺が行かないとダメだ!」と説得して譲り受けたそうです。当日武道館にカメラやレコーダーを持ち込んで撮影や録音もしたといいます。


一方、志村さんと言えばドリフターズ、ドリフターズと言えばビートルズ日本公演の前座出演が思い浮かびます。そこから「志村けんはビートルズ日本公演でドリフターズを見て弟子入りを決意した」という都市伝説が生まれましたが、後年本人はそれを否定しています。ドリフターズが出演していない日の公演を見に行ったのが事実のようです(行ったのは7月2日との説あり)。この都市伝説は本人発だったのかもしれません。面白がってそのように話していたことがあったそうです。なお、ビートルズ日本公演のエピソードとしてポールのマイクがグラグラする件を語ることが多いですが、それは志村さんが見ていない初日公演限定なので、その様子をテレビ放送などで目にしたことが印象に残っていると思います。

とはいえドリフターズに近づいた(いかりや長介さんに弟子入りした)のはドリフターズが音楽的バックグラウンドのあるお笑いグループだったからそうです。加入当初は従来のスタイルの演奏コントにも参加しています。音楽的側面からするとそれまでのドリフターズはジャズ、ロカビリー、ハワイアンといった1950年代以前のセンスが大半を占めていたところに志村けんさんがソウルやファンクといった要素を注入して躍動感が増したと考えることもできそうです。



その後「8時だョ!全員集合」でさまざまなギャグやキャラを生み出してブレイクすることになりますが、「東村山音頭」「ヒゲダンス」を挙げるまでもなくどれもリズミカルでキャッチーであり、音楽的センスが影響していることは想像に難くありません。
その後はお笑い一筋であまり音楽を前面に押し出す活動はありませんでしたが、ブラック・ミュージックのレビューを音楽雑誌に寄稿したりビートルズの楽曲の一部を自身の番組の挿入歌に使うなど、音楽との付き合いは続いていました。晩年は三味線を人前で披露することが増えました。


ビートルズに対する愛情は衰えることはなく、「行き詰ってくると『ホワイト・アルバム』なんかが聴きたくなる」(1995年)、「一番好きなのは結局ビートルズ」(2001年)と雑誌のインタビューで語っています。六本木にあったビートルズ専門ライブハウス「キャバン・クラブ」にも通っていました(我々甲虫楽団の演奏を見て欲しかった・・・)。志村さんのビートルズに関するインタビューや選曲を見るとジョン・レノン派だったようです。
コントの衣装やセリフにビートルズが登場することもありました(マッシュルームカットで襟無しスーツを着てガニマタでギターを弾く。「Our WorldでビートルズがAll You Need Is Loveを歌った時高校3年生だった」等)
自身のブログにも時折ビートルズが登場しており、2006年にはアルバム『LOVE』について、2011年には映画『ノーウェアボーイ』について語っています。2013年11月19日のポール・マッカートニー東京ドーム公演を見たそうです。おそらくウイングス日本公演に行くつもりが見られなかったのでしょう、1966年のビートルズ日本公演以来だったそうです。
ポール マッカートニー(志村けんオフィシャルブログ)

志村けんさん たくさんの笑いをありがとうございました。

2020年3月14日土曜日

ビートルズの新作映画『THE BEATLES: GET BACK』2020年9月4日北米公開

1969年1月のビートルズの様子を捉えたドキュメンタリー映画『THE BEATLES: GET BACK』が2020年9月4日北米で公開されることが発表されました。日本等他の地域での公開日は明らかになっていません。
リンダ・マッカートニーが撮影した写真
 THE WALT DISNEY STUDIOS TO RELEASE ACCLAIMED FILMMAKER PETER JACKSON’S DOCUMENTARY "THE BEATLES: GET BACK" IN THEATERS NATIONWIDE SEPTEMBER 4, 2020(The Beatles公式サイト)
ピーター・ジャクソン監督のドキュメンタリー映画 『The Beatles: Get Back』 2020年9月4日に全米で公開へ:ウォルト・ディズニー・スタジオが発表(ザ・ビートルズ日本公式サイト)

映画の制作は1年前に明らかになっていましたが、今回題名と公開日が発表されました。『Get Back』という名前になるだろうことは予想されていましたが、ポール・マッカートニーも同名の映像作品を出しているのでややこしいと思っていました。それもあって『THE BEATLES: GET BACK』とビートルズであることを明記したのかもしれません。
そこはかとなく陰惨なアルバム/映画である『Let It Be』は闇に葬り去られ今後は本作で描かれるであろうほほえましい世界が正史と位置付けられることになるのでしょうか。本来の50周年である5月には何も公式イベントは無いかもしれません。音源集も『Let It Be』50周年記念盤ではなく、本作のサウンドトラック盤の位置づけで発売される可能性が高いです。とはいえ本作のおかげで長らく正式には入手不可能になっていた旧作の映画『Let It Be』もレストア版が公開されるのは朗報です。両作品の視点の違いを比べるのも面白そうです。
日本の公開日は明らかになっていません。2016年の映画『ザ・ビートルズ~EIGHT DAYS A WEEK』 の際はワールドプレミアの生中継を日本の映画館で観るというイベントがありました(当時の記事は→こちら)。今回も開催されることを期待します。

甲虫楽団からのお知らせ

ビートルズのアルバム『Let It Be』がイギリスで1970年5月8日、日本で6月5日に発売されてから50周年を迎えます。
ビートルズ日本公演50周年をきっかけに始まった甲虫楽団による50周年記念ライブは『Revolver』以降アルバム全曲通しライブを敢行し、遂に今年ゴールを迎えます(『Rubber Soul』は50周年外で全曲通し演奏済)。
1stステージで『Abbey Road』、2ndステージで『Let It Be』と、アルバム2枚を通し演奏いたしますのでぜひお越しいただけますようお願いいたします!

★★★やっちゃえ甲虫~遂にゴール!『Let It Be』リリース50周年記念全曲通しライブ。ついでに『Abbey Road』はおまけかメインか★★★
日時:2020年9月21日(月祝)18:15開場 19:00開演 21:30終演予定
内容:1stステージ『Abbey Road』全曲
   2ndステージ『Let It Be』全曲
   ※終演後22:30の閉場までご飲食・ご歓談いただけます
場所:江古田「Buddy(バディ)」
   西武池袋線江古田駅南口すぐ
https://www.buddy-tokyo.com/
料金:3000円(1ドリンク込み)
学生/未成年 1,000円(ドリンク含まず。受付時に学生証を提示してください)
※予約不要・全席自由です。来場順にお好きな席にご着席いただけます。
※前売券の販売はありません。
※サポータープログラム「甲虫拡団」(くわしくは→こちら)登録者様は本来の開場時間より前にご入場いただけます。


2020年3月6日金曜日

シングル「Let It Be」発売50周年記念ベースタブ譜

2020年3月6日はビートルズ22枚目のシングル「Let It Be」イギリス発売50周年です。同曲風ベースTAB譜を共有します。
http://www.kouchu.info/Bass37.pdf
ビートルズ現役時代の最後のシングル曲です。日本ではビートルズの曲の中で最も人気があるかもしれません。とはいえこの曲にはジョン・レノンの歌と演奏が含まれておらず、ポール・マッカートニーのソロ作品という意味合いが強いので、この曲をビートルズの代表曲とされてしまうのには複雑なものがあります。
シングル発売にあたってジョンの演奏を差し替える形で録音されたポールのベースの演奏はピアノ(これもポールの演奏)に寄り添うように控えめで、音量も小さくよく聴き取れません。
発売の1年以上前の1969年1月に録音がほぼ完了していたという事実がこの曲の普遍性を表していると思いますが、一方1年経っても古臭く感じなかったということはビートルズの革新性や世の中のスピードが1969年以降急激に衰えたということも言えそうです。
その意味では解散は潮時だったのかもしれません。この曲が発売されて1か月後にポールは大衆紙『デイリー・ミラー』でビートルズからの脱退を表明することになります。

甲虫楽団からのお知らせ

ビートルズのアルバム『Let It Be』がイギリスで1970年5月8日、日本で6月5日に発売されてから50周年を迎えます。
ビートルズ日本公演50周年をきっかけに始まった甲虫楽団による50周年記念ライブは『Revolver』以降アルバム全曲通しライブを敢行し、遂に今年ゴールを迎えます(『Rubber Soul』は50周年外で全曲通し演奏済)。
1stステージで『Abbey Road』、2ndステージで『Let It Be』と、アルバム2枚を通し演奏いたしますのでぜひお越しいただけますようお願いいたします!

★★★やっちゃえ甲虫~遂にゴール!『Let It Be』リリース50周年記念全曲通しライブ。ついでに『Abbey Road』はおまけかメインか★★★
日時:2020年9月21日(月祝)18:15開場 19:00開演 21:30終演予定
内容:1stステージ『Abbey Road』全曲
   2ndステージ『Let It Be』全曲
   ※終演後22:30の閉場までご飲食・ご歓談いただけます
場所:江古田「Buddy(バディ)」
   西武池袋線江古田駅南口すぐ
https://www.buddy-tokyo.com/
料金:3000円(1ドリンク込み)
学生/未成年 1,000円(ドリンク含まず。受付時に学生証を提示してください)
※予約不要・全席自由です。来場順にお好きな席にご着席いただけます。
※前売券の販売はありません。
※サポータープログラム「甲虫拡団」(くわしくは→こちら)登録者様は本来の開場時間より前にご入場いただけます。