ポール・マッカートニーとリンゴ・スター それぞれ2022年春に北米ツアー開催 共演の可能性は?

※ポール・マッカトニー2022年北米ツアー初日のセットリストや映像は→こちら

パンデミックの影響でツアー活動を止めていたポール・マッカートニーとリンゴ・スターがそれぞれ2022年春に北米ツアーを開催することを相次いで発表しました。2019年以来のツアーです。

その名も「GOT BACK」ツアー
Paul Announces North American 'Got Back' Tour

RINGO STARR AND HIS ALL STARR BAND TO KICK OFF RETURN TO TOURING MAY 27, 2022 AT CASINO RAMA IN RAMA ONTARI

欧米ではパンデミックは春までに終わるという共通認識があるのでしょうか。リンゴは2月6日、ポールは 2月18日に春のツアーの開催を発表しました。ポールのツアー名は映画『ザ・ビートルズ:Get Back』とツアー復帰をかけて「GOT BACK」です。

 

春のツアー日程と公演地(2月25日時点)

ポール 4月28日~6月16日 16公演 ※2/25、3/11に追加公演発表
リンゴ 5月27日~6月26日 22公演

※4月11日にリンゴは秋のツアーも発表9月23日~10月20日 基本的に北米だが最後はメキシコ

ポールは西海岸から始まって南回りに東海岸へスタジアム級を転々と、リンゴはカナダから始まって東海岸を南へ細かく公演を重ねていきます。公演地を地図にプロットしました↓

 ツアーメンバー

ポールは不動のツアーバンドが同行すると思われます。前ツアーのように金管楽器隊を加えることは無いと予測します(前ツアーでそうしたのはマンネリ化のテコ入れだったので)。ツアーバンドは今年結成20周年を迎えました。ギタリストのブライアン・レイが祝福ツイートしています。

 リンゴは2019年来日メンバーから グレッグ・ローリー→エドガー・ウィンター と替わっています。逆の交代が2012年にあったので元に戻ったことになります。エドガー・ウィンターは当時サックスも担当していたので、これまで共存したことが無いウォーレン・ハムとのツインサックスもありそうです。なお、2公演のみ"With The Avett Brothers"と掲載されています。ジ・アヴェット・ブラザーズは前座として出るのでしょうか。

セットリスト

慣例からしてポールの1曲目はこれまでソロツアーで演奏したことが無いビートルズナンバーと思われます。最新アルバム『McCartney III』収録曲を演奏する可能性はあります。

※こたえあわせ(ポール初日公演のセットリストや映像)は→こちら

リンゴは定番曲は変わらないでしょうが、昨年出した2枚のEPからの曲は演奏すると思います。映画『ザ・ビートルズ:Get Back』にも登場した「Octopus's Garden」は??また、メンバーが グレッグ・ローリー→エドガー・ウィンターに替わことに伴い彼の担当曲に入れ替わります。前回参加時の様子↓


ポールとリンゴの共演はある?

二人のツアー日程を見るとアメリカ北東部でのニアミスが多いことに気づきます。どちらかの公演への飛び入り参加があるでしょうか?スケジュールや所在地の関係で可能性がありそうな公演は以下と思います。※この後追加公演発表があると可能性が変化します

6/10 リンゴの公演 Count Basie Theater

6/11 リンゴの公演 State Theater ※ポールは翌日が公演日

6/14 リンゴの公演 Modell Lyric ※ポールは2日前に同市内で公演

6/15 リンゴの公演 Modell Lyric ※ポールは翌日が公演日

6/16 ポールの公演 Met Life Stadium  ※ポールのツアー最終日(今のところ)

6/14と、とくに6/16がかなり怪しいです。

ポールとリンゴの直近の共演については過去の記事をご覧ください。

ポール・マッカートニー2018年最終公演にリンゴ・スターとロン・ウッド ゲスト出演 

ポール・マッカートニーのロサンゼルス公演にリンゴ・スター サプライズ出演 ジョー・ウォルシュも

いずれもポールのツアーの区切りにリンゴがサプライズ出演しています。そのため、今回もポールのツアー最終日の6/16に注目です。

ポールとリンゴをハシゴする!

せっかく同時期に北米をツアーするのでどうせなら両方見たいという方もいるでしょう。日程と場所の関係からおすすめの組み合わせは以下です。※この後追加公演発表があると組み合わせの可能性が増えます

5/30 リンゴ Canandaigua, NY
6/4 ポール Syracuse,NY
直線距離約90km 中4日

6/2 リンゴ Boston, MA
6/7,8 ポール Boston, MA
直線距離約3km 中4日

6/3 リンゴ Worcester, MA
6/7,8 ポール Boston, MA
直線距離約60km 中3日

6/12 ポール Baltimore,MD
6/14,15 リンゴ Baltimore, MD
直線距離約2.5km 中1日

もっとも効率的で二人が共演する可能性もあるのは最後のボルチモア滞在プランです。それに6/16ポールを追加すれば両者2公演ずつ見られて共演に当たる可能性も高まり最強です。あるいは6/8リンゴと6/16ポールをニューヨークで見る(両会場間は約9km)優雅なニューヨーク滞在プランも良いかもしれません。

参考:ポールとリンゴが同日に公演する日

5/28
リンゴ Rama, Canada Casino Rama Resort
ポール Orlando,FL - Camping World Stadium

6/4
リンゴ Gilford, NH, USA Bank of New Hampshire Pavilion
ポール Syracuse,NY - Carrier Dome

6/7,8
リンゴ New York, NY, USA Beacon Theatre
ポール Boston,MA - Fenway Park  

6/12
リンゴ Providence, RI, USA Providence PAC
ポール Baltimore,MD - Oriole Park

日本公演はどうなる?

二人が再始動したということは当然日本に来るのか気になります。前回の来日は2018年ポール2019年リンゴなので実はまだそれほど間は空いていないのですが、2022年来日となればコロナ禍でうっぷんが溜まっている日本国民なら消費意欲が爆発して大盛況になること間違いなしです。さらなる値上げが予想されますが物ともしないでしょう。おそらくポールのS席は2万円超えると思います…。

コメントを投稿

0 コメント